Top > Search of Japanese Patents > MAGNESIUM ALLOY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

MAGNESIUM ALLOY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons

Patent code P120006904
File No. 09085AA
Posted date Mar 21, 2012
Application number P2010-066477
Publication number P2011-195929A
Patent number P5866639
Date of filing Mar 23, 2010
Date of publication of application Oct 6, 2011
Date of registration Jan 15, 2016
Inventor
  • (In Japanese)山崎 倫昭
  • (In Japanese)河村 能人
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 熊本大学
Title MAGNESIUM ALLOY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a magnesium alloy which has excellent mechanical properties and corrosion resistance without using special devices and processes, and to provide a method for producing the same.
SOLUTION: In one embodiment, the magnesium alloy has a composition comprising Zn, comprising at least one element selected from Gd and Tb by RE atomic% in total, and comprising at least one element selected from the group composed of Al, Y, La, Ce, Pr, Nd, Sm, Dy, Ho, Er, Tm and Yb by X atomic% in total, and the balance comprising Mg. In the magnesium alloy, the following formulae (1) to (4) are satisfied: (1) 0.2≤[Zn (atomic%)]≤5.0, (2) 0.2≤[RE (atomic%)]≤5.0, (3) 2[Zn (atomic%)]-3≤[RE (atomic%)], and (4) 0.05[RE (atomic%)]≤[X (atomic%)]<0.75[RE (atomic%)].
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


マグネシウム合金として、Mg-Al系、Mg-Al-Zn系、Mg-Th-Zn系、Mg-Th-Zn-Zr系、Mg-Zn-Zr系、Mg-Zn-Zr-RE(RE:希土類元素)系等の成分系が知られているが、これら合金は鋳造法で製造しても十分な強度が得られず、急速凝固粉末冶金法で製造しても強度は得られるものの、靭性や耐食性が不十分であるという欠点を有している。



具体例として機械的強度および延性が良好なマグネシウム合金として、Mg-Al-Zn-Y合金が提案されているが、耐食性が不十分であった。(例えば特許文献1参照)



高強度かつ高耐食性を有するマグネシウム合金を作製する従来の手法としては、単ロール法、急速凝固法により特定の形態の材料を製造することが行われている(例えば特許文献2、特許文献3、特許文献4、特許文献5、非特許文献1,2参照)。



しかし、前記したマグネシウム合金材は、特定の製造方法においては、高い機械的性質と高い耐食性が得られるものの、急速凝固装置等の特殊な設備が必要であり生産性も低いという問題があり、更に適用できる部材が限られるという問題があった。



そこで、前記特許文献1、特許文献2のような特殊な設備あるいはプロセスを用いずに、生産性の高い通常の溶解鋳造から塑性加工(例えば押出)を実施しても実用上有用な機械的性質が得られるものが提案されている。(例えば特許文献6,7参照)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、マグネシウム合金およびその製造方法に関する。特には、機械的な強度が高く、優れた耐食性を有するマグネシウム合金およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Znを含有し、GdをRE原子%含有し、Al、La、Ce、Pr、Nd、Sm、Dy、Ho、Er、TmおよびYbからなる群から選択された少なくとも一つの元素を合計でX原子%含有し、残部がMgからなり、下記式(1)~(4)を満たすマグネシウム合金を作製し、
前記マグネシウム合金を溶体化する溶体化処理を行い、
前記マグネシウム合金に623~773Kの温度範囲で0.5~100時間の条件の熱処理を行い、
前記熱処理を行った後のマグネシウム合金は長周期積層構造相を有するマグネシウム合金の製造方法であり、
前記マグネシウム合金を大気開放した温度が298Kの0.17 M NaCl aq.の塩水に浸漬させ、前記マグネシウム合金の腐食速度を測定した場合、前記マグネシウム合金の腐食速度が10mm・year-1以下であることを特徴とするマグネシウム合金の製造方法。
(1)0.2≦[Zn(原子%)]≦5.0
(2)0.2≦[RE(原子%)]≦5.0
(3)2[Zn(原子%)]-3≦[RE(原子%)]
(4)0.05[RE(原子%)]≦[X(原子%)]<0.75[RE(原子%)]

【請求項2】
 
請求項1において、
前記長周期積層構造相を有するマグネシウム合金に塑性加工を行うことにより、前記長周期積層構造相の少なくとも一部を湾曲又は屈曲させることを特徴とするマグネシウム合金の製造方法。

【請求項3】
 
Znを含有し、GdをRE原子%含有し、Al、La、Ce、Pr、Nd、Sm、Dy、Ho、Er、TmおよびYbからなる群から選択された少なくとも一つの元素を合計でX原子%含有し、残部がMgからなり、下記式(1)~(4)を満たし、長周期積層構造相およびhcp構造マグネシウム相を有する結晶組織を具備するマグネシウム合金であり、
前記マグネシウム合金を大気開放した温度が298Kの0.17 M NaCl aq.の塩水に浸漬させ、前記マグネシウム合金の腐食速度を測定した場合、前記マグネシウム合金の腐食速度が10mm・year-1以下であることを特徴とするマグネシウム合金。
(1)0.2≦[Zn(原子%)]≦5.0
(2)0.2≦[RE(原子%)]≦5.0
(3)2[Zn(原子%)]-3≦[RE(原子%)]
(4)0.05[RE(原子%)]≦[X(原子%)]<0.75[RE(原子%)]

【請求項4】
 
請求項3において、
前記長周期積層構造相の少なくとも一部が湾曲又は屈曲していることを特徴とするマグネシウム合金。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close