Top > Search of Japanese Patents > GESTURE RECOGNITION DEVICE AND GESTURE RECOGNITION METHOD

GESTURE RECOGNITION DEVICE AND GESTURE RECOGNITION METHOD meetings

Patent code P120006688
File No. SHINGI20120203
Posted date Feb 23, 2012
Application number P2010-262195
Publication number P2012-113525A
Patent number P5733656
Date of filing Nov 25, 2010
Date of publication of application Jun 14, 2012
Date of registration Apr 24, 2015
Inventor
  • (In Japanese)荊 雷
  • (In Japanese)程 子学
  • (In Japanese)王 軍波
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人会津大学
Title GESTURE RECOGNITION DEVICE AND GESTURE RECOGNITION METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technology for relatively accurately performing the recognition of a gesture with a simple procedure.
SOLUTION: A detection part 1 is configured to detect accelerations to three-axial directions. Also, the detection part 1 is configured to move in a three-dimensional space in association with the movement of a user. A processing part 2 is configured to recognize a gesture by using a magnitude relation between a standard deviation within a predetermined time about acceleration in at least one axial direction among the three axial directions and a standard deviation within the predetermined time about acceleration in the other axial directions.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

使用者のジェスチャを認識する技術として、下記特許文献1~5に記載のものがある。

例えば、特許文献1の技術では、複数の多軸加速度センサを使用者の身体に取り付ける。そして、一つの多軸加速度センサの出力を基準として、このセンサと他のセンサとの出力の差分を、各軸において算出する。ついで、この差分出力の時間変化のデータと辞書データとを照合する。辞書データでは、差分出力の時間変化のデータとジェスチャとが対応付けられているので、使用者のジェスチャを特定することができる。

ところで、この技術においては、特定の一つのセンサの出力を基準とするので、基準となるセンサの初期位置が重要になる。そして、基準センサが初期位置に正しく設置されないと、ジェスチャの認識精度が劣化すると考えられる。

また、他の各文献の技術でも、ジェスチャの認識動作が煩雑であるという問題があった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、使用者によって行われるジェスチャを認識するための技術に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
検出部と処理部とを備えており、
前記検出部は、3軸方向への加速度をそれぞれ検出できる構成となっており、
かつ、前記検出部は、使用者の動作に対応して三次元空間内を移動させられるものであり、
前記処理部は、前記3軸方向のうちの少なくとも一つの軸方向における前記加速度についての、既定時間内での標準偏差と、他の一つ又は二つの軸方向における前記加速度についての、既定時間内での標準偏差との大小関係を異なる軸方向の間で判断するノードを有する木構造に基づいてジェスチャを認識する構成となっている
ジェスチャ認識装置。

【請求項2】
 
前記処理部は、さらに、前記加速度の方向を判別することにより、前記ジェスチャの方向を特定する構成となっている
請求項1に記載のジェスチャ認識装置。

【請求項3】
 
前記処理部は、特定の軸方向における加速度の最大値と最小値の発生順序を比較することにより、前記ジェスチャの方向を特定する構成となっている
請求項1に記載のジェスチャ認識装置。

【請求項4】
 
前記検出部は、使用者の指に装着されるものである
請求項1~3のいずれか1項に記載のジェスチャ認識装置。

【請求項5】
 
以下のステップを備える、装置を用いるジェスチャ認識方法:
(1)3軸方向のうちの少なくとも一つの軸方向における加速度についての、既定時間内での標準偏差と、他の一つ又は二つの軸方向における前記加速度についての、既定時間内での標準偏差とを算出するステップ;
(2)前記算出された標準偏差どうしの大小関係を異なる軸方向の間で判断するノードを有する木構造に基づいてジェスチャを認識するステップ。

【請求項6】
 
請求項5に記載の各ステップをコンピュータで実行させるためのコンピュータプログラム。

【請求項7】
 
以下のステップを備える、ジェスチャ認識のための木構造の生成方法:
(1)標準的なジェスチャについて、3軸方向における加速度についての、既定時間内での標準偏差を、各軸について算出するステップ;
(2)前記各軸における標準偏差の大小関係を異なる軸方向の間で順次判断することにより前記標準的なジェスチャに辿りつけるように、ジェスチャを特定するための木構造を決定するステップ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010262195thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close