Top > Search of Japanese Patents > HYDROPHILIC POROUS MEMBRANE, METHOD OF PRODUCING THE HYDROPHILIC POROUS MEMBRANE, MEDICAL ANTI-ADHESION MEMBRANE, AND SUBSTRATE FOR CELL PROLIFERATION

HYDROPHILIC POROUS MEMBRANE, METHOD OF PRODUCING THE HYDROPHILIC POROUS MEMBRANE, MEDICAL ANTI-ADHESION MEMBRANE, AND SUBSTRATE FOR CELL PROLIFERATION meetings

Patent code P120006656
File No. SHINGI20120306
Posted date Feb 21, 2012
Application number P2011-198550
Publication number P2013-060499A
Patent number P5835769
Date of filing Sep 12, 2011
Date of publication of application Apr 4, 2013
Date of registration Nov 13, 2015
Inventor
  • (In Japanese)寺境 光俊
  • (In Japanese)松本 和也
  • (In Japanese)竹山 佑樹
  • (In Japanese)石橋 和幸
  • (In Japanese)山本 文雄
  • (In Japanese)久保田 広志
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人秋田大学
Title HYDROPHILIC POROUS MEMBRANE, METHOD OF PRODUCING THE HYDROPHILIC POROUS MEMBRANE, MEDICAL ANTI-ADHESION MEMBRANE, AND SUBSTRATE FOR CELL PROLIFERATION meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a hydrophilic porous membrane having biodegradability and having excellent adhesiveness to a wet surface.
SOLUTION: The hydrophilic porous membrane contains a multi-block copolymer of a polylactic acid and polycaprolactone and has voids formed by an alkaline hydrolysis treatment. Alternatively, the hydrophilic porous membrane contains the multi-block copolymer of the polylactic acid and the polycaprolactone and has voids that communicate with a membrane back surface from a membrane front surface.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ポリ乳酸等に代表される生分解性高分子は、止血用材料、接着・癒着防止用材料、再生工学用材料等の医療分野への応用が期待されている。

しかしながら、ポリ乳酸自体は硬い材料であり、そのままでは医療分野への応用が制限される。医療分野に広く応用可能な材料とするためには、例えば、ポリ乳酸をその他の高分子との共重合体とするとよい。具体的には、ポリ乳酸とポリグリコール酸との共重合体が、抜糸不要な手術用の糸として実用化されている。或いは、特許文献1に開示されているように、ポリ乳酸とポリカプロラクトンとのマルチブロック共重合体は、優れた機械的性質等を有し、医療用マトリックス及び傷被覆材等の医療用素材として好適な素材である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、医療分野等において好適に利用可能な親水性多孔質膜に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ポリ乳酸とポリカプロラクトンとのマルチブロック共重合体を得る工程と、
得られた前記マルチブロック共重合体を膜状に成形する工程と、
成形した前記膜に対してpH12以上のアルカリでアルカリ加水分解処理することにより該膜に空隙を生じさせる工程と、
を備え
前記アルカリ加水分解処理が、前記膜の表面から裏面にかけて前記空隙が連通するまでの間行われる、
親水性多孔質膜の製造方法。

【請求項2】
 
前記膜の厚みが5μm以上100μm以下である、請求項1に記載の親水性多孔質膜の製造方法。

【請求項3】
 
前記マルチブロック共重合体を得る工程において、前記ポリ乳酸と前記ポリカプロラクトンとのジブロック共重合体を合成し、該ジブロック共重合体を後重合に供することにより、前記マルチブロック共重合体を得る、請求項1又は2に記載の親水性多孔質膜の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011198550thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close