Top > Search of Japanese Patents > TOOL FOR IN VITRO WOUND HEALING ASSAY OR METHOD FOR PREPARING WOUND

TOOL FOR IN VITRO WOUND HEALING ASSAY OR METHOD FOR PREPARING WOUND

Patent code P120007017
File No. 2009000042
Posted date Mar 23, 2012
Application number P2009-212903
Publication number P2011-062087A
Patent number P5429865
Date of filing Sep 15, 2009
Date of publication of application Mar 31, 2011
Date of registration Dec 13, 2013
Inventor
  • (In Japanese)山口 洋子
  • (In Japanese)大島 光宏
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title TOOL FOR IN VITRO WOUND HEALING ASSAY OR METHOD FOR PREPARING WOUND
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a tool for in vitro wound healing assay or a method for preparing wound.
SOLUTION: The tool for in vitro wound healing assay is created comprising: a tool for preparing wound; or the tool for preparing wound and a guide for preparing wound. The method for preparing wound in which uniform wound parts are prepared is developed by the use of the tool for in vitro wound healing assay.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

生体外創傷治癒試験(in vitro wound healing assay)は、創傷治癒に有用な物質のスクリーニング等を目的として行われている。
この試験にあたり、従来は、シャーレやフラスコなどで培養した細胞や組織をピペットのチップ先端等で引っ掻いて傷(scratch wound)をつけ、創傷部分を作製するのが主であった(例えば、特許文献1、2参照)。しかし、この方法では、均一な創傷部分を作成することができず、生体外創傷治癒試験においても均一な結果が得られない等の問題があった。

そこで、均一な創傷治癒試験を可能にすることを目的として、創傷治癒アッセイプレート(CytoSelectTM 24-Well創傷治癒アッセイ;CELL BIOLABS,INC社)が販売されている。このプレートは、プレートの一定範囲をインサートで事前に塞いでおき、それ以外の領域に細胞を加え単一層になるまで培養した後、インサートを取り出すことで生じる細胞が存在しない一定範囲の幅を創傷部分としたものである。
しかし、このプレートは高価である上に、実際に細胞や組織に創傷を与えたものではないため、厳密な創傷治癒試験ができるとは言い難い。

また、細胞培養および組織培養の分野において、シャーレやフラスコなどで培養した細胞や組織を掻き取る道具として、セルスクレーパーが開発されているが(例えば、特許文献3、4参照)、これらの道具は、細胞をまとめて掻き取るものであり、細胞や組織に創傷を与えることを目的としていない。従って、セルスクレーパーを用いたところで均一な創傷を作成するのは容易ではなく、そのまま流用することができなかった。そこで、均一な創傷を作成できる生体外創傷治癒試験用用具の提供が望まれていた。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、生体外創傷治癒試験用用具に関する。更に詳しくは、シャーレやフラスコなどで培養した細胞や組織を用いて創傷治癒試験を行うにあたり、細胞や組織に創傷を与えるために使用する生体外創傷治癒試験用用具に関する。また本発明は、本発明の生体外創傷治癒試験用用具を用いた創傷作製方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
細胞に均一な創傷部分(8)を作製するための定規部分(6)および前記定規部分を支持するための創傷作製支持部分(7)を有する創傷作製用ガイド(5)とともに用いられる生体外創傷治癒試験用用具であって、
先端部分に1.0~7.0mmの幅を有するブレード(2)が、ブレード支持体(3)によって、棒状の柄(4)に保持されている創傷作製用用具(1)を含み、かつ、
ブレード(2)が、デュロメータータイプA(ショアA型)において65-80の硬度を示すゴム状弾性体材料からなり、
棒状の柄(4)が、四角柱である、
前記生体外創傷治癒試験用用具

【請求項2】
 
棒状の柄(4)が、凹み部分を有する請求項1に記載の生体外創傷治癒試験用用具。

【請求項3】
 
ブレード(2)の幅が1.5~2.5mmであり、24穴プレート用である、請求項1または2に記載の生体外創傷治癒試験用用具。

【請求項4】
 
ブレード(2)の幅が3.0~7.0mmの幅であり、12穴プレート用である、請求項1または2に記載の生体外創傷治癒試験用用具。

【請求項5】
 
さらに、細胞に均一な創傷部分(8)を作製するための定規部分(6)および前記定規部分を支持するための創傷作製支持部分(7)を有する創傷作製用ガイド(5)、を含む請求項1~4のいずれかに記載の生体外創傷治癒試験用用具。

【請求項6】
 
次の1)~4)の工程を含む創傷作製方法、
1)細胞を増殖させた細胞の培養容器に、細胞に均一な創傷部分(8)を作製するための定規部分(6)および前記定規部分を支持するための創傷作製支持部分(7)を有する創傷作製用ガイド(5)を載せる工程
2)請求項1~5のいずれかに記載の創傷作製用用具(1)を、細胞を増殖させた細胞培養容器に入れる工程
3)創傷作製用ガイド(5)の定規部分(6)に創傷作製用用具(1)の柄(4)を沿わせる工程
4)創傷作製用用具(1)のブレード(2)を増殖させた細胞の表面に接し、創傷作製用用具(1)を創傷作製用ガイド(5)の定規部分(6)に沿って上から下に移動させることで細胞を掻き取り、創傷部分(8)を作製する工程
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close