Top > Search of Japanese Patents > FUNCTIONAL MOLECULAR ELEMENT COMPOSED OF OCTAETHYLPORPHYRIN DERIVATIVE

FUNCTIONAL MOLECULAR ELEMENT COMPOSED OF OCTAETHYLPORPHYRIN DERIVATIVE

Patent code P120007360
File No. PG06S03JP
Posted date Apr 23, 2012
Application number P2007-023834
Publication number P2008-162993A
Patent number P5374701
Date of filing Feb 2, 2007
Date of publication of application Jul 17, 2008
Date of registration Oct 4, 2013
Priority data
  • P2006-168441 (Jun 19, 2006) JP
  • P2006-329320 (Dec 6, 2006) JP
Inventor
  • (In Japanese)樋口 弘行
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title FUNCTIONAL MOLECULAR ELEMENT COMPOSED OF OCTAETHYLPORPHYRIN DERIVATIVE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a functional molecular element which is easy to synthesize and is utilizable as a molecular motor, molecular switch, or the like.
SOLUTION: An octaethylporphyrin derivative is used which has an extended conjugation system one-dimensional molecular structure formed by connecting nitrogen-containing heterocyclic groups such as an octaethylporphyrin ring (OEP), a pyridine ring (Py), etc., with a diacetylene linkage and incorporating a dihexylbithiophene (DHBTh) or dihexylbifuran component between them. It is possible to control the rotation of the porphyrin ring part by adjusting a pH and/or a temperature. Therefore, the octaethylporphyrin derivative can be utilized as an element (e.g., a molecular motor or a molecular switch) of a nanomachine.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ロタキサンは、環状分子に棒状分子が貫通し、棒状分子の両端に、嵩高い分子(ストッパー、キャップと呼ばれる)を結合させた構造の超分子と称される化合物である。ロタキサンを分子モーターとして利用しようとする試みがなされている。(非特許文献1)
また、ポルフィリンの金属錯体とアゾベンゼン誘導体を組み合わせ、機能性金属錯体とする試みもなされている(特許文献1)
一方、ビスジアセチレンチオフェン基を有するオクタエチルポルフィリン金属錯体に関して、その電子的性質に関する研究が行われている(非特許文献2)。また、ピリジル-4-イル基を有するオクタエチルポルフィリン誘導体が知られている(非特許文献3)。



【非特許文献1】
http://www.biomach.org/publications/Utah.pdf
【非特許文献2】
Tetrahedron, 60, 6363-6383 (2004).
【非特許文献3】
Tetrahedron Letters, 47, 5585-5589 (2006).
【特許文献1】
特開2005-60304

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ビスジアセチレンチオフェン基を有するオクタエチルポルフィリン誘導体からなる分子機能素子および分子機能素子として有用な新規なオクタエチルポルフィリン誘導体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
【化1】
 


「式中、Mはニッケル、パラジウム、白金または亜鉛原子のいずれかであり、Xは硫黄原子であり、Yは置換基を有してもよい、ピリジン-2-イル基、ピリジン-3-イル基、ピリジン-4-イル基及びピリミジン-2-イル基のいずれかであり、Rはアルキル基である。」で表されるオクタエチルポルフィリン誘導体からなる分子モーター機能素子の制御方法であって、平面的なポリフィリン環の上下に軸配位させる陰イオンをpH調整又は温度の調整により制御することで、ドライビングフォースとしての運動を制御する分子モーター機能素子の制御方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007023834thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close