Top > Search of Japanese Patents > IMAGE GENERATION DEVICE AND IMAGE GENERATION PROGRAM

IMAGE GENERATION DEVICE AND IMAGE GENERATION PROGRAM meetings

Patent code P120006686
File No. SHINGI20120203
Posted date Feb 23, 2012
Application number P2011-024333
Publication number P2012-164152A
Patent number P5642583
Date of filing Feb 7, 2011
Date of publication of application Aug 30, 2012
Date of registration Nov 7, 2014
Inventor
  • (In Japanese)趙 強福
  • (In Japanese)謝 政勲
Applicant
  • University of Aizu
Title IMAGE GENERATION DEVICE AND IMAGE GENERATION PROGRAM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To generate a morphing image based on plural images.
SOLUTION: An image generation device includes: setting value assignment means for assigning a setting value to each of three or more source images, associating the value with the image; contribution degree calculation means for obtaining a ratio of each setting value to the sum of all the setting values to calculate a contribution degree of each source image; feature vector generation means for integrating the value of the contribution degree of each source image with a feature vector of each source image to obtain an integration vector, and then adding up the integration vectors of all the source images to generate a feature vector of a morphing image; warp image change means for changing each source image into a warp image on the basis of the feature vector of the morphing image, each source image and the feature vector of each source image; and morphing image generation means for adjusting composition of a pixel value of each warp image changed from the source image in accordance with the contribution degree to generate the morphing image.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来より、2枚の画像から両方の画像の部分的特徴を備えつつ違和感のない新たな画像を生成する技術としてモーフィング画像生成方法が知られている(例えば、特許文献1参照)。

モーフィング画像を生成するための2枚の画像のうち、一方の画像を第一画像、他方の画像を第二画像とする。モーフィング画像の生成を行う場合には、モーフィング画像に違和感を生じさせないようにするため、第一画像と第二画像とにおいて共通する特徴データを定義する必要がある。この共通する特徴データは、第一画像と第二画像と特徴点や特徴線(これを、特徴ベクトルという)を元に定義する。

例えば第一画像および第二画像が画像である場合において、特徴線を特徴ベクトルとして利用する場合には、それぞれの画像の目のライン、鼻のライン、口の輪郭、眉毛のライン、顔の輪郭等の共通する特徴部分が、画像の特徴ベクトルとして定義できる

このようにして定義された第一画像の特徴ベクトルと第二画像の特徴ベクトルのうち、それぞれ対応する特徴量を抽出して、対応箇所の値をm:1-m(但し、0≦m≦1)の割合で調整した中間特徴量(モーフィング画像の特徴ベクトルに該当する)を算出する。ここで、中間特徴量を算出するために設定されるmの値をモーフィング率と呼ぶ。モーフィング率は、対応する特徴量毎に異なる値であってもよく、また同一の値を用いることも可能である。このように算出した特徴量をまとめて中間特徴ベクトルという。

第一画像を中間特徴ベクトルに基づいて変換した画像(以下、第一画像のワープ画像という)を生成し、また、第二画像を中間特徴ベクトルに基づいて変換した画像(以下、第二画像のワープ画像という)を生成する。このように第一画像のワープ画像と第二画像のワープ画像とを生成することによって、モーフィング処理に用いられる画像の特徴位置を共通にすることが可能となる。

そして、第一画像のワープ画像と第二画像のワープ画像との画素値モーフィング率に応じて調整し、最終的に、調整後の第一画像のワープ画像と第二画像のワープ画像との画素値を足し合わせることによって違和感のないモーフィング画像を合成(生成することが可能となる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、画像生成装置および画像生成プログラムに関し、より詳細には、3枚以上のソース画像に基づいて全ての画像の部分的特徴を備えたモーフィング画像を生成するための画像生成装置および画像生成プログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
3枚以上のソース画像と各ソース画像の特徴ベクトルとに基づいてモーフィング画像を生成する画像生成装置であって、
ソース画像の枚数に対応する数だけ用意された設定値を、前記ソース画像のそれぞれに対応づけて割り当てる設定値割当手段と、
全ての設定値の和に対する各設定値の割合を求めることにより各ソース画像の貢献度を算出する貢献度算出手段と、
各ソース画像の前記特徴ベクトルに対して、各ソース画像の貢献度の値を乗算することにより重み付きベクトルを求め、求められた全てのソース画像の重み付きベクトルを足し合わせることにより、前記モーフィング画像の特徴ベクトルを生成する特徴ベクトル生成手段と、
生成された前記モーフィング画像の特徴ベクトルと、前記各ソース画像と、各ソース画像の前記特徴ベクトルとに基づいて、各ソース画像をそれぞれのワープ画像に変形するワープ画像生成手段と、
ワープ画像の画素値献度に応じて調整し、調整後の各ワープ画像の画素値を足し合わせてモーフィング画像を生成するモーフィング画像生成手段と
を備えることを特徴とする画像生成装置。

【請求項2】
 
前記ソース画像の枚数に対応する数の乱数値を生成する乱数値生成手段を備え、
前記設定値割当手段は、生成された乱数値を前記設定値として用いて、前記ソース画像のそれぞれに対応づけて割り当てること
を特徴とする請求項1に記載の画像生成装置。

【請求項3】
 
3枚以上のソース画像と各ソース画像の特徴ベクトルとに基づいてモーフィング画像を生成する画像生成プログラムであって、
コンピュータに、
ソース画像の枚数に対応する数だけ用意された設定値を、前記ソース画像のそれぞれに対応づけて割り当てさせる設定値割当機能と、
全ての設定値の和に対する各設定値の割合を求めることにより各ソース画像の貢献度を算出させる貢献度算出機能と、
各ソース画像の前記特徴ベクトルに対して、各ソース画像の貢献度の値を乗算することにより重み付きベクトルを求め、求められた全てのソース画像の重み付きベクトルを足し合わせることにより、前記モーフィング画像の特徴ベクトルを生成させる特徴ベクトル生成機能と、
生成された前記モーフィング画像の特徴ベクトルと、前記各ソース画像と、各ソース画像の前記特徴ベクトルとに基づいて、各ソース画像をそれぞれのワープ画像に変形させるワープ画像生成機能と、
ワープ画像の画素値献度に応じて調整し、調整後の各ワープ画像の画素値を足し合わせてモーフィング画像を生成させるモーフィング画像生成機能と
を実行させることを特徴とする画像生成プログラム。

【請求項4】
 
前記コンピュータに、
前記ソース画像の枚数に対応する数の乱数値を生成させる乱数値生成機能を実行させ、
前記設定値割当機能において、生成された乱数値を前記設定値として用いて、前記ソース画像のそれぞれに対応づけて割り当てさせること
を特徴とする請求項3に記載の画像生成プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011024333thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close