Top > Search of Japanese Patents > HIGH REFRACTIVE INDEX THERMOPLASTIC ORGANIC-INORGANIC HYBRID MATERIAL AND PRODUCTION METHOD THEREOF

HIGH REFRACTIVE INDEX THERMOPLASTIC ORGANIC-INORGANIC HYBRID MATERIAL AND PRODUCTION METHOD THEREOF meetings

Patent code P120007056
File No. 343
Posted date Mar 26, 2012
Application number P2011-285427
Publication number P2013-133430A
Patent number P5923816
Date of filing Dec 27, 2011
Date of publication of application Jul 8, 2013
Date of registration Apr 28, 2016
Inventor
  • (In Japanese)幸塚 広光
  • (In Japanese)内山 弘章
  • (In Japanese)小田 進也
Applicant
  • (In Japanese)学校法人関西大学
Title HIGH REFRACTIVE INDEX THERMOPLASTIC ORGANIC-INORGANIC HYBRID MATERIAL AND PRODUCTION METHOD THEREOF meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a material having a high refractive index and a thermoplasticity.
SOLUTION: A high refractive index thermoplastic organic-inorganic hybrid material includes: a metalloxane polymer; and a chelate compound (βdiketone and the like) which can be coordinated to a metal atom (one or more selected from among titanium, zirconium and zinc) included in the metalloxane polymer. The high refractive index thermoplastic organic-inorganic hybrid material is characterized in that the chelate compound is coordinated to the metal atom and the chelate compound before coordination is a solid at 25°C.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

前記の各デバイス分野では光路を制御するために、高い屈折率と、キャスティング(鋳造)による成形を可能とする熱可塑性を兼ね備えた材料が望まれている。そのような材料の実現を目指して従来より、有機高分子をマトリックスあるいはバインダーとし、チタニアやジルコニアなどの高屈折率の金属酸化物の微粒子を分散させる(特許文献1)、有機高分子と、高屈折率のメタロキサンポリマーあるいは金属酸化物ナノ粒子を複合化させる(非特許文献1、2)などの技術が知られている。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、高屈折率熱可塑性光学材料とその製造方法に関する。この高屈折率熱可塑性光学材料は、発光デバイス、光学デバイス、電子デバイスなどの分野で好適に利用されうる。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
メタロキサンポリマーと、このメタロキサンポリマー中の金属原子に対して配位可能なキレート化合物とを備え、メタロキサンポリマーの金属原子に前記キレート化合物が配位しており、配位前の前記キレート化合物が25℃で固体であることを特徴とする高屈折率熱可塑性光学材料。

【請求項2】
 
前記金属原子がチタン、ジルコニウム及び亜鉛のうちから選ばれる一種以上である請求項1に記載の光学材料。

【請求項3】
 
前記キレート化合物がβジケトン、カルボン酸、またはエチレンジアミン誘導体である請求項1に記載の光学材料。

【請求項4】
 
金属塩、有機溶剤、25℃で固体であるキレート化合物及び水を含む溶液からなる高屈折率熱可塑性光学材料前駆体溶液。

【請求項5】
 
前記金属塩が金属アルコキシド、金属硝酸塩、金属塩化物塩、金属カルボン酸塩又はそれらの組み合わせである請求項4に記載の溶液。

【請求項6】
 
前記金属塩が金属アルコキシドまたは金属酢酸塩である請求項4に記載の溶液。

【請求項7】
 
前記キレート化合物がβジケトン、カルボン酸、またはエチレンジアミン誘導体である請求項4に記載の溶液。

【請求項8】
 
前記キレート化合物がβジケトンまたはエチレンジアミン誘導体であって、そのカルボニル基の炭素及びアミノ基の窒素が環状構造の構成要素ではない請求項4に記載の溶液。

【請求項9】
 
前記金属塩とキレート化合物のモル比が1:1.0~2.5である請求項4に記載の溶液。

【請求項10】
 
請求項4に記載の溶液を濃縮することにより粘性を上げ、成形した後、前記キレート化合物の融点よりも高く沸点よりも低い温度で加熱することを特徴とする高屈折率熱可塑性光学材料の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011285427thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close