Top > Search of Japanese Patents > DEVICE

DEVICE

Patent code P120007281
File No. 09-043JP02
Posted date Apr 10, 2012
Application number P2010-047789
Publication number P2011-147749A
Patent number P5552844
Date of filing Mar 4, 2010
Date of publication of application Aug 4, 2011
Date of registration Jun 6, 2014
Priority data
  • P2009-292486 (Dec 24, 2009) JP
Inventor
  • (In Japanese)旭 雄士
  • (In Japanese)佐藤 未知
  • (In Japanese)梶本 裕之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人電気通信大学
  • (In Japanese)株式会社菊池製作所
  • (In Japanese)株式会社TSS
Title DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a device to suppress rotation motion of the head part by spasmodic torticollis.
SOLUTION: The device 1 has such elasticity that the device is worn on the head part 11, and includes an outer layer part 2 maintaining a shape adaptable to the head part and an inner layer part 3 set on the outer layer 2 and buffering and pressing a predetermined position of the head part.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

一般的に、痙性斜頸という疾患が知られている。痙性斜頸は、首が左右上下の何れかの方向に、傾く、捻じれる、震えるといった不随意運動を引き起こす局所性ジストニアの一種である。痙性斜頸は、頸部ジストニアとも呼ばれる。日本で1~3万人程の痙性斜頸の患者がいるとされるが、その原因は解明されていない。

痙性斜頸の治療法として、理学療法、薬物治療、外科的治療が行われている。理学療法は、自律訓練法によるリラックス・バイオフィードバックである。薬物治療は、ボツリヌス菌毒素の注射である。外科的治療は、脳深部刺激療法、選択的抹消神経遮断術・副神経減圧術である。

一方、顔を正面に向けた状態で、針金製のハンガーを横向きにして側頭部を挟むような形で頭に装着すると、自身の意志とは無関係に頭部が回転し横を向いてしまう反射運動が知られている。この現象は「ハンガー反射」として報告されている。ハンガー反射は、頭部の圧迫位置が重要であり、ハンガーを使用せず頭部の最適な圧迫点を刺激することで、頭部の回旋を制御する頭部回旋装置も知られている(非特許文献1~3)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、痙性斜頸の症状を改善する装具に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
痙性斜頸の治療器具であって、
頭部の側頭部に適合する略楕円形状を維持し、当該略楕円形状の短軸が、前記頭部の幅に相当する外層部と、
前記外層部の内周に設けられ、前記頭部の所定箇所を緩衝する緩衝部と、を備え、
前記頭部の側頭部に適合する状態からずらして装着すると、ずらす前より強い力で、少なくとも2箇所をそれぞれ圧迫する圧迫部が形成され、
前記2箇所は、
側頭部前方および対側の側頭部後方、前頭部上方および後頭部下方、側頭部上方および対側の側頭部下方、または前頭部左方上方および後頭部右方下方である
ことを特徴とする装具。

【請求項2】
 
前記外層部は、前記頭部に装着可能な程度に弾性を有し、
前記圧迫部は、前記外層部の弾性により圧迫する
ことを特徴とする請求項1に記載の装具。

【請求項3】
 
前記緩衝部は、前記圧迫部が形成された時に前記頭部に固定可能な摩擦力を有する
ことを特徴とする請求項1又は2に記載の装具。

【請求項4】
 
前記緩衝部は、前記外層部の内周一面に設けられている
ことを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の装具。

【請求項5】
 
前記緩衝部は、前記外層部の内周の一部に設けられている
ことを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の装具。

【請求項6】
 
前記緩衝部は、ウレタン樹脂からなることを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載の装具。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010047789thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close