Top > Search of Japanese Patents > BASIDIOMYCETOUS YEAST FROM THE SOUTH POLE HAVING MILK FAT DECOMPOSITION ABILITY AND USE OF THE SAME

BASIDIOMYCETOUS YEAST FROM THE SOUTH POLE HAVING MILK FAT DECOMPOSITION ABILITY AND USE OF THE SAME meetings

Patent code P120006667
File No. SHINGI20120224
Posted date Feb 22, 2012
Application number P2011-167225
Publication number P2013-027374A
Patent number P5867954
Date of filing Jul 29, 2011
Date of publication of application Feb 7, 2013
Date of registration Jan 15, 2016
Inventor
  • (In Japanese)星野 保
  • (In Japanese)横田 祐司
  • (In Japanese)辻 雅晴
  • (In Japanese)湯本 勳
  • (In Japanese)工藤 栄
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人産業技術総合研究所
  • (In Japanese)大学共同利用機関法人情報・システム研究機構
Title BASIDIOMYCETOUS YEAST FROM THE SOUTH POLE HAVING MILK FAT DECOMPOSITION ABILITY AND USE OF THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problem in which methods that can efficiently process a parlor wastewater of a low-temperature environment in which a present microorganism treatment is difficult is hoped, and a lipase for improving them with a high stability to various components in the wastewater, and the microorganism that produces this and proliferates are required.
SOLUTION: The low water temperature wastewater treatment uses a strain belonging to Mrakia blollopis of the basidiomycetous yeast genus from the South Pole or Mrakia frigida that has an excellent growth ability in a low-temperature region, and the lipase produced by performing the low temperature culture to the strain.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

現在、農畜産物生産現場で生じる産業排水は、浸透・希釈・放流などの不十分な処理しかしておらず、地下水や河川などの汚染源となっている。特に、酪農業から生じるパーラー排水(搾乳牛舎排水)は、搾乳ライン洗浄水・廃棄乳・洗剤・糞尿・殺菌剤等が主成分であり、周辺環境に与える影響は多大であり、北海道では鮭・鱒の遡上にも悪影響を及ぼすなど深刻な環境や漁業問題となっている。

北海道では平成19年において約8,310戸の酪農家があり、34,400トン/日のパーラー排水が排出されている(農林水産省「畜産統計調査」)。パーラー排水の処理法として今までに開発されたものは微生物利用法と膜分離法あるいはオゾン酸化分解法などがある。しかし、膜分離法は膜の洗浄や交換のためのランニングコストが高い。また、オゾン酸化分解法はオゾン発生装置を必要とするためイニシャルコストおよびランニングコストが高いなどの欠点がある。その他、植物を利用した浄化方法も開発されているが、広大な敷地が必要であり、かつ処理に時間がかかるため実用性には乏しい。従って、処理システムを安価にできる微生物処理法が最も有力と言える。パーラー排水のBOD(生物化学的酸素要求量)は通常2,000~4,000 mg/lと高濃度であり、しかも、乳脂肪分などの難分解性物質も多く含まれており、活性汚泥法などの生物学的処理法を適用するとしても決して容易ではなく、また、北海道のような寒冷地において冬期間の水温低下による微生物処理の効率の低下がさらに問題となっている。

このような低温環境での排水処理として極地微生物の利用が検討されており、廃水中の全リン,リン酸,硝酸態窒素,全炭素の減少が報告されている。しかし、低温によって固化し、微生物分解を受けにくくなる脂肪の処理に関する研究は、ほとんど無い。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、南極産担子菌酵母およびこの微生物が生産するリパーゼによる乳脂肪含有排水処理法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ムラキア・ブロロピスに属する微生物であって、下記の理化学的性質を有するリパーゼを生産する能力を有するムラキア・ブロロピスSK-4株(FERM P-22126)。
(1)作用:炭素鎖長4から18の飽和脂肪酸を含む脂質を加水分解し、脂肪酸を生成する
(2)至適温度:60~65℃
(3)熱安定性:50mM Tris-HCl緩衝液(pH8.5)中で30分間保温した場合、65℃まで安定
である
(4)至適pH:7.5~9
(5)安定pH範囲:4~10、及び
(6)分子量:約60,000(ドテシル硫酸ナトリウム-ポリアクリルアミド電気泳動法で測
定)

【請求項2】
 
請求項1に記載の微生物を用いた脂肪含有排水の処理方法。

【請求項3】
 
0℃~15℃で活性汚泥処理を行う請求項2記載の脂肪含有排水の処理方法。

【請求項4】
 
脂肪含有排水がパーラー排水である請求項2又は3記載の処理方法。

【請求項5】
 
請求項1に記載のムラキア属に属する微生物の生産する下記の理化学性質を有するリパーゼ。
(1)作用:炭素鎖長4から18の飽和脂肪酸を含む脂質を加水分解し、脂肪酸を生成する
(2)至適温度:60~65℃
(3)熱安定性:50mM Tris-HCl緩衝液(pH8.5)中で30分間保温した場合、65℃まで安定
である
(4)至適pH:7.5~9
(5)安定pH範囲:4~10、及び
(6)分子量:約60,000(ドテシル硫酸ナトリウム-ポリアクリルアミド電気泳動法で測
定)

【請求項6】
 
ムラキア属に属し、請求項1記載のリパーゼを生産する能力を有する菌株を培養し、培養物から当該リパーゼを採取することを特徴とするリパーゼの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンス等を御希望の方又は特許の内容に興味を持たれた方は,下記「問合せ先」まで直接お問い合わせくださいますよう,お願い申し上げます。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close