Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR JUDGING ESSENTIAL HYPERTENSION

METHOD FOR JUDGING ESSENTIAL HYPERTENSION

Patent code P120006992
File No. 2005000040
Posted date Mar 23, 2012
Application number P2005-244730
Publication number P2007-053995A
Patent number P5071998
Date of filing Aug 25, 2005
Date of publication of application Mar 8, 2007
Date of registration Aug 31, 2012
Inventor
  • (In Japanese)中山 智祥
  • (In Japanese)相馬 正義
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title METHOD FOR JUDGING ESSENTIAL HYPERTENSION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for judging essential hypertension, by which the presence or absence of a genetic factor of the essential hypertension can simply be judged in a highly reliable state reducing pseudopositive results.
SOLUTION: This method for judging the essential hypertension in the present invention is characterized by relating a gene polymorphism of human follicle stimulating hormone receptor gene and/or a haplo-type composed from the gene polymorphism to the presence or absence of individual hypertension symptom.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

本態性高血圧症(Essential Hypertension, EH)は、既知の原因無く起こる高血圧症であり、原因が明らかな二次性高血圧症と大別されている。本態性高血圧症は、高血圧全症例のおよそ80~90%を占めており、おそらく各種の正常血圧調節機構における様々な障害が要因となって生じ得るものと言えるが、多くは遺伝的に条件づけられていると考えられており、いわゆる多因子遺伝性疾患に属するものとされている。

本態性高血圧症は、このように多因子遺伝性疾患であるため、従来より、その原因遺伝子や疾患感受性遺伝子の決定は極めて困難であった。

その理由として、疾患の臨床症状及び特徴的臨床データ(これらを表現型という)が一定ではなく、家系内での遺伝形式も一定でないことが多い点が挙げられる。また、表現型は成人年齢に達してから現れることが大半であり、患者当人の両親の遺伝子型を調べようとしても既に存命していないことが多い、ということも理由の一つであった。

このような問題を解決するために提案された方法として、アンジオテンシノージェン遺伝子に着目した罹患同胞対法が知られている(非特許文献1参照。)。しかしながら、この方法では、有効であると認めるに足りるデータは未だ得られておらず、また準備や分析等に非常に時間と労力を有するということもあり、擬陽性の結果を頻繁に生じ得る信頼性の低いものであった。
【非特許文献1】
Jeunemaitre X, et. al., Molecular basis of human hypertension: role of angiotensinogen, Cell, 71(1), p.169-180, 1992

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、本態性高血圧症であることを判定する方法に関する。詳しくは、遺伝子多型を利用した本態性高血圧症の遺伝的要因の有無を判定する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ヒト卵胞刺激ホルモン受容体遺伝子の遺伝子多型と、個体の高血圧症状の有無とを関連づける、本態性高血圧症の遺伝的要因の有無の判定方法であって、
前記遺伝子多型がrs1394205で特定されるものであり、当該多型がAアレルである場合は前記遺伝的要因を有すると判定し、当該多型がGアレルである場合は前記遺伝的要因を有さないと判定することを特徴とする、
前記方法。

【請求項2】
 
ヒト卵胞刺激ホルモン受容体遺伝子の遺伝子多型の検出結果に基づいて、本態性高血圧症の遺伝的要因の有無を判定する方法であって、
前記遺伝子多型がrs1394205で特定されるものであり、当該多型がAアレルである場合は前記遺伝的要因を有すると判定し、当該多型がGアレルである場合は前記遺伝的要因を有さないと判定することを特徴とする、
前記方法。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載の方法に用いるオリゴヌクレオチドであって、卵胞刺激ホルモン受容体をコードする遺伝子配列又はその相補配列中に存在するrs1394205で特定される遺伝子多型部位を含むように作製された、前記オリゴヌクレオチド。

【請求項4】
 
請求項3に記載のオリゴヌクレオチドが支持体に固定された、本態性高血圧症の遺伝的要因の有無の判定用マイクロアレイ。

【請求項5】
 
請求項3に記載のオリゴヌクレオチド及び/又は請求項4に記載のマイクロアレイを含む、本態性高血圧症の遺伝的要因の有無の判定用キット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close