Top > Search of Japanese Patents > BODY INFORMATION TRANSMITTER

BODY INFORMATION TRANSMITTER

Patent code P120007247
File No. T2011-027
Posted date Apr 6, 2012
Application number P2011-190992
Publication number P2013-055423A
Patent number P5867848
Date of filing Sep 1, 2011
Date of publication of application Mar 21, 2013
Date of registration Jan 15, 2016
Inventor
  • (In Japanese)柴 建次
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title BODY INFORMATION TRANSMITTER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To efficiently transmit information acquired inside a body to outside of the body with consideration of influence on human body and without increasing the device size.
SOLUTION: A transmission unit 20 comprising a transmission power source 21 and a pair of transmission electrodes 22a and 22b is arranged inside a body. The transmission electrodes 22a and 22b are electrically connected with the transmission power source 21, are positioned across the transmission power source, and are covered entirely or partially with an insulating film 23. The transmission part 20 generates an electric field by acting like a dipole antenna utilizing surrounding biological tissue. A reception unit 40 receives the electric field generated by the transmission unit 20 and propagated inside the body and detects a reception signal voltage between a pair of reception electrodes 41a and 41b arranged on a body surface by acting like a loop antenna utilizing the biological tissue between the reception electrodes 41a and 41b together with the reception electrodes 41a, 41b and a wire 43 electrically connecting between the reception electrodes 41a and 41b.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、医療機器の発展に伴いカプセル内視鏡や人工心臓、ペースメーカー、神経刺激装置など数多くの体内に埋め込む医療デバイスの研究及び開発が進められている。これらの体内埋め込み機器は、体内で得た情報を体外に送る必要がある。カプセル内視鏡などによって撮影された写真などの情報は機器本体から無線で体外の受信機に送られるが、通信の際の消費電力が大きいと大容量のバッテリーが必要となり、その結果、機器の大型化につながる。そのため、できる限り小さな消費電力で通信を行うことが望まれる。

従来、人体を伝送媒体として利用した人体通信の技術が提案されている。例えば、体内の脂肪の部分に螺旋状の送信用ダイポールアンテナを埋め込み、体外にある受信電極に対して情報等を送る技術や、マグネチックループアンテナを体内深部の膵臓付近に埋め込むことで通信する技術などが提案されている(例えば、非特許文献1及び2参照)。

また、体内で使用される電子機器等に非接触で電力を供給する非接触電力伝送システムが提案されている(例えば、特許文献1参照)。特許文献1の技術では、カプセルの外面に一対の体内電極を配置し、カプセル内に電子機器を封入し、体内に配置する。そして、体表面に体内電極と誘電結合する一対の体外電極を装着し、体外電極に交流電圧を印加することにより、体内電極に交流電圧を誘起させている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、体内情報伝送装置に係り、特に、体内で取得された情報を体外に送信するための体内情報伝送装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
送信電源、及び該送信電源と電気的に接続されて該送信電源を挟むように配置され、かつ各々の全体または一部が絶縁体で覆われた複数の送信電極を含み、体内に配置された状態で電界を発生させる送信手段と、
体表面に配置される一対の受信電極、前記一対の受信電極間を電気的に接続するワイヤ、及び前記送信手段から発生された電界により前記一対の受信電極間に生じる電位差を検出する検出部を含む受信手段と、を含み、
前記送信手段が配置された体内の生体組織の種類、及び人体のサイズの少なくとも一方に応じて、前記電位差、及び前記送信電源の電力に対する前記電位差で表される伝送効率の少なくとも一方が最大となるように、前記ワイヤの長さ、前記絶縁体の種類、前記絶縁体の厚さ、前記検出部の抵抗値、前記受信電極の平面視面積、及び前記送信電極の平面視面積の各々を定めた
内情報伝送装置。

【請求項2】
 
前記送信手段は、前記複数の送信電極として、3つ以上の送信電極を含み、前記3つ以上の送信電極の中から2つの送信電極を時分割で順次選択しながら電界を発生させる請求項1記載の体内情報伝送装置。

【請求項3】
 
送信電源、及び該送信電源と電気的に接続されて該送信電源を挟むように配置され、かつ各々の全体または一部が絶縁体で覆われた3つ以上の送信電極を含み、体内に配置された状態で、前記3つ以上の送信電極の中から2つの送信電極を時分割で順次選択しながら電界を発生させる送信手段と、
体表面に配置される一対の受信電極、及び前記送信手段から発生された電界により前記一対の受信電極間に生じる電位差を検出する検出部を含む受信手段と、
を含む体内情報伝送装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011190992thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close