Top > Search of Japanese Patents > ULTRAVIOLET LIGHT-DECOMPOSABLE COMPOUND

ULTRAVIOLET LIGHT-DECOMPOSABLE COMPOUND commons

Patent code P120007280
File No. T2004-077
Posted date Apr 10, 2012
Application number P2005-026191
Publication number P2006-213615A
Patent number P4669704
Date of filing Feb 2, 2005
Date of publication of application Aug 17, 2006
Date of registration Jan 21, 2011
Inventor
  • (In Japanese)青木 伸
  • (In Japanese)桜間 和紗
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title ULTRAVIOLET LIGHT-DECOMPOSABLE COMPOUND commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new compound expected to have various uses, such as formation of a letter or a picture, by being subjected to patterning, and decomposable by ultraviolet light.
SOLUTION: This compound is expressed by formula (I) (R1 is an aryl which may be substituted, an alkyl or a heterocyclic group; R is H, a halogen, sulfonylamide, an amino which may be substituted, an aminosufonyl, an alkyl or an aryl; R2, R3, R4, R5 and R6 are each H, a halogen, hydroxy, sulfonylamide, nitro, an amino which may be substituted, an aminosufonyl, an alkyl or an aryl; provided that R2 and any one of R3 to R6 may combine with each other and form a ring).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

紫外線を照射することにより、分解又は構造変化する化合物はいくつか知られており、これらは、パターニングすることで、文字や画像を形成することができる(例えば、特許文献1参照)等種々の用途が考えられる。
しかしながら、従来のこのような化合物は、必ずしも十分に満足なものではなかった。
【特許文献1】
特開2004-91375号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、紫外線照射により、分解する新規化合物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記式(II)で表される化合物。
【化1】
 
(省略)
[式(II)中、R1は、置換基を有していてもよいアリール、アルキル又はヘテロ環基を示し、Rは、水素原子、ハロゲン原子若しくはスルホニルアミド基、又は置換基を有していてもよいアミノ、アルキル若しくはアリール基を示し、R4は、置換基を有していてもよいアミノ若しくはアミノスルホニル基を示す。R5、R6、R7及びR8は、水素原子、ハロゲン原子、水酸基、スルホニルアミド基、ニトロ基又は置換基を有していてもよいアミノ、アミノスルホニル、アルキル若しくはアリール基を示す。]

【請求項2】
 
(II)中、Rが、アルキル基又は、次の基(a)若しくは (b)である請求項1記載の化合物。
【化2】
 
(省略)
[式中、R9、R10、R11、R12及びR13は、水素原子、低級アルキル基、アリール基又はヘテロ環基を示し、m~qはそれぞれ独立に1、2又は3を示し、rは0、1又は2を示す。]

【請求項3】
 
式中R1が、フェニル基であることを特徴とする請求項1又は2記載の化合物。

【請求項4】
 
式中R4がジメチルアミノスルホニル基である請求項1~3の何れか1項記載の化合物。

【請求項5】
 
請求項1~4の何れか1項記載の化合物に紫外線を照射して、前記式(II)におけるR1-SO2O-基を、HO-基に変換させることを特徴とする該化合物の分解方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close