Top > Search of Japanese Patents > CHANGE EVALUATION METHOD FOR SAMPLE CONTAINING BIOGENIC MOLECULE AND OTHER AQUEOUS ORGANIC POLYMER, AND MICROWAVE CAVITY RESONATOR USED FOR THE METHOD

CHANGE EVALUATION METHOD FOR SAMPLE CONTAINING BIOGENIC MOLECULE AND OTHER AQUEOUS ORGANIC POLYMER, AND MICROWAVE CAVITY RESONATOR USED FOR THE METHOD

Patent code P120007163
File No. FU409
Posted date Apr 3, 2012
Application number P2010-272436
Publication number P2012-122795A
Patent number P5737743
Date of filing Dec 7, 2010
Date of publication of application Jun 28, 2012
Date of registration May 1, 2015
Inventor
  • (In Japanese)泉 佳伸
  • (In Japanese)松尾 陽一郎
  • (In Japanese)砂川 武義
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title CHANGE EVALUATION METHOD FOR SAMPLE CONTAINING BIOGENIC MOLECULE AND OTHER AQUEOUS ORGANIC POLYMER, AND MICROWAVE CAVITY RESONATOR USED FOR THE METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a change evaluation method, by which change in a structure of an aqueous sample can be accurately measured by a simple method in a short time without requiring a pretreatment or a reagent.
SOLUTION: The change evaluation method irradiates a sample containing biogenic molecules and other aqueous organic polymers with a microwave, detects the microwave dielectric absorption behavior of the sample absorbing the microwave, and thereby evaluates change in the structure of the sample. The method includes preparing a microwave generation source generating a microwave in a frequency range from an L-band to an S-band, placing the sample at the center of an electric field generated by the microwave radiating from the microwave generation source, and detecting the microwave dielectric absorption behavior of the sample absorbing the microwave.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

例えば、生細胞の遺伝的情報のキャリアであるDNAの分子構造が、熱、薬品、ストレス、活性酸素、紫外線、放射線等により変化した場合、この変化を評価する方法として、従来より、ゲル電気泳動法、コメットアッセイ法の他、ポリメラーゼ複製連鎖反応を利用したPCR法又はシーケンス解析を利用した遺伝子塩基配列解析法などが知られている。
しかし、上記した従来の方法は、複雑な前処理が必要であったり、薬品の使用が必要になってコスト高になるという問題がある。また、ゲル電気泳動法は感度が低く、DNAに生じた僅かな変化を検出することは困難であるという問題があり、コメットアッセイ法は、結果が得られるまでに長時間を要するという問題がある。

そこで、これら方法の問題を解決するための提案が種々なされていて、例えば、特許文献1では、核酸の塩基配列を蛍光色素やラジオアイソトープなどの標識なしで解析することができる遺伝子検出用電界効果デバイスを用いた核酸の塩基配列解析方法が提案されている。また、特許文献2では、正確な塩基配列決定を可能にするゲル電気泳動法が提案され、特許文献3では、精度良くかつ迅速にコメットアッセイの評価ができるコメットアッセイ解析方法が提案されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、DNA等の生体由来分子やその他の含水性有機高分子を含む試料にマイクロ波を照射し、マイクロ波誘電吸収法により、前記試料の損傷や変性,変形などの構造変化を評価する変化評価方法及びこの方法に用いられるマイクロ波空洞共振器に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
生体由来分子その他の含水性有機高分子を含む試料にマイクロ波を照射し、このマイクロ波を吸収した前記試料のマイクロ波誘電吸収挙動を検出することで、前処理や試薬処理,溶媒置換を施さずに前記試料の構造の変化の評価を可能にする変化評価方法であって、
0.5GHz~4GHzの周波数帯のマイクロ波を発生させるマイクロ波発生源を準備し、
このマイクロ波発生源から照射されたマイクロ波が導かれるマイクロ波空洞共振器内の前記マイクロ波の電場の中心に前記試料を配置し、
前記試料がマイクロ波を吸収することによってマイクロ波誘電吸収挙動を検出し、前記試料の誘電損失変化量と前記マイクロ波空洞共振器内の共振周波数の変化量との比例関係から前記試料の変化評価を行うこと、
を特徴とする生体由来分子その他の含水性有機高分子を含む試料の変化評価方法。

【請求項2】
 
前記マイクロ波の周波数帯が0.8GHz~2.5GHzであることを特徴とする請求項1に記載の生体由来分子その他の含水性有機高分子を含む試料の変化評価方法。

【請求項3】
 
前記生体由来分子がDNA,タンパク質又は糖であることを特徴とする請求項1又は2に記載の生体由来分子その他の含水性有機高分子を含む試料の変化評価方法。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010272436thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close