Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR TREATING HEAVY METAL-CONTAINING WASTE LIQUID

METHOD FOR TREATING HEAVY METAL-CONTAINING WASTE LIQUID

Patent code P120007358
File No. PG06E22JP
Posted date Apr 23, 2012
Application number P2007-023784
Publication number P2008-149309A
Patent number P4604203
Date of filing Feb 2, 2007
Date of publication of application Jul 3, 2008
Date of registration Oct 15, 2010
Priority data
  • P2006-312969 (Nov 20, 2006) JP
Inventor
  • (In Japanese)加賀谷 重浩
  • (In Japanese)林 絵里子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title METHOD FOR TREATING HEAVY METAL-CONTAINING WASTE LIQUID
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for treating waste water which enables the removal of heavy metals contained in a heavy metal-containing waste water by precipitation.
SOLUTION: In this method for treating waste water, heavy metals such as chromium and gold are precipitated and removed by adding a sulfinic acid compound to a heavy metal-containing waste water under alkaline conditions.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、重金属含有廃液処理においては、廃液のpHを上昇させ、生成する金属水酸化物を沈降除去する「中和凝集沈殿法」が広く用いられている。
例えば、六価クロムにおいては、いかなるpHにおいても水酸化物を形成せず、溶液中に安定に存在することから、中和凝集沈殿処理に先立ち、六価クロムを三価クロムに還元する処理を施す必要がある。この場合、酸性条件下で亜硫酸水素ナトリウムを還元剤として用いる方法が一般的であるが、廃液がアルカリ性の場合、還元のために液性を酸性にする必要がある。一方、アルカリ性条件下での還元剤として、硫酸鉄(II)が用いられているが、還元後に発生する鉄(III)が水酸化物として沈殿するため、発生する汚泥量が増加するという欠点を有する。
シアン化合物処理法としては、アルカリ性条件で次亜塩素酸ナトリウム溶液を加え、シアン化合物を分解・無害化するアルカリ塩素法が知られている。また、シアン化合物濃度が高い場合には電解酸化法も利用される。しかし、これらの方法では金シアノ錯体を分解できない。さらに、オゾン酸化を利用しシアン化合物を分解・無害化する方法も適用されているが,金シアノ錯体については効果が低い。



二酸化チオ尿素は、アルカリ性溶液中で強い還元力があり、古くから染色における還元洗浄剤、漂白剤として使用されている。
一方、二酸化チオ尿素を用いた酸性条件下での六価クロムの還元が報告されている(非特許文献1)。しかし、アルカリ条件下での還元の報告はない。また、二酸化チオ尿素を硫化物イオンの発生剤として用いる例、金属硫化物の生成剤として用いる例、重金属錯体を含む重金属含有廃液の処理に応用する例も見当たらない。
【非特許文献1】
日本化学会誌、No.6、1022-1023 (1976)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、各種重金属イオンを含む廃液の処理法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
重金属を含む廃液をアルカリ性とし、これにアルカリ性溶液下でスルホキシル酸となる化合物を添加して廃液中から重金属を沈殿させ除去することを特徴とする重金属含有廃液の処理方法。

【請求項2】
 
アルカリ性溶液下でスルホキシル酸となる化合物が二酸化チオ尿素である請求項1記載の重金属含有廃液の処理方法。

【請求項3】
 
重金属がクロム、銅または金である請求項1または2記載の重金属含有廃液の処理方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close