Top > Search of Japanese Patents > LADDER TYPE POLYSILSEQUIOXANE AND PRODUCTION METHOD OF THE SAME

LADDER TYPE POLYSILSEQUIOXANE AND PRODUCTION METHOD OF THE SAME

Patent code P120006943
File No. 11P046
Posted date Mar 22, 2012
Application number P2012-032783
Publication number P2013-170175A
Patent number P6143042
Date of filing Feb 17, 2012
Date of publication of application Sep 2, 2013
Date of registration May 19, 2017
Inventor
  • (In Japanese)金子 芳郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 鹿児島大学
Title LADDER TYPE POLYSILSEQUIOXANE AND PRODUCTION METHOD OF THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an anionic ladder type polysilsesquioxane and a production method of the compound that can be used as an adsorbent for a cationic compound.
SOLUTION: By polymerizing 2-cyanoethyl triethoxysilane used as a monomer under an alkali condition, a structure with a regular arrangement and a twisted main chain is formed, which results in stacks of a plurality of anionic ladder type polysilsequioxane, forming a hexagonal layered structure. An anionic carboxylate group is formed in a side chain, which forms an ion pair with an alkali metal ion.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、有機成分と無機成分とを混合することにより、両成分の特徴を相乗的に高める有機-無機ハイブリッド材料が様々な分野で注目されている。その中でも、三官能性有機シランモノマー(シランカップリング剤)を用いて合成されるラダー型ポリシルセスキオキサン(PSQ)は、有機-無機ハイブリッド材料の中で注目されている材料の1つである。



このラダー型PSQは、シロキサン結合が一次元方向に規則的につながったポリマーであり、主鎖構造が結合エネルギーの大きいSi-O結合からなり、さらにラダー構造であるため、熱的、力学的及び化学的に安定した材料である。また、このPSQは可溶性であるため、透明な溶液として利用することができる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、可溶性を示すアニオン性のラダー型ポリシルセスキオキサン及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記式(I)により表される単位の構造を有することを特徴とするラダー型ポリシルセスキオキサン。
【化1】
 


(式中、X+は、アルカリ金属イオンを示す。)

【請求項2】
 
前記アルカリ金属イオンは、ナトリウムイオンであることを特徴とする請求項1に記載のラダー型ポリシルセスキオキサン。

【請求項3】
 
前記式(I)に表される単位の構造は、主鎖がねじれて形成されていることを特徴とする請求項1又は2に記載のラダー型ポリシルセスキオキサン。

【請求項4】
 
2-シアノエチルトリエトキシシランをアルカリ性水溶液に混合して下記式(II)に表される構造の化合物を中間体として得る工程と、
下記式(II)に表される構造の化合物を加熱して縮合重合させ、陽イオン交換樹脂により下記式(III)に表される単位の構造の化合物を得る工程と、
下記式(III)に表される単位の構造の化合物に、メタノールまたはエタノールを含むアルカリ性溶液を混合し、カルボキシレート基と前記アルカリ性溶液中のアルカリ金属イオンとのイオン対を形成した固形物として下記式(IV)に表されるラダー型ポリシルセスキオキサンを抽出する工程と、
を有することを特徴とするラダー型ポリシルセスキオキサンの製造方法。
【化2】
 


(式中、Z+、X+は、アルカリ金属イオンを示す。)
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012032783thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close