Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR JUDGING CEREBRAL INFARCTION

METHOD FOR JUDGING CEREBRAL INFARCTION

Patent code P120006993
File No. 2005000087
Posted date Mar 23, 2012
Application number P2006-010431
Publication number P2007-189935A
Patent number P5130628
Date of filing Jan 18, 2006
Date of publication of application Aug 2, 2007
Date of registration Nov 16, 2012
Inventor
  • (In Japanese)中山 智祥
  • (In Japanese)浅井 聰
  • (In Japanese)相馬 正義
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title METHOD FOR JUDGING CEREBRAL INFARCTION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method by which results of judgment whether or not a hereditary factor of CI (cerebral infarction) is present with high reliability are obtained.
SOLUTION: The method for determining the CI is a method characterized in that a haplotype composed of a genotype in an STRK1 locus is correlated with the presence or absence of CI symptoms of an individual.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

脳梗塞(CI;Cerebral Infarction)は、いくつかの環境要因と遺伝的背景によって発症する他因子遺伝性疾患であると考えられており、従来よりその原因遺伝子や疾患感受性遺伝子の決定は極めて困難であった。

近年、罹患同胞対法による全染色体ゲノムスキャンにより、CIの疾患感受性遺伝子領域が染色体5q12であることが報告され(非特許文献1参照)、この領域(locus)は「STRK1」と名付けられた。

その後、STRK1領域内のPDE4D遺伝子が解析され、PDE4D遺伝子が感受性遺伝子であることが報告された(非特許文献2参照)。

しかし、罹患同胞対法による連鎖解析では、ピークを示した遺伝子マーカーの部位に限らず、同じ領域内の異なる場所にも、疾患感受性や疾患原因に関係する変異及び多型が存在することがあるにも関わらず、上記遺伝子解析では、STRK1領域内のPDE4D以外の遺伝子については検討されていない。また、上記遺伝子解析は白人を被験者としたものであり、他の遺伝的背景を有する被験者でも同様の解析結果となるかは全く不明である。

そのため、上記遺伝子解析により決定した多型を利用するCIの判定は、まだ十分に信頼性の高いものとは言えず、またこのことは、日本人を被験者とする場合により顕著なものになると考えられる。
【非特許文献1】
Solveig Gretarsdottir et al., Am. J. Hum. Genet., 70, p.593-603, 2002
【非特許文献2】
Solveig Gretarsdottir et al., Nature Genetics, 35, p.131-138, 2003

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、脳梗塞であることを判定する方法に関する。詳しくは、遺伝子多型を利用した脳梗塞の遺伝的要因の有無を判定する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
STRK1領域内の遺伝子多型により構成されるハプロタイプの検出結果と、個体の脳梗塞症状の有無とを関連づける、脳梗塞の遺伝的要因の有無の判定方法であって、
前記遺伝子多型が表1又は表2に示されるものであり、かつ前記ハプロタイプが表3及び表4に示されるものから選ばれる少なくとも1つであり、
検出されたハプロタイプが、表3及び表4中のNo. 1、3又は4のハプロタイプであるときは遺伝的に脳梗塞が発症しにくいと判定し、表3及び表4中のNo. 2、5又は6のハプロタイプであるときは遺伝的に脳梗塞が発症しやすいと判定することを特徴とする、
前記判定方法。

【請求項2】
 
STRK1領域内の遺伝子多型により構成されるハプロタイプの検出結果に基づいて、脳梗塞の遺伝的要因の有無を判定する方法であって、
前記遺伝子多型が表1又は表2に示されるものであり、かつ前記ハプロタイプが表3及び表4に示されるものから選ばれる少なくとも1つであり、
検出されたハプロタイプが、表3及び表4中のNo. 1、3又は4のハプロタイプであるときは遺伝的に脳梗塞が発症しにくいと判定し、表3及び表4中のNo. 2、5又は6のハプロタイプであるときは遺伝的に脳梗塞が発症しやすいと判定することを特徴とする、
前記判定方法。

【請求項3】
 
前記脳梗塞が脳血栓である、請求項1又は2記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close