Top > Search of Japanese Patents > NEW THIOETHER DERIVATIVE, PRODUCTION METHOD THEREOF AND USAGE THEREOF

NEW THIOETHER DERIVATIVE, PRODUCTION METHOD THEREOF AND USAGE THEREOF commons achieved foreign

Patent code P120007264
File No. 00-AR
Posted date Apr 9, 2012
Application number P2001-353972
Publication number P2002-220468A
Patent number P3653535
Date of filing Nov 20, 2001
Date of publication of application Aug 9, 2002
Date of registration Mar 11, 2005
Priority data
  • P2000-358444 (Nov 24, 2000) JP
Inventor
  • (In Japanese)三木 秀樹
  • (In Japanese)中浜 龍夫
  • (In Japanese)横山 士吉
  • (In Japanese)益子 信郎
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人情報通信研究機構
Title NEW THIOETHER DERIVATIVE, PRODUCTION METHOD THEREOF AND USAGE THEREOF commons achieved foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new dendrimer compound, for example useful as a switch-functional material, which responses through luminescence as soon as receiving a stimulus by optical or electric energy.
SOLUTION: The dendrimer compound has, as essential constituents, a core, a dendritic structure, composed of a unit 1 expressed by the following formula, and a surface functional group (a ring A denotes a homo- or hetero-six- membered ring).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

デンドリマー化合物は、特異な高分子構造を有し、広範囲な分野への応用が期待されている。デンドリマー化合物は中心のコア(核)と、規則的正しい枝分かれ(ユニット)を繰り返して構成される樹状構造と最外層に配置される表面官能基とが三次元的に展開する特異な化学構造を有し、例えばナノ科学、通信科学、電子材料科学、医学、薬学、生物学、界面科学、材料科学等の分野で多くの研究がなされている(VCH出版会社1996年発行の「Dendritic Molecules」、1998年6月現代化学第20~40頁「デンドリマーの分子設計」、「デンドリマ-の多彩な機能」、高分子47巻11月号(1998年)「デンドリマーの非線形光学材料への応用」)。デンドリマーの科学は1990年半ばころから脚光を浴び研究数が増えてきた最新の科学といえる。
又、例えば医薬・農薬への利用(特開平7-330631)、太陽電池、電子写真感光体への利用(特開平11-40871)、電子材料への利用(特開平11-171812)、液晶への利用(特開2000-264965)、塗料、インキへの利用(特開平11-140180)、蛍光性樹脂シートへの利用(特開平11-323324)、検出又は定量方法への利用(特開平11-218494)、生物応答調節剤への利用(特表平8-510761)等、種々の産業上利用可能な発明が提供されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、新規チオエーテル誘導体、その製造方法及び用途、特にS含有デンドリマー及びその合成中間体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
コアと、下記式;
【化1】
 
(省略)
〔式中、環Aはベンゼン環を表す。〕
で表されるユニット1からなる樹状構造と、表面官能基とを必須構成要素として含有することを特徴とするデンドリマー化合物。

【請求項2】
 
コアと、請求項1に記載のユニット1及び下記式;
【化2】
 
(省略)
〔式中、環Aはベンゼン環を表す。〕
で表されるユニット2又は/及び下記式;
【化3】
 
(省略)
〔式中、環Aはベンゼン環を表す。〕
で表されるユニット3からなる樹状構造と、表面官能基とからなることを特徴とするデンドリマー化合物。

【請求項3】
 
コアと、請求項1に記載のユニット1からなる部分樹状構造、請求項2に記載のユニット2からなる部分樹状構造及び請求項2に記載のユニット3からなる部分樹状構造のうち2種以上部分樹状構造を有する樹状構造と表面官能基とからなることを特徴とするデンドリマー化合物。

【請求項4】
 
樹状構造の世代数が2~10であって、樹状構造が、請求項1に記載のユニット1からなる世代と、請求項2に記載のユニット2からなる世代又は/及び請求項2に記載のユニット3からなる世代とから構成されていることを特徴とする請求項1~2のいずれかに記載のデンドリマー化合物。

【請求項5】
 
ユニット1、ユニット2及びユニット3の環Aが、ベンゼン環であることを特徴とする請求項1~4に記載のデンドリマー化合物。

【請求項6】
 
表面官能基が、置換されていてもよいアルキル基、置換されていてもよいアラルキル基、アルコキシ基、アルキルカルボキシル基、第四アンモニウム基であることを特徴とする請求項1~5に記載のデンドリマー化合物。

【請求項7】
 
表面官能基が、t-ブチル基である請求項6に記載のデンドリマー化合物。

【請求項8】
 
コアが発色官能基であることを特徴とする請求項1~7に記載のデンドリマー化合物。

【請求項9】
 
コアがローダミン色素、キナゾリン、ペリレン(perylene)、アゾ化合物、2,5-ジヒドロキシ安息香酸メチルエステル、ポルフィリン、4,4’-ジヒドロキシビフェニル、1-(4,4’,4”-トリヒドロキシフェニル)エタンおよびクマリン誘導体から選ばれる化合物の残基であることを特徴とする請求項1~7に記載のデンドリマー化合物。

【請求項10】
 
下記式;
【化4】
 
(省略)
〔式中、環Aは、
【化5】
 
(省略)
を表される環であって、結合手が延びている位置に置換基B、置換基C及び置換基Dを有し、上記環の結合手以外の位置は置換されていてもよく、
置換基Bは、-S(O)nR1
{式中、nは0を表し、R1はアルカリ金属、水素、アルキル基、カルバモイル基又はチオカルバモイル基を表す。}
を表し、
置換基Cは、X1R2
{式中、X1は酸素原子又は硫黄原子を表し、R2はアルカリ金属、水素、アルキル基、カルバモイル基又はチオカルバモイル基を表す。}
を表し、
置換基Dは、X2R3〔式中、X2はメチレン基、カルボニル基又はチオカルボニル基を表し、R3は水酸基又はメルカプト基(但し、X2がカルボニル基でR3が水酸基である場合を除く)を表す。〕
で表されるチオ化合物。

【請求項11】
 
3,5-ジメルカプトベンジルアルコール。

【請求項12】
 
3,5-ジメルカプトベンジルメルカプタン。

【請求項13】
 

【化6】
 
(省略)
〔式中、R1及びR2はそれぞれ(1)アルカリ金属、(2)水素原子、(3)アルキル基、又は(4)式
【化7】
 
(省略)
で表されるジ置換カルバモイル基又はチオカルバモイル基を表す。ここで、R7はアルキル基を表し、Zは酸素原子もしくは硫黄原子を表す。
nは0を、Xは酸素原子又は硫黄原子を表す。
R3及びR4は水素原子を表すか、もしくはR3及びR4で結合を形成してケトン基もしくはチオケトン基を形成していてもよい。更に、C、R3、R4及びR5でシアノ基を形成していてもよいことを表す。
R5は(1)水酸基、(2)メルカプト基、(3)アルキル基、(4)アルコキシ基又は(5)チオアルコキシ基を表す。
R6は水素を意味する。〕で表される化合物又はその塩。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close