Top > Search of Japanese Patents > PHOTOCATALYST AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME

PHOTOCATALYST AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME commons meetings

Patent code P120006780
File No. P10-128
Posted date Mar 2, 2012
Application number P2011-032676
Publication number P2012-170843A
Patent number P5733718
Date of filing Feb 17, 2011
Date of publication of application Sep 10, 2012
Date of registration Apr 24, 2015
Inventor
  • (In Japanese)魯 云
  • (In Japanese)広橋 光治
  • (In Japanese)松坂 効
  • (In Japanese)平川 寛
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 千葉大学
Title PHOTOCATALYST AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a simpler, high-performance visible light responsive photocatalyst.
SOLUTION: The photocatalyst is manufactured by processing titanium in molten nitrates. A method of manufacturing the photocatalyst includes processing titanium in molten nitrates. In this case, the nitrates preferably include at least one of potassium nitrate, sodium nitrate, and lithium nitrate. In this way, the simple, high-performance visible light responsive photocatalyst and a method of manufacturing the same can be provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


酸化チタン光触媒は、光により汚染物質を分解、除去することができる機能性材料であり、近年研究開発が盛んに行われてきている。



一般的に光触媒は、紫外線が当たることにより有機物を分解することが知られているが、紫外線は太陽光に含まれているものの人体に影響を与えるそれもあり、室内灯等にはあまり含まれていない。このため、光触媒は室内での使用に課題がある。



光触媒を室内で効率よく使用するためには、光触媒が有機物を分解する波長範囲を可視領域に近づけることが必要であり、例えば下記特許文献1、非特許文献1にそれぞれ記載がある。例えば下記特許文献1には、CrやVをドープした光触媒が、下記非特許文献2には、NやSをドープした光触媒が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、光触媒及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
溶融した硝酸塩中でチタンを処理する光触媒の製造方法。

【請求項2】
 
前記チタンは、球状である請求項1記載の光触媒の製造方法。

【請求項3】
 
前記硝酸塩は、硝酸カリウム、硝酸ナトリウム、硝酸リチウムおよび硝酸カルシウムの少なくともいずれかを有する請求項1記載の光触媒の製造方法

【請求項4】
 
前記溶融した硝酸塩の温度は200℃以上600℃以下の範囲にある請求項1記載の光触媒の製造方法
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011032676thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close