Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING POLYOLEFIN-BASED RESIN BASE MATERIAL HAVING METAL-PLATED FILM

METHOD FOR PRODUCING POLYOLEFIN-BASED RESIN BASE MATERIAL HAVING METAL-PLATED FILM

Patent code P120006756
File No. FU457
Posted date Mar 1, 2012
Application number P2011-221420
Publication number P2013-082952A
Patent number P5824310
Date of filing Oct 5, 2011
Date of publication of application May 9, 2013
Date of registration Oct 16, 2015
Inventor
  • (In Japanese)米沢 晋
  • (In Japanese)高島 正之
  • (In Japanese)金 在虎
  • (In Japanese)奥田 達也
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title METHOD FOR PRODUCING POLYOLEFIN-BASED RESIN BASE MATERIAL HAVING METAL-PLATED FILM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing a polyolefin-based resin base material having a metal-plated film which is excellent in adhesion to the polyolefin-based resin base material, the metal plating film, and a method for producing a polyolefin-based resin base material having a surface excellent in adhesion to an adhesive etc.
SOLUTION: The method for producing a polyolefin-based resin base material having a metal plating film by performing metal plating on the polyolefin-based resin base material is provided, wherein using fluorine gas with purity of 70% or more and under reduced pressure of 0.1-3 kPa, the fluorine gas is brought into contact with the polyolefin-based resin base material, and then metal plating is performed on the polyolefin-based resin base material.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

高分子材料の表面に撥水性または親水性を付与する高分子材料の表面が改質方法として、高分子材料にフッ素ガスと不活性ガスまたは酸素ガスを含むガスによる処理を施す表面改質方法が知られている(例えば、特許文献1および2参照)。しかし、前記表面処理方法によれば、高分子材料の表面にフッ素を付与することにより、その表面に撥水性または親水性が化学的に付与されるだけであるため、当該改質方法が施された高分子材料の表面は、めっき皮膜などとの密着性に劣るという欠点がある。

親水性の塗工素材との親和性を発現する成形体の製造方法として、フッ素ガスを酸素で希釈した混合ガスで熱可塑性ポリマーからなる成形体をフッ素化処理する成形体の製造方法(例えば、特許文献3の[請求項4]参照)、熱可塑性ポリマーからなる成形体の表層部をフッ素ガスまたはフッ素ガスを不活性ガスで希釈した混合ガスでフッ素化処理する成形体の製造方法などが知られている(例えば、特許文献4の[請求項4]参照)。しかし、前記成形体の製造方法は、いずれも、熱可塑性ポリマーとしてポリオレフィン系樹脂を用いた場合、成形体の表面とめっき皮膜などとの密着性に劣るという欠点を有する。

めっきまたは接着のためのポリプロピレン成形品の表面が改質方法として、フッ素ガスを不活性ガスで希釈し、フッ素濃度が0.1~10%の雰囲気にポリプロピレン成形品を接触させ、その表面の接触角を80度以下にするポリプロピレン成形品の表面改質方法が知られている(例えば、特許文献5参照)。この表面が改質方法では、前記雰囲気のフッ素ガス濃度が10%よりも高いとき、ポリプロピレン成形品の表面の接触角を80度以下とすることができないため、めっきがつかないとされている(特許文献5の段落[0030]、[0026]など参照)。また、この表面改質方法によれば、ポリプロピレン成形品の表面にめっきが付着するのは、フッ素による極性力に基づくことから(特許文献5の段落[0025]参照)、ポリプロピレン成形品の表面と金属めっき皮膜との密着性が劣るとともに、ポリプロピレン成形品の表面の接触角を80度以下とするためには試行錯誤を要するため、当該方法は、良好な工業的生産性を有するとはいえない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、金属めっき皮膜を有するポリオレフィン系樹脂基材の製造方法に関する。さらに詳しくは、金属めっき皮膜の密着性に優れた金属めっき皮膜を有するポリオレフィン系樹脂基材の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ポリオレフィン系樹脂基材に金属めっきを施すことによって金属めっき皮膜を有するポリオレフィン系樹脂基材を製造する方法であって、純度が70%以上のフッ素ガスを用い、0.1~3kPaの減圧下で当該フッ素ガスとポリオレフィン系樹脂基材とを接触させた後、当該ポリオレフィン系樹脂基材に金属めっきを施すことを特徴とする金属めっき皮膜を有するポリオレフィン系樹脂基材の製造方法。

【請求項2】
 
ポリオレフィン系樹脂基材とフッ素ガスとを接触させる際のフッ素ガスの温度が0~100℃である請求項1に記載の金属めっき皮膜を有するポリオレフィン系樹脂基材の製造方法。

【請求項3】
 
表面が改質されたポリオレフィン系樹脂基材の製造方法であって、純度が70%以上のフッ素ガスを用い、0.1~3kPaの減圧下で当該フッ素ガスとポリオレフィン系樹脂基材とを接触させることを特徴とする表面が改質されたポリオレフィン系樹脂基材の製造方法。

【請求項4】
 
ポリオレフィン系樹脂基材とフッ素ガスとを接触させる際のフッ素ガスの温度が0~100℃である請求項3に記載の表面が改質されたポリオレフィン系樹脂基材の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011221420thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close