Top > Search of Japanese Patents > MAGNESIUM ALLOY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

MAGNESIUM ALLOY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons

Patent code P120006905
File No. 09086AA
Posted date Mar 21, 2012
Application number P2010-066478
Publication number P2011-195930A
Patent number P6089353
Date of filing Mar 23, 2010
Date of publication of application Oct 6, 2011
Date of registration Feb 17, 2017
Inventor
  • (In Japanese)山崎 倫昭
  • (In Japanese)河村 能人
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 熊本大学
Title MAGNESIUM ALLOY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a magnesium alloy which has lower specific gravity compared with that of the conventional magnesium alloy to which a transition metal element and a rare earth element are added, and to provide a method for producing the same.
SOLUTION: In the method for producing a magnesium alloy, in one embodiment, a magnesium alloy which has a composition comprising Al and Gd, and the balance comprising Mg, and in which the Al content and the Gd content satisfy the following inequalities (1) and (2) is produced, and, the magnesium alloy is heat-treated to form a phase including a long period laminated structure or a close-packed atomic face lamination defect: (1) 0.01≤[the Al content (atomic%)]≤2.0; and (2) 0.2≤[the Gd content (atomic%)]b≤5.0.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


長周期積層構造相を有する従来のマグネシウム合金は、マグネシウムに、Zn、Ni、Co、Cuといった遷移金属元素(TM)とY、Gd、Tb、Dy、Ho、Er、Tmといった希土類元素(RE)を組み合わせて添加することで得られる(例えば特許文献1、2、3および4参照)。



これらの合金は、長周期積層構造相の形成の仕方が異なる。特許文献1、2および3には、鋳造状態で長周期積層構造相が形成されるType-I合金群が開示されている。特許文献4には、鋳造状態では長周期積層構造相は存在せず、熱処理により長周期積層構造相を形成するType-II合金群が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、マグネシウム合金およびその製造方法に関する。特には、長周期積層構造または最密原子面積層欠陥を含む相を有するマグネシウム合金およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
AlとGdを含有し、残部がMgからなり、Al含有量とGd含有量が下記式(1)および(2)を満たすマグネシウム合金を作製し、
前記マグネシウム合金を溶体化する溶体化処理を行い、
前記マグネシウム合金に熱処理を行うことにより、前記マグネシウム合金に18周期の積層を有する長周期積層構造相を形成することを特徴とするマグネシウム合金の製造方法。
(1)0.01≦[Al含有量(原子%)]≦2.0
(2)0.2≦[Gd含有量(原子%)]≦5.0

【請求項2】
 
請求項1において、
前記熱処理は、473~700Kの温度範囲で2~100時間の条件で行われることを特徴とするマグネシウム合金の製造方法。

【請求項3】
 
請求項1または2において、
前記長周期積層構造相を形成したマグネシウム合金に塑性加工を行うことにより、前記長周期積層構造相の少なくとも一部を湾曲又は屈曲させることを特徴とするマグネシウム合金の製造方法。

【請求項4】
 
請求項1または2において、
前記長周期積層構造相を形成したマグネシウム合金を切削することによってチップ形状の切削物を作製し、
前記切削物に塑性加工による固化を行うことを特徴とするマグネシウム合金の製造方法。

【請求項5】
 
請求項3または4において、
前記塑性加工は、圧延、押出し、ECAE、引抜加工及び鍛造、これらの繰り返し加工、FSW加工のうちの少なくとも一つを行うものであるマグネシウム合金の製造方法。

【請求項6】
 
AlとGdを含有し、残部がMgからなり、Al含有量とGd含有量が下記式(1)および(2)を満たすマグネシウム合金であって、
18周期の積層を有する長周期積層構造相およびhcp構造マグネシウム相を有する結晶組織を具備することを特徴とするマグネシウム合金。
(1)0.01≦[Al含有量(原子%)]≦2.0
(2)0.2≦[Gd含有量(原子%)]b≦5.0

【請求項7】
 
請求項6において、
前記長周期積層構造相の少なくとも一部が湾曲又は屈曲していることを特徴とするマグネシウム合金。
IPC(International Patent Classification)
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close