Top > Search of Japanese Patents > SOLID POLYMER ELECTROLYTE, SOLID POLYMER ELECTROLYTE MEMBRANE, METHOD OF MANUFACTURING SOLID POLYMER ELECTROLYTE MEMBRANE, AND ALIPHATIC POLYCARBONATE

SOLID POLYMER ELECTROLYTE, SOLID POLYMER ELECTROLYTE MEMBRANE, METHOD OF MANUFACTURING SOLID POLYMER ELECTROLYTE MEMBRANE, AND ALIPHATIC POLYCARBONATE meetings

Patent code P120006606
File No. S2009-0777
Posted date Feb 6, 2012
Application number P2010-072749
Publication number P2010-287563A
Patent number P5610468
Date of filing Mar 26, 2010
Date of publication of application Dec 24, 2010
Date of registration Sep 12, 2014
Priority data
  • P2009-114398 (May 11, 2009) JP
Inventor
  • (In Japanese)富永 洋一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京農工大学
Title SOLID POLYMER ELECTROLYTE, SOLID POLYMER ELECTROLYTE MEMBRANE, METHOD OF MANUFACTURING SOLID POLYMER ELECTROLYTE MEMBRANE, AND ALIPHATIC POLYCARBONATE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a solid polymer electrolyte and the like with little environmental load and allowing little deterioration of ionic conductivity.
SOLUTION: The solid polymer electrolyte contains: an aliphatic polycarbonate being a copolymer of glycidyl ether compound and carbon dioxide and having a side chain configured by coupling substituents via an ether linkage; and an electrolyte salt. A solid polymer electrolyte membrane is characterized by having the ionic conductivity of at least 1×10-5 S/cm at 30°C.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

固体高分子電解質(SPE)は、固体高分子中に塩を溶解し、解離イオンを輸送できることから、新しい電解質材料として注目されている。例えば、非特許文献1には、ポリエチレンオキシド(PEO)-金属塩複合体のイオニクス材料が記載されている。

また、特許文献1には、PEO等のポリエーテル結合を有する高分子に1種又は2種以上のアルカリ金属塩を配合したイオン伝導性高分子組成物が記載されている。特許文献2と特許文献3には、ポリアルキレンカーボネートユニットを主鎖に有する有機高分子のユニットを有する有機高分子、金属塩並びにこれら有機高分子及び金属塩と相溶性の有機溶媒を含有してなる高分子固体電解質が記載されている。特許文献4には、例えば、エポキシ化合物と二酸化炭素の重合体とスルホン酸化合物からなるプロトン伝導性高分子固体電解質が記載されている。さらに、特許文献5には、希土類金属化合物及び還元性化合物の存在下、プロピレンオキシドを除く置換エポキシドと二酸化炭素を共重合するポリカーボネートの製法が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、固体高分子電解質、固体高分子電解質フィルム、固体高分子電解質フィルムの製造方法及び脂肪族ポリカーボネートに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
エーテル結合を介して置換基が結合した構造を有する側鎖を備えた脂肪族ポリカーボネートと、
電解質塩化合物と、
を含有し、
前記脂肪族ポリカーボネートは、グリシジルエーテル化合物と二酸化炭素との交互共重合体であって、下記式(2)で表される構成単位を有することを特徴とする固体高分子電解質。
【化1】
 
(省略)
(式(2)のRが、エチル基、イソプロピル基及びメトキシエチル基の中から選ばれるいずれかを表す。)

【請求項2】
 
下記式(2)で表される構成単位からなる脂肪族ポリカーボネートと、
電解質塩化合物と、
を含むことを特徴とする固体高分子電解質フィルム。
【化2】
 
(省略)
(式(2)のRが、エチル基、イソプロピル基及びメトキシエチル基の中から選ばれるいずれかを表す。)

【請求項3】
 
30℃におけるイオン伝導度が1×10-5S/cm以上であることを特徴とする請求項2に記載の固体高分子電解質フィルム。

【請求項4】
 
記式(2)で表される構成単位からなる脂肪族ポリカーボネートと電解質塩化合物とを共通の溶媒に溶解して高分子電解質溶液を調製し、
前記高分子電解質溶液を基板上に拡げて高分子電解質溶液膜を調製し、
前記高分子電解質溶液膜中の前記溶媒を除去する
ことを特徴とする固体高分子電解質フィルムの製造方法。
【化3】
 
(省略)
(式(2)のRが、エチル基、イソプロピル基及びメトキシエチル基の中から選ばれるいずれかを表す。)
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close