Top > Search of Japanese Patents > COMPOSITION FOR SKIN-WHITENING AND ANTI-CANCER AGENT HAVING MELANIN INHIBITION AND MITF INHIBITORY ACTION

COMPOSITION FOR SKIN-WHITENING AND ANTI-CANCER AGENT HAVING MELANIN INHIBITION AND MITF INHIBITORY ACTION meetings

Patent code P120006658
File No. SHINGI20120306
Posted date Feb 21, 2012
Application number P2012-025967
Publication number P2013-163645A
Patent number P5942185
Date of filing Feb 9, 2012
Date of publication of application Aug 22, 2013
Date of registration Jun 3, 2016
Inventor
  • (In Japanese)池本 敦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人秋田大学
Title COMPOSITION FOR SKIN-WHITENING AND ANTI-CANCER AGENT HAVING MELANIN INHIBITION AND MITF INHIBITORY ACTION meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a physiologically active composition containing a component originated from an edible plant, showing an inhibitory action for a microphthalmia-associated transcription factor, and more excellent in a melanin generation inhibitory action than a conventional one, a method for producing the same, an inhibitor for the microphthalmia-associated transcription factor and a melanin production inhibitor.
SOLUTION: A physiologically active composition including an inhibitory component for a microphthalmia-associated transcription factor originated from Yobusumasou, Parasenecio hastatus (L.) subsp. orientalis and/or Inudouna, Parasenecio hastatus (L.) subsp. tanakae is produced by extracting the Yobusumasou, Parasenecio hastatus (L.) subsp. orientalis and/or the Inudouna, Parasenecio hastatus (L.) subsp. tanakae with alcohol. An inhibitor for a microphthalmia-associated transcription factor and a melanin production inhibitor include the physiologically active composition.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、健康・美容への関心が高まっており、例えば、肌の美白に関する研究が数多くなされている。肌の黒ずみの原因はメラニンの生成によるものであるが、通常、皮膚におけるメラニンの生成メカニズムは下記の通り説明される。すなわち、図1に示されるように、紫外線や体内のメラニン産生刺激ホルモンによって刺激を受けると、メラニン産生酵素であるチロシナーゼが活性化され、皮膚のメラノサイトの中にあるチロシンを基質として酵素反応によってドーパクロムやインドール-5,6-キノンに変換し、酸化重合反応で次第に黒くなり、メラニン色素が作り出される。



メラニン生成抑制剤として、上記のうちチロシナーゼの活性を阻害するものがある。例えば、ハイドロキノンにグルコースがひとつ結合した配糖体である「アルブチン」は、メラニン色素を生成するメラノサイト(色素生成細胞)の中にあるチロシナーゼの活性を阻害する作用を持っており、これによりメラニンの生成を抑制する。また、ヒト皮膚に紫外線を照射して誘導される色素沈着に対する抑制効果が二重盲検法により調べられ、アルブチン配合乳液の塗布が有効であることが示されている。このように、チロシナーゼの活性を阻害する成分は数多く見つかっているが、いくら阻害作用を有していようとも、ヒトに有害となる物質である場合は適用することができない。このような観点から、ヒトへの安全性の高い食用植物等にメラニン生成抑制成分を見出し、これを抽出して化粧品に用いる技術が数多くなされている(例えば、特許文献1~5や非特許文献1等)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ヨブスマソウ及び/又はイヌドウナのアルコール抽出成分を含み、生体において効果的にメラニン色素の生成を抑制可能な生理活性組成物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ヨブスマソウ及び/又はイヌドウナをアルコール抽出して、前記ヨブスマソウ及び/又はイヌドウナ由来の小眼球症関連転写因子抑制成分を得る工程を備える、小眼球症関連転写因子抑制剤の製造方法。

【請求項2】
 
ヨブスマソウ及び/又はイヌドウナをアルコール抽出して、前記ヨブスマソウ及び/又はイヌドウナ由来の小眼球症関連転写因子抑制成分を得る工程を備える、メラニン生成抑制剤の製造方法。

【請求項3】
 
ヨブスマソウ及び/又はイヌドウナをアルコール抽出して、前記ヨブスマソウ及び/又はイヌドウナ由来の小眼球症関連転写因子抑制成分を得る工程を備える、美白用化粧品組成物の製造方法。

【請求項4】
 
前記アルコール抽出におけるアルコール濃度が25%以上80%以下である、請求項1~3のいずれか1項に記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012025967thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close