Top > Search of Japanese Patents > COMPOST PRODUCING METHOD AND DEVICE

COMPOST PRODUCING METHOD AND DEVICE meetings

Patent code P120006684
File No. SHINGI20120207
Posted date Feb 23, 2012
Application number P2011-097769
Publication number P2012-229136A
Patent number P5565773
Date of filing Apr 26, 2011
Date of publication of application Nov 22, 2012
Date of registration Jun 27, 2014
Inventor
  • (In Japanese)宮竹 史仁
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人帯広畜産大学
Title COMPOST PRODUCING METHOD AND DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a novel compost producing technique capable of reducing power cost took in a blower and capable of reducing exhausting amount of CH4 and N2O.
SOLUTION: The method for producing compost including passing air through a compost material. The air passing is carried out by an air passing amount to the compost material of a unit amount determined according to the temperature of the compost material, the temperature of the compost material are continuously or intermittently measured, and the air passing amount to the compost material of the unit amount are continuously or intermittently determined based on the obtained measured temperature. The compost producing device includes a ventilator to the compost material arranged in a compost material fermentation tank and a fermentation tank, a thermometer for measuring the temperature of the compost material, and a means for determining an air blowing amount of the ventilator based on the temperature measured by the thermometer, and a controller for controlling the air blowing amount of the ventilator by the air blowing amount determined by an air blowing amount determinator.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

堆肥化は、家畜排せつ物等を好気性微生物の働きにより、分解・安定化させ有機質肥料を製造する技術である。しかしながら堆肥の製造過程では、二酸化炭素(CO2)と比較して296倍の温室効果を有する一酸化二窒素(N2O)や23倍のメタン(CH4)といった強力な温室効果ガスが発生している。

非特許文献1には、日本の農業起源温室効果ガス排出は、総排出量の3%程度であり、そのうち、家畜起源のCH4とN2Oは、家畜の飼養時に消化管から発生するCH4と、排せつ物の取り扱いから発生するCH4とN2Oであることが記載されている。反すう家畜(牛、めん羊、山羊など)を主体に709.5万トン二酸化炭素等量(CO2eq)、家畜排せつ物管理から726.1万トンCO2eqの温室効果ガスの排出が算定されている。非特許文献1は、家畜排せつ物処理起源の温室効果ガス発生の特徴、日本の主な家畜排せつ物処理、ガスクロマトグラフィーやフーリエ変換赤外分光法による温室効果ガス(CH4、N2O)の濃度測定法、家畜排せつ物の各処理システム発生係数の把握と堆積型堆肥化処理施設、強制通気型堆肥化処理施設、汚水浄化処理施設とスラリー貯留からの温室効果ガス発生評価について解説している。

特許文献1には、堆肥化におけるN2O発生の抑制方法が開示されている。この方法は、汚泥を、電気浸透脱水機で脱水した後、発酵槽で汚泥を発酵して堆肥を製造する際、下部に設けた下部空気供給部に加えて上部に設けた上部空気供給部から送風を行い、N2O生成を抑制するものである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、堆肥製造方法および装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
堆肥材料に通気することを含む堆肥の製造方法であって、
前記通気は、堆肥材料の温度に応じて決定した、単位量の堆肥材料に対する通気量で行い、かつ
前記堆肥材料の温度は連続的または断続的に測定し、得られた測定温度に基づいて前記単位量の堆肥材料に対する通気量を連続的または断続的に決定する、
但し、前記単位量の堆肥材料に対する通気量は、堆肥材料の乾燥重量と温度に応じて予め定めた係数の積として算出され、 前記温度に応じて予め定めた係数は、70℃以下の温度域で、かつ温度が上昇している間は、温度の関数であり、70℃を超える温度では定数であり、70℃以下の温度域で、かつ温度が下降している間は定数であり、かつ
前記測定温度が下降傾向を示すときに堆肥材料の切り返しを行うことを含む
前記製造方法。

【請求項2】
 
堆肥材料の温度は、通気している堆肥材料の中心部付近で測定する、請求項1に記載の製造方法。

【請求項3】
 
堆肥材料は含水率が40~80%である、請求項1又は2に記載の製造方法。

【請求項4】
 
堆肥材料に対する通気は、堆肥材料に均一に空気が供給されるように実施する、請求項1~3のいずれかに記載の製造方法。

【請求項5】
 
堆肥材料発酵槽、
前記発酵槽に設けられた堆肥材料への通気手段、
堆肥材料の温度を計測するための温度計、および
温度計で計測された温度に基づいて通気装置の風量を決定する手段、
前記風量決定手段が決めた風量で前記通気手段の風量を制御する手段、を含み、
前記風量決定手段および風量制御手段がインバーター制御装置であり、インバーター制御装置はインバーターを介して通気手段を制御する、
請求項1~4のいずれかに記載の方法に用いられる堆肥製造装置。

【請求項6】
 
前記通気手段は、堆肥材料の乾燥重量と温度に応じて予め定めた係数の積として算出される単位量の堆肥材料に対する通気量を実現するように、前記インバーター制御装置により制御される、請求項5に記載の製造装置
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close