Top > Search of Japanese Patents > SURGICAL CLIP

SURGICAL CLIP

Patent code P120007362
File No. H18-14
Posted date Apr 23, 2012
Application number P2007-032227
Publication number P2008-194220A
Patent number P5066712
Date of filing Feb 13, 2007
Date of publication of application Aug 28, 2008
Date of registration Aug 24, 2012
Inventor
  • (In Japanese)和田 重人
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title SURGICAL CLIP
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To fix a lesion in an exposed state without manual aid when operating the lesion of a hidden part such as the back side of lips.
SOLUTION: The surgical clip comprises a pair of clamp members 1a and 1b, a spindle 5 for pivotally attaching the clamp members 1a and 1b to each other, an annular pressing part 2 provided on the tip part of one clamp member 1a, a planar receiving part 3 provided facing the pressing part 2 on the tip part of the other clamp member 1b, and a spring member 6 for energizing the clamp members 1a and 1b in the direction of closing the pressing part 2 and the receiving part 3. The surgical clip is used to clamp the lesion so as to surround it by the annular pressing part 2 and continuously fix the lesion in an exposed state without the manual aid thereafter. Also, since the annular pressing part 2 presses the periphery of the lesion, the lesion is put in an ischemia state and a bleeding amount during the operation is decreased.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


口腔内には粘液嚢胞や腫瘍などの疾患が生じることがあり、治療のためには摘出術が必要となる。この際、とくに発生箇所が口唇の裏側部分である場合には、患部を露出させるために、上唇または下唇を大きく開いた状態で固定して治療を行わなければならないが、従来は、助手が指で押し広げて固定していた。そのため、治療作業には少なくとも二名の人員が必要となり、効率性の点で問題であった。また、口腔内は唾液や血液で滑りやすく、さらに手袋をはめて作業をしなければならないことから、治療開始から終了まで確実に固定をしておくことが困難であり、そのため手術に予定以上の時間を要したり、不確実な手術となって疾患が再発したりすることがあった。そこで、口腔内の治療のために口唇を押し開く器具として、文献1の歯科用唇圧子が提案されている。また、治療箇所を固定しつつ治療を施すための器具として、文献2のレーザ用止血鉗子が提案されている。
【特許文献1】
特開平10-146347号公報
【特許文献2】
特開2001-37764号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、口唇の裏側などの隠れた部位の患部を手術する際に患部を露出させるための手術用クリップに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一対の挟持部材(1a,1b)と、該挟持部材(1a,1b)同士を枢着する支軸(5)と、一方の前記挟持部材(1a)の先部分に設けられる環状の押さえ部(2)と、他方の前記挟持部材(1b)の先部分に前記押さえ部(2)と対向して設けられる板状の受け部(3)と、前記押さえ部(2)および前記受け部(3)が閉じる方向に前記挟持部材(1a,1b)を付勢するバネ部材(6)と、からなり、前記押さえ部(2)および前記受け部(3)が、患部を環状の押さえ部(2)で囲むようにして挟み込むものであることを特徴とする手術用クリップ。

【請求項2】
 
前記押さえ部(2)および前記受け部(3)が、押さえ部(2)側に凸となるように湾曲していることを特徴とする請求項1記載の手術用クリップ。

【請求項3】
 
前記押さえ部(2)および前記受け部(3)が、先端に向けて広がる略扇形であることを特徴とする請求項1または2記載の手術用クリップ。

【請求項4】
 
前記バネ部材(6)による付勢力を調節するための調節部(7)を有することを特徴とする請求項1、2または3記載の手術用クリップ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007032227thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close