Top > Search of Japanese Patents > TETRAHYDRO-β-CARBOLINE DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

TETRAHYDRO-β-CARBOLINE DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME meetings

Patent code P120006679
File No. P10-112
Posted date Feb 22, 2012
Application number P2010-263276
Publication number P2012-111724A
Patent number P5649170
Date of filing Nov 26, 2010
Date of publication of application Jun 14, 2012
Date of registration Nov 21, 2014
Inventor
  • (In Japanese)荒井 孝義
  • (In Japanese)和才 真希子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人千葉大学
Title TETRAHYDRO-β-CARBOLINE DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To establish a method for synthesizing a tetrahydro-β-carboline derivative.
SOLUTION: The tetrahydro-β-carboline derivative is represented by formula (2) (in the formula, each of R1 and R2 is an aryl group, or an alkyl group, and R3 is an aryl group).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来にない分子の供給技術は、特異な生物活性を有する化合物の探索に必要であり、開発に成功した新規生物活性物質は医薬品や農薬などへの利用が期待される。高度に官能基化されたテトラヒドロ-β-カルボリンはしばしば高い生物活性を有し、種々の医薬品や天然物中に存在する有用な化合物である。したがって多置換テトラヒドロ-β-カルボリン化合物の効率的な合成法の開発は極めて重要である。

現在、テトラヒドロ-β-カルボリン誘導体の合成は様々な手法で達成されているが、特に4位炭素に置換基を有するβ-カルボリン誘導体の合成例が下記文献に記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、テトラヒドロ-β-カルボリン誘導体及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記式(1)で示されるインドール誘導体を用いて下記式(2)で示されるテトラヒドロ-β-カルボリン誘導体を合成する方法。
【化1】
 
(省略)
(ここでR1は、アリ-ル基、アルキル基、アシル基、もしくは水素原子であり、R2、R3は、アリ-ル基、アルキル基、もしくはアシル基である。また、インドール骨格上に、アルキル基、アルコキシ基、ハロゲン基、もしくはニトロ基の置換基を有していても良い。)
【化2】
 
(省略)
(ここでR1は、アリ-ル基、アルキル基、アシル基、もしくは水素原子であり、R2、R3、R4は、アリ-ル基、アルキル基、もしくはアシル基である。また、インドール骨格上に、アルキル基、アルコキシ基、ハロゲン基、もしくはニトロ基の置換基を有していても良い。)

【請求項2】
 
下記式(2)で示されるテトラヒドロ-β-カルボリン誘導体。
【化3】
 
(省略)
(ここでR1は、アリ-ル基、アルキル基、アシル基、もしくは「水素原子」であり、R2、R3、R4は、アリ-ル基、アルキル基、もしくはアシル基である。また、インドール骨格上に、アルキル基、アルコキシ基、ハロゲン基、もしくはニトロ基の置換基を有していても良い。)
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close