Top > Search of Japanese Patents > ANTIBACTERIAL MEDICAL INSTRUMENT AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR

ANTIBACTERIAL MEDICAL INSTRUMENT AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR meetings

Patent code P120006804
File No. SHINGI20111129
Posted date Mar 6, 2012
Application number P2009-122472
Publication number P2010-268917A
Patent number P5590596
Date of filing May 20, 2009
Date of publication of application Dec 2, 2010
Date of registration Aug 8, 2014
Inventor
  • (In Japanese)相澤 守
  • (In Japanese)干川 智之
  • (In Japanese)石井 賢
  • (In Japanese)船尾 陽生
Applicant
  • (In Japanese)学校法人明治大学
  • (In Japanese)学校法人慶應義塾
Title ANTIBACTERIAL MEDICAL INSTRUMENT AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an antibacterial medical instrument which has a sufficient antibacterial property in a living body, has fittability to biological tissue, can maintain the antibacterial property for a long time, and is safe.
SOLUTION: The antibacterial medical instrument is made by bonding an inositol phosphate to a medical instrument having at least the surface covered with a Ca compound layer or to the Ca compound of the medical instrument composed of the Ca compound. The instrument is made by bonding silver ions the inositol phosphate. The method of manufacturing the antibacterial medical instrument is intended to obtain the antibacterial medical instrument made by bringing the medical instrument having at least the surface covered with the Ca compound or the medical instrument composed of the Ca compound into contact with the aqueous solution of the inositol phosphate and bonding the inositol phosphate to the Ca compound. The manufacturing method is intended to obtain the antibacterial medical instrument made by bonding the silver ions to the inositol phosphate by bonding the inositol phosphate to the Ca compound and subsequently bringing the product of bonding into contact with the aqueous solution containing the silver ions.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



従来、生体インプラントにおいて抗菌性を備えるチタン系または非チタン系部材として、例えば、特許文献1に開示された技術が提案されている。

特許文献1には、基材、該基材上に形成された結晶性アルカリチタネートのナノシート、ナノチューブ、ナノファイバーまたはナノクリスタルの層、及び前記アルカリチタネートのアルカリ成分の一部又は全部が銀イオンで置換されている銀チタネート層を含むことを特徴とするチタネートでコーティングされた抗菌性部材が開示されている。

また、特許文献1には、前記抗菌性部材の製造方法として、(i)チタン系基材をアルカリ水溶液中で110~180℃の温度下に水熱処理に供する工程、(ii)前記水熱処理後の生成物を200~700℃で加熱処理する工程、及び(iii)前記加熱処理後の生成物を洗浄、乾燥した後、銀イオン含有水溶液に浸漬する工程、を含むことを特徴とする方法が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、医療分野において使用されるインプラント、手術用具などの医療機器に関し、特に、抗菌性を有する抗菌性医療機器とその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
少なくとも表面がCa化合物層で覆われた医療機器又はCa化合物からなる医療機器の前記Ca化合物に、フィチン酸が結合されてなる抗菌性医療機器であって、前記フィチン酸に銀イオンが結合されてなることを特徴とする抗菌性医療機器

【請求項2】
 
前記Ca化合物が水酸化アパタイトである請求項1記載の抗菌性医療機器。

【請求項3】
 
前記抗菌性医療機器が抗菌性インプラントである請求項1又は2に記載の抗菌性医療機器。

【請求項4】
 
少なくとも表面がCa化合物層で覆われた医療機器又はCa化合物からなる医療機器を、フィチン酸の水溶液と接触させ、前記Ca化合物にフィチンを結合させた後、さらに銀イオンを含む水溶液と接触させて、前記フィチンに銀イオンが結合されてなる抗菌性医療機器を得ることを特徴とする抗菌性医療機器の製造方法。

【請求項5】
 
前記Ca化合物が水酸化アパタイトである請求項4に記載の抗菌性医療機器の製造方法。

【請求項6】
 
前記抗菌性医療機器が抗菌性インプラントである請求項4又は5に記載の抗菌性医療機器の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009122472thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close