Top > Search of Japanese Patents > ARTIFICIAL PEPTIDE WITH RARE METAL BINDING CAPACITY, AND USE OF THE SAME

ARTIFICIAL PEPTIDE WITH RARE METAL BINDING CAPACITY, AND USE OF THE SAME commons

Patent code P120006952
File No. KP11-059
Posted date Mar 22, 2012
Application number P2012-047585
Publication number P2013-181021A
Patent number P5943463
Date of filing Mar 5, 2012
Date of publication of application Sep 12, 2013
Date of registration Jun 3, 2016
Inventor
  • (In Japanese)田村 厚夫
  • (In Japanese)飯田 禎弘
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人神戸大学
Title ARTIFICIAL PEPTIDE WITH RARE METAL BINDING CAPACITY, AND USE OF THE SAME commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide: an artificial peptide with a rare metal-binding capacity; and a method of recovering rare metals with few environmental loads.
SOLUTION: A peptide has the following amino acid sequence (1), and the number of amino acid residues is at most 100. (1) SDPLVX1RASLIGLLX2LLLWX3X4X5RX6 (SEQ ID NO 1). In the formula, X1 denotes a hydrophilic amino acid, X2 denotes H or A, X3 denotes R or K; X4 denotes M or an aliphatic amino acid, X5 denotes D or E, and X6 denotes an arbitrary amino acid.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


先端科学技術の発展に深く関わり、高性能化の材料となっているのがレアメタルとよばれる非鉄金属類であり、材料・触媒化学の分野において広く注目を浴びている。近年の技術革新や新興国の発展に伴い、貴金属をはじめとするレアメタルの使用量が急増しており、資源確保観点からも金属の回収法の効率化が急務の課題となっている。



従来のレアメタル回収技術は、高温や強酸性など極端な条件で行われるため、環境負荷が大きく、エネルギー消費も大きい。また、特定のレアメタルのみを選択的に回収することは困難である。そこで、環境負荷の少ないレアメタル回収技術が求められており、種々の技術が提案されている(例えば、特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、レアメタル結合能を有する人工ペプチドおよびその利用に関するものであり、詳細には、レアメタル結合能を有する人工ペプチドを含有する金属吸着剤、それを用いるレアメタル回収方法、レアメタル検出方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
以下のアミノ酸配列(1)からなるペプチド、またはアミノ酸配列(1)を2~4回繰り返した配列からなるペプチド
(1)SDPLVX1RASLIGLLX2LLLWX3X4X5RX6(配列番号1)
(X1NまたはR、X2はHまたはA、X3はRまたはK、X4はMまたはL、X5はDまたはE、X6KまたはLを表す。)

【請求項2】
 
アミノ酸配列(1)が、以下のアミノ酸配列(2)~(5)のいずれかである請求項1に記載のペプチド。
(2)SDPLVNRASLIGLLHLLLWRMDRL(配列番号2)
(3)SDPLVRRASLIGLLHLLLWKMDRK(配列番号3)
(4)SDPLVRRASLIGLLHLLLWKLERK(配列番号4)
(5)SDPLVRRASLIGLLALLLWKMDRK(配列番号5)

【請求項3】
 
請求項1または2に記載のペプチドを含有する金属吸着剤。

【請求項4】
 
金属がレアメタルである請求項3に記載の金属吸着剤。

【請求項5】
 
レアメタルがパラジウムおよび/または白金である請求項4に記載の金属吸着剤。

【請求項6】
 
請求項3~5のいずれかに記載の金属吸着材とレアメタルを含む金属成分を含有する水溶液とを接触させる工程を含むことを特徴とするレアメタル回収方法。

【請求項7】
 
レアメタルがパラジウムおよび/または白金である請求項6に記載のレアメタル回収方法。

【請求項8】
 
請求項1または2に記載のペプチドとレアメタルを含む金属成分を含有する水溶液とを接触させる工程、および、当該ペプチドの構造変化を検出する工程を含むことを特徴とするレアメタル検出方法。

【請求項9】
 
レアメタルがパラジウムおよび/または白金である請求項8に記載のレアメタル検出方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close