Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR DISCRIMINATING DOMESTIC AND FOREIGN RICE PLANT OR TISSUE DERIVED FROM THE SAME, OR PROCESSED PRODUCT OF THE SAME

METHOD FOR DISCRIMINATING DOMESTIC AND FOREIGN RICE PLANT OR TISSUE DERIVED FROM THE SAME, OR PROCESSED PRODUCT OF THE SAME

Patent code P120007433
Posted date May 1, 2012
Application number P2010-202984
Publication number P2012-055254A
Patent number P5763315
Date of filing Sep 10, 2010
Date of publication of application Mar 22, 2012
Date of registration Jun 19, 2015
Inventor
  • (In Japanese)岸根 雅宏
  • (In Japanese)奥西 智哉
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title METHOD FOR DISCRIMINATING DOMESTIC AND FOREIGN RICE PLANT OR TISSUE DERIVED FROM THE SAME, OR PROCESSED PRODUCT OF THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for discriminating varieties of domestic and foreign rice.
SOLUTION: The method for discriminating domestic and foreign rice plants or tissue derived from the same, or processed products of the same includes a step of discriminating whether a rice plant or the tissue derived from the plant, or a processed product of the same is domestic or foreign based on genetic polymorphism of an mPing insertion region in a test genome DNA. The mPing insertion region is the third mPing insertion region found in the sixth chromosome, and/or the first mPing insertion region found in the 12th chromosome. Further, at least two primers and a set thereof, detectable of presence of the mPing insertion regions in rice plants are provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

2008年、本来非食用として売却された事故米穀が、食用として転売される「事故米不正転売事件」が発覚した。この事件では、主にミニマムアクセス米として輸入された外国産米が事故米穀として販売されていた。したがって、米を加工原料とする食品関連企業では、品質保証のため、外国産米を簡易に検出する技術を必要としている。また、事件を受けて、米の原産地(国)表示を義務化する米トレーサビリティ制度が導入されることとなり、それを実効力あるものとするためにも国産米・外国産米の識別技術が必要である。

従来の技術では、RAPD-STS法(特許文献1、2)、SNP法(特許文献3、4)、SSR法(特許文献5~7)などを利用して米の品種を識別することを目的に技術開発が行われてきた。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、国産および外国産のイネまたはそれに由来する組織(例、国産米・外国産米)、あるいはそれらの加工品の識別法などに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ジャポニカ種米およびインディカ種米のイネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品の識別法であって、
被験ゲノムDNAにおいて、mPing挿入部位の遺伝的多型に基づいて、イネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品がジャポニカ種米またはインディカ種米であるかを識別することを含み、
mPing挿入部位が、第6染色体中に見出される3番目のmPing挿入部位、または/および第12染色体中に見出される1番目のmPing挿入部位である、識別法。

【請求項2】
 
前記mPing挿入部位の遺伝的多型として、前記mPing挿入部位のいずれも確認された場合に、イネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品が、ジャポニカ種米のものであると識別する、請求項1記載の識別法。

【請求項3】
 
前記mPing挿入部位の遺伝的多型として、前記mPing挿入部位のいずれも確認されなかった場合に、イネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品が、インディカ種米のものであると識別する、請求項1記載の識別法。

【請求項4】
 
以下からなる群より選ばれるプライマーの組合せを含む、イネにおけるmPing挿入部位の有無を検出し得る2以上のプライマーを用いる、請求項1~3のいずれか一項記載の識別法
1a)配列番号1に示される塩基配列における1~2285番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列を有する第1のプライマー、および配列番号1に示される塩基配列における2716~5000番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列の相補配列を有する第2のプライマーの組合せ;
1b)配列番号1に示される塩基配列における1~2285番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列の相補配列を有する第1のプライマー、および配列番号1に示される塩基配列における2716~5000番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列を有する第2のプライマーの組合せ;
1c)配列番号1に示される塩基配列における1~2285番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列を有する第1のプライマー、および配列番号1に示される塩基配列における2286~2715番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列の相補配列を有する第2のプライマーの組合せ;
1d)配列番号1に示される塩基配列における1~2285番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列の相補配列を有する第1のプライマー、および配列番号1に示される塩基配列における2286~2715番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列を有する第2のプライマーの組合せ;
1e)配列番号1に示される塩基配列における2286~2715番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列を有する第1のプライマー、および配列番号1に示される塩基配列における2716~5000番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列の相補配列を有する第2のプライマーの組合せ;
1f)配列番号1に示される塩基配列における2286~2715番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列の相補配列を有する第1のプライマー、および配列番号1に示される塩基配列における2716~5000番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列を有する第2のプライマーの組合せ;
2a)配列番号2に示される塩基配列における1~2285番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列を有する第1のプライマー、および配列番号2に示される塩基配列における2716~5000番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列の相補配列を有する第2のプライマーの組合せ;
2b)配列番号2に示される塩基配列における1~2285番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列の相補配列を有する第1のプライマー、および配列番号2に示される塩基配列における2716~5000番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列を有する第2のプライマーの組合せ;
2c)配列番号2に示される塩基配列における1~2285番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列を有する第1のプライマー、および配列番号2に示される塩基配列における2286~2715番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列の相補配列を有する第2のプライマーの組合せ;
2d)配列番号2に示される塩基配列における1~2285番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列の相補配列を有する第1のプライマー、および配列番号2に示される塩基配列における2286~2715番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列を有する第2のプライマーの組合せ;
2e)配列番号2に示される塩基配列における2286~2715番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列を有する第1のプライマー、および配列番号2に示される塩基配列における2716~5000番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列の相補配列を有する第2のプライマーの組合せ;
2f)配列番号2に示される塩基配列における2286~2715番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列の相補配列を有する第1のプライマー、および配列番号2に示される塩基配列における2716~5000番目の塩基配列の少なくとも一部の塩基配列またはその均等な塩基配列を有する第2のプライマーの組合せ
であり、
ここで、前記少なくとも一部の塩基配列が、15個以上のヌクレオチド残基からなり、
前記その均等な塩基配列が、15個以上のヌクレオチド残基からなり、かつイネの品種間における塩基配列のバリエーションに対応する

【請求項5】
 
請求項4記載の1a)~1f)のいずれか1つのプライマーの組合せ、および請求項4記載の2a)~2f)のいずれか1つのプライマーの組合せを含む、2以上のプライマーのセットを用いる、請求項4記載の識別法
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close