Top > Search of Japanese Patents > OXIDE NANOSHEET PHOSPHOR AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

OXIDE NANOSHEET PHOSPHOR AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P120006553
File No. 06071AA
Posted date Jan 30, 2012
Application number P2007-075048
Publication number P2008-231313A
Patent number P5156947
Date of filing Mar 22, 2007
Date of publication of application Oct 2, 2008
Date of registration Dec 21, 2012
Inventor
  • (In Japanese)伊田 進太郎
  • (In Japanese)松本 泰道
Applicant
  • Kumamoto University
Title OXIDE NANOSHEET PHOSPHOR AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an oxide nanosheet which can emit blue light, and to provide a method for producing the same.
SOLUTION: The oxide nanosheet is a two-dimensional microcrystal containing strontium, tantalum, and bismuth. The oxide nanosheet can be obtained, for example, by subjecting a bismuth layered oxide containing strontium, tantalum, and bismuth to acid-treatment to cause a bismuth oxide layer to be selectively substituted with protons and allowing an organic amine or the like to react with the layer to cause delamination thereof.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

オプトエレクトロニクスおよびフラットパネルディスプレイ等の技術の進歩に伴って、これらに用いられる、より優れた特性を有する光機能材料の要求が高まっている。このような光機能材料として、半導体ナノ粒子蛍光体が注目されている。この半導体ナノ粒子は、量子サイズ効果により、同じ材料で出来ていても粒径が小さくなるほどバンドギャップが短波長側にシフトし、同時に短波長側の発光を示すようになる。

代表的な半導体ナノ粒子蛍光体として、テルル化カドミウムが知られており、最近の改良により高い発光効率が得られるようになった(非特許文献1)。しかしながら、発光色は緑色から赤色までであり、波長500nm以下の青色の発光は困難であった。また、カドミウムは人体に有害であるためカドミウムフリーの半導体ナノ粒子蛍光体の開発が期待されている。

酸化物ナノシートを用いた蛍光体として、ゲスト種とホスト層とから構成される層状酸化物を1層のホスト層まで剥離して得られる酸化物ナノシートに希土類イオンを複合した蛍光体が報告されている(特許文献1及び2)。また、例えば、酸化チタンナノシートと3価のユーロピウムとの複合体から、赤色発光が得られたことが報告されている(非特許文献2)。しかしながら、このような複合体においても、青色発光を示す蛍光体は得られていない。
【特許文献1】
特開2006-96897(P2006-96897A)
【特許文献2】
特開2006-291119(P2006-291119A)
【非特許文献1】
李、村瀬、ケミストリーレターズ、34巻、92ページ(2005)
【非特許文献2】
松本ら、ジャーナル オブ フィジカルケミストリーB、109巻、12748ページ(2005)

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、酸化物ナノシート蛍光体及びその製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ダブルペロブスカイト型のタンタル酸ストロンチウムビスマスを酸処理し、層間の酸化ビスマス層をプロトンと置換した後、層間に塩基性化合物を作用させて、層間を剥離することにより得られることを特徴とする酸化物ナノシート蛍光体。

【請求項2】
 
ビスマス/タンタルの組成比が0.05~0.15の範囲であり、かつストロンチウム/タンタルの組成比が0.30~0.45の範囲であることを特徴とする請求項1に記載の酸化物ナノシート蛍光体。

【請求項3】
 
波長400~550nmの範囲に発光ピークを有することを特徴とする請求項1または2に記載の酸化物ナノシート蛍光体。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか1項に記載の酸化物ナノシート蛍光体を製造する方法であって、
ダブルペロブスカイト型のタンタル酸ストロンチウムビスマスを酸処理することによって、酸化ビスマス層を選択的にプロトンと置換する工程と、
プロトンに置換した層状酸化物に、塩基性化合物を作用させて、該層状酸化物の層間を剥離する工程とを備えることを特徴とする酸化物ナノシート蛍光体の製造方法。

【請求項5】
 
前記塩基性化合物が、エチルアミンであることを特徴とする請求項4に記載の酸化物ナノシート蛍光体の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007075048thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close