Top > Search of Japanese Patents > TEST AGENT FOR MEASURING METABOLIC FUNCTION BY MOLECULAR IMAGING

TEST AGENT FOR MEASURING METABOLIC FUNCTION BY MOLECULAR IMAGING

Patent code P120007149
File No. 2011-060
Posted date Apr 2, 2012
Application number P2012-044231
Publication number P2013-180959A
Patent number P6124273
Date of filing Feb 29, 2012
Date of publication of application Sep 12, 2013
Date of registration Apr 14, 2017
Inventor
  • (In Japanese)川井 恵一
  • (In Japanese)玉井 郁巳
  • (In Japanese)國嶋 崇隆
  • (In Japanese)中西 猛夫
  • (In Japanese)小林 正和
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title TEST AGENT FOR MEASURING METABOLIC FUNCTION BY MOLECULAR IMAGING
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a test agent capable of noninvasively measuring a metabolic function in a biological tissue.
SOLUTION: Provided is a test agent for measuring a metabolic function by molecular imaging, containing a compound that changes into a radioactive metabolite, fluorescent metabolite, paramagnetic metabolite, or magnetic resonance metabolite to be easily excreted from the tissue by the action of an enzyme existing in vivo.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

分子イメージングとは、生体内での分子プロセスの可視化に関する基礎的・臨床的研究及び開発された可視化手法を利用する応用研究及びそれらの方法の総称であり、生物が生きた状態のままで外部から生体内の遺伝子やタンパク質などの様々な分子の挙動を観察するために、例えば、ポジトロン断層撮影法(Positron Emission Tomography, PET)、単一光子放射断層撮影法(Single Photon Emission Computed Tomography, SPECT)、近赤外光画像法(Near Infrared Imaging, NIRI)や核磁気共鳴画像法(Magnetic Resonance Imaging, MRI)、化学シフト画像法(Chemical Shift Imaging, CSI)として利用されている。

非特許文献1には、胆管腔を形成するサンドイッチ培養肝細胞(SCH)を用いた薬物排出トランスポーターMRP2輸送活性の評価法として、細胞内で加水分解されてMRP2蛍光基質5 (and 6)-carboxy-2’,7’-dichlorofluorescein(CDF)へ変換されるCDF Diacetate(CDFDA)を用いた薬物排出トランスポーターMRP2の輸送機能の定量的可視化法(Quantitative Time-Lapse Imaging, QTLI)が記載されている。

しかしながら、非特許文献1は、MRP2輸送機能の定量的可視化を意図しているだけで、分子イメージングによる代謝機能の測定までは意図していない。

放射性医薬品として用いられているN-ピリドキシル-5-メチルトリプトファンテクネチウム注射液(99mTc-PMT)注射液は、肝胆道系の機能が正常の場合、静脈内に注射されると速やかに血液中から消失してその大部分が肝臓に集積し、次いで胆道系を経て腸管内に排泄され、一方、肝胆道系に種々の疾患や機能障害がある場合、その程度に応じて肝臓集積低下や腸管内排泄遅延など異常動態が観察でき、肝胆道系疾患及び機能の診断に有用である(非特許文献2~4)。

同様にMRI造影剤として用いられている常磁性のガドキセト酸ナトリウム(Gd-EOB-DTPA)は、静脈内へ投与後、血管内及び細胞間隙に非特異的に分布した後、肝細胞に特異的に取り込まれるため、ダイナミック撮像による血流評価及び肝細胞機能の評価に有用である。この製剤も健康成人に静脈内投与したとき、約40%が胆汁を経由して糞中に排泄されるが、血清中及び胆汁、尿試料を分析した結果、代謝物は認められていない(非特許文献5)。

しかしながら、従来生体内に投与されていた放射性医薬品あるいはMRI造影剤は、その作用・効果を奏するためには、代謝されないことが前提であり、これまで、それらの画像診断薬由来の代謝物の分析を目的に検査することはほとんど行われていない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、分子イメージングにより代謝機能を測定するための検査薬に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
15-(4-ヨードフェニル)-3(R、S)-メチルペンタデカン酸(123I)、11C-パルミチン酸及び123I-ヘプタデカン酸のC1-6アルキルエステル、並びに125I標識イオマゼニルから選ばれるエステル化合物を含有する、分子イメージングにより、肝エステラーゼによるエステル基の加水分解機能を測定するための検査薬。

【請求項2】
 
前記エステル化合物が125I標識イオマゼニルである請求項1記載の検査薬。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012044231thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close