Top > Search of Japanese Patents > STAND-AND-METERING IMPLEMENT

STAND-AND-METERING IMPLEMENT

Patent code P120006995
File No. 2005000106
Posted date Mar 23, 2012
Application number P2006-073230
Publication number P2007-248306A
Patent number P4859209
Date of filing Mar 16, 2006
Date of publication of application Sep 27, 2007
Date of registration Nov 11, 2011
Inventor
  • (In Japanese)渡部 敏
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title STAND-AND-METERING IMPLEMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a stand-and-metering implement provided with highly practical convenience having both functions as a stand of a storage container and a metering implement with a magnifying glass for solution C or the like put in the storage container B such as a test tube.
SOLUTION: The stand-and-metering implement A includes a cylinder body 1 of which a whole is transparent, a vertical hole 2 formed in the center of the cylinder body 1, and a scale 3 formed on the inner face of the vertical hole 2. The whole transparent cylinder body 1 has a lens effect, and has a function as the magnifying glass in lateral view for the solution or the like in the vertical hole 2. The vertical hole 2 statically stably sets the storage container at standing attitude.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

試験管のような円筒容器は垂直に立てた状態で保管したり移動したりする必要があり、そのために、例えば特許文献1や特許文献2に記載されるような専用のスタンドが用いられている。また、化学実験等において試験管内に貯留した溶液の容量を計量することが必要な場合には、別途、ピペット等を用いて試験管内の溶液を取り出して計量するか、当初から計量目盛り付き試験管をスタンドに垂直に立てた状態で、溶液を貯留することが行われる。さらに、試験管内の溶液の性状あるいは反応等をスタンドに垂直に立てた静置の状態で観察する場合は、肉眼的に、またはルーペを用いて観察している。

計量コップに規定量の液体を注入できるようにしたスタンド兼計量具が特許文献3に記載されている。これは、スタンドの水平な主体部に計量コップを静置できる凹陥部を設けておき、該凹陥部に計量コップを置き、凹陥部の上周縁位置まで液体を注入すれば、規定量だけの溶液を計量できるというものである。

【特許文献1】
特開平11-123335号公報
【特許文献2】
特開2002-346404号公報
【特許文献3】
特開2004-53565号公報

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
試験管のような円筒形の貯留容器に貯留される溶液等の容量や性状を拡大した状態で計量および観察することができるスタンドを兼ねた計量具であり、側面視でレンズ効果を奏することのできる全体が透明な円筒体本体と、該円筒体本体の中央に形成された前記貯留容器を安定的に支持できるよう使用する貯留容器の直径に応じて直径が設定された円筒形の縦穴と、該縦穴の内面に形成された目盛りとを有することを特徴とするスタンド兼計量具。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006073230thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close