Top > Search of Japanese Patents > BONE DENSITY IMPROVER, ANTI-OSTEOPOROSIS DRUG AND ANTI-OSTEOPOROSIS FOOD

BONE DENSITY IMPROVER, ANTI-OSTEOPOROSIS DRUG AND ANTI-OSTEOPOROSIS FOOD

Patent code P120007185
File No. 2004-058
Posted date Apr 4, 2012
Application number P2005-065134
Publication number P2006-248936A
Patent number P4923236
Date of filing Mar 9, 2005
Date of publication of application Sep 21, 2006
Date of registration Feb 17, 2012
Inventor
  • (In Japanese)米田 幸雄
  • (In Japanese)檜井 栄一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title BONE DENSITY IMPROVER, ANTI-OSTEOPOROSIS DRUG AND ANTI-OSTEOPOROSIS FOOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a bone density improver, an anti-osteoporosis drug, and an anti-osteoporosis food which are useful in preventing the bone density from lowering in the diseases of bone metabolism such as osteoporosis.
SOLUTION: The bone density improver has pyruvic acid or its pharmaceutically acceptable salt as an active ingredient. The anti-osteoporosis drug has pyruvic acid or its pharmaceutically acceptable salt as an active ingredient.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

閉経後の女性や高齢の男性に多い骨粗鬆症は、骨形成を担う骨芽細胞と骨吸収を担う破骨細胞による骨リモデリングのバランス崩壊に起因するとされており、骨密度の低下によって骨が脆くなり、脊髄、大腿部、頸部などが骨折しやすくなる疾患であることはよく知られた事実である。現在、その治療薬には、カルシウム代謝に関与するカルシトニン、女性ホルモン、活性化ビタミンD3などが用いられている。

近年、骨代謝性疾患のメカニズムの解明や予防・治療方法の探索が進むにつれ、骨代謝に関わる生体反応に対し、様々な物質が様々な態様で作用することが明らかにされつつある。本発明者らも、これまでの研究において、ピルビン酸が欠如した培養条件下にあるラット頭蓋冠由来初代培養骨芽細胞が、特定転写制御因子のDNA結合能上昇に起因する細胞死に至ること、ピルビン酸が当該細胞の細胞死に対する保護効果を有することなどを見出し、既にその報告を行っている(非特許文献1)。
【非特許文献1】
Eiichi Hinoi, Sayumi Fujimori, Akihiro Takemori, Yukio Yoneda, Cell death by pyruvate deficiency in proliferative cultured calvarial osteoblasts, Biochemical and Biophysical Research Communications 294 (2002) 1177-1183

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、骨粗鬆症などの骨代謝性疾患における骨密度の低下の予防・治療に有用な骨密度向上剤、抗骨粗鬆症薬および抗骨粗鬆症食品に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ピルビン酸またはその薬学上許容される塩(但しピルビン酸カルシウムを除く)を有効成分とすることを特徴とする骨密度向上剤。

【請求項2】
 
ピルビン酸またはその薬学上許容される塩(但しピルビン酸カルシウムを除く)を有効成分とすることを特徴とする抗骨粗鬆症薬。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005065134thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close