Top > Search of Japanese Patents > ANIMAL MODEL OF HUMAN ATTENTION DEFICIT HYPERACTIVE DISORDER

ANIMAL MODEL OF HUMAN ATTENTION DEFICIT HYPERACTIVE DISORDER

Patent code P120007354
File No. H18-05
Posted date Apr 23, 2012
Application number P2006-177718
Publication number P2008-005731A
Patent number P4997498
Date of filing Jun 28, 2006
Date of publication of application Jan 17, 2008
Date of registration May 25, 2012
Inventor
  • (In Japanese)東田 千尋
  • (In Japanese)門脇 真
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title ANIMAL MODEL OF HUMAN ATTENTION DEFICIT HYPERACTIVE DISORDER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new model animal highly associated with human attention deficit hyperactive disorder (ADHD).
SOLUTION: This useful substance for the prevention and/or treatment of the ADHD can be screened by administering a test substance to an animal deficient in the function of the subunit p85α of PI3K and analyzing its action pattern by neuroscientific view points. Therefore, the animal deficient in the function of the subunit p85α of PI3K is useful as the animal model of the ADHD.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


注意欠陥多動性障害(attention deficit hyperactive disorder:以下「ADHD」と称する。)は、小児の数パーセントに見られ、注意障害、多動性、衝動性を特徴とする行動障害である。ADHDの原因解明と予防・治療法の確立のために、各種のモデル動物モデルが開発されている。例えば、化学変異原ENU誘発突然変異マウス(特許文献1)、肝炎・肝癌・ヒトWilson病モデルラット(特許文献2)、分断されたFgF141遺伝子を伴う動物モデル(特許文献3)、フォリスタチン遺伝子が過剰発現した非ヒト動物(特許文献4)、他に、ドーパミントランスポーターノックアウトマウスなどの遺伝性モデル・6-ヒドロキシドーパミン障害ラットなどの神経毒暴露モデルなど(非特許文献1)。



一方、ホスファチジルイノシタイド3キナーゼ(Phosphoinositide-3 kinase:以下「PI3K」と称する。)の病態生理的意義を明らかにするため、p85調節サブユニットのp85αを欠損させたマウス(以下、「P13K-p85αノックアウトマウス」と称する。)が開発されている(非特許文献5)。PI3K-p85αノックアウトマウスは、インスリン感受性の表現型を呈することやB細胞免疫不全症モデルとなりうることなどが知られている(非特許文献6)



【特許文献1】
WO2005/043992
【特許文献2】
特開2001-186828
【特許文献3】
特表2005-504528
【特許文献4】
特開2006-75156
【非特許文献1】
Brain Research Reviews, 42, 1-21, 2003
【非特許文献5】
Nature Genetics, 21(2), 230-235, 1999
【非特許文献6】
細胞工学, 22(8), 836-839, 2003

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、注意欠陥多動性障害の予防および/または治療剤のスクリーニングに有用な動物モデルに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ホスファチジルイノシタイド3キナーゼのサブユニットp85αの機能が欠損した非ヒト動物注意欠陥多動性障害のモデル動物としての使用

【請求項2】
 
非ヒト動物が、マウスである請求項1記載の注意欠陥多動性障害のモデル動物としての使用

【請求項3】
 
ホスファチジルイノシタイド3キナーゼのサブユニットp85αの機能が欠損した非ヒト動物に被験物質を投与することを特徴とする注意欠陥多動性障害の予防および/または治療剤のスクリーニング方法。

【請求項4】
 
非ヒト動物が、マウスである請求項3記載のスクリーニング方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close