Top > Search of Japanese Patents > ALLODYNIA INDUCING METHOD AND EVALUATION METHOD

ALLODYNIA INDUCING METHOD AND EVALUATION METHOD

Patent code P120007357
File No. H18-07
Posted date Apr 23, 2012
Application number P2006-258159
Publication number P2008-073001A
Patent number P5028613
Date of filing Sep 25, 2006
Date of publication of application Apr 3, 2008
Date of registration Jul 6, 2012
Inventor
  • (In Japanese)倉石 泰
  • (In Japanese)佐々木 淳
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title ALLODYNIA INDUCING METHOD AND EVALUATION METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To establish a method for evaluating zoster-relating pain with an animal in a more clinically matched manner.
SOLUTION: Allodynia is induced by a step for infecting a specific part of a rodent with herpes virus to form zoster and a step for rubbing the formed zoster site with a painting brush. Clinically matched zoster-relating pain can be reproduced on a rodent by the method. The evaluation method for a compound to use the inducing method is useful as a tool for the development of preventing/treating agents for zoster-relating pain.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


帯状疱疹は、ヒトの小児期に感染した水痘・帯状疱疹ウイルス(Varicella Zoster Virus)が再活性化して発症した有痛性の疾患であり、帯状疱疹の発症に先行、あるいはその発症と同時に、アロディニア(allodynia:異痛症)を含む疼痛(以下、帯状疱疹痛と称する)。一部の症例では、皮膚症状が治癒した後も痛覚過敏、痛覚異常およびアロディニア反応が長期にわたって残存することがあり、このような症状は帯状疱疹後神経痛と呼ばれている。
アロディニアは、衣服の着脱など通常なんでもない刺激で耐えがたい痛みを生じるため,社会活動が阻害され,鬱状態に陥りQOL(quality of life)が著しく低下する。
帯状疱疹患者では、帯状疱疹周辺部にもアロディニアを生じることがあるが、ほとんどは帯状疱疹部で強い疼痛を訴える(非特許文献1)。
一方、von Frey繊維などにより誘発される静的アロディニアと綿花などで皮膚をこすることで誘発される動的アロディニアに関して神経損傷ラットを用いた実験の報告がある(非特許文献1)。また、ヘルペスウイルスをマウスに感染させて皮疹を生じさせ、ついで生じた皮疹を消失させたマウスについてvon Frey繊維を用いる試験法でアロディニアを発現した個体を選択する方法が知られている。該方法で選択されたマウスは帯状疱疹痛および帯状疱疹後神経痛などの帯状疱疹関連疼痛の動物として有用であることが知られている(非特許文献3)。
【非特許文献2】
Clinical Journal of Pain 15: 78-84, 1999
【非特許文献1】
Pain 80: 391-398, 1999
【非特許文献3】
Pain 86: 95-101, 2000

Field of industrial application (In Japanese)


動物モデルにおける新規な動的アロディニアの発現方法および当該方法を用いる帯状疱疹痛・帯状疱疹後神経痛の治療薬・予防薬の新規な評価方法に関する。


Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
げっ歯類の後肢足蹠を含む皮膚節の中央部にヘルペスウイルスを感染させて帯状疱疹を生じさせる工程と、後肢足蹠に生じた帯状疱疹部位を絵画用筆で撫でる工程からなる動的アロディニアを発現させる方法。

【請求項2】
 
後肢足蹠を含む皮膚節の中央部にヘルペスウイルスを感染させて帯状疱疹を生じさせる工程と、後肢足蹠に生じた帯状疱疹部位を絵画用筆で撫でる工程により動的アロディニアが発現されたげっ歯類を用いることを特徴とする帯状疱疹関連疼痛の治療薬または予防薬の評価方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close