Top > Search of Japanese Patents > PERCEPTUAL STIMULUS INFORMATION GENERATING SYSTEM

PERCEPTUAL STIMULUS INFORMATION GENERATING SYSTEM

Patent code P120007437
File No. S2011-0056-N0
Posted date May 1, 2012
Application number P2010-232035
Publication number P2012-084096A
Patent number P5598981
Date of filing Oct 14, 2010
Date of publication of application Apr 26, 2012
Date of registration Aug 22, 2014
Inventor
  • (In Japanese)青木 恭太
  • (In Japanese)木村 正樹
  • (In Japanese)村山 慎二郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人宇都宮大学
Title PERCEPTUAL STIMULUS INFORMATION GENERATING SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a perceptual stimulus information generating system, a perceptual stimulus information generating method and a perceptual stimulus information generating program which can intelligibly transmit two-dimensional information to a user by utilizing perception other than visual perception such as tactile perception.
SOLUTION: A perceptual stimulus information generating system 1 comprises type determination means 3A, information conversion means 3B and control means 3C. The type determination means 3A acquires two-dimensional information and determines a type of the two-dimensional information. The information conversion means 3B generates feature information indicating features of a unit area corresponding to a position specified by the two-dimensional information by executing a process corresponding to the type of the two-dimensional information on the two-dimensional information. The control means 3C controls a perceptual stimulus device to give a perceptual stimulus corresponding to the feature information to a user of the two-dimensional information.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、視覚障害者が触覚を利用して2次元的な情報を取得できるようにした出力装置としてピンディスプレイが知られている。ピンディスプレイは、二次元に配列された複数のピンを上下させることによって、凹凸によりコンピュータの文字情報や図形情報などを表示するディスプレイである。また、ピンディスプレイをコンピュータマウスに設けることによって、マウスの動きに応じた触覚情報をユーザの指先にフィードバックできる触覚マウスも知られている(例えば特許文献1参照)。

更に、テレビ画像データ等の2次元画像データを触覚によって認識できるようにした振動型表示パネルも考案されている(例えば特許文献2参照)。この振動型表示パネルでは、表示画素に対応する電圧を振動素子に印加することによって振動が生成されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、知覚刺激情報生成システム、知覚刺激情報生成方法及び知覚刺激情報生成プログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
2次元画像を取得して前記2次元画像の種類を判定する種類判定手段と、
前記2次元画像に含まれるテキスト画像データをぼかす処理及び前記2次元画像に含まれる特定の色領域の拡張処理の少なくとも一方を含む画像変換処理であって、前記2次元画像の種類に応じた前記2次元画像に対する画像変換処理によって、前記2次元画像の指定位置に対応する単位領域における特徴を表す特徴情報を生成する情報変換手段と、
前記特徴情報に応じた知覚刺激が前記2次元画像のユーザに付与されるように知覚刺激装置を制御する制御手段と、
を備える知覚刺激情報生成システム。

【請求項2】
 
前記情報変換手段は、前記2次元画像を表示させるとともに前記指定位置を入力するためのタッチパネルから前記指定位置を取得するように構成され、
前記制御手段は、前記タッチパネル又は前記ユーザの指を振動させる振動子を制御するように構成される請求項1記載の知覚刺激情報生成システム。

【請求項3】
 
前記情報変換手段は、前記指定位置の履歴情報に応じて前記画像変換処理を変更するように構成される請求項1記載の知覚刺激情報生成システム。

【請求項4】
 
前記情報変換手段は、前記指定位置の履歴情報から予測される位置を中心とする単位領域における特徴を表す特徴情報を生成するように構成される請求項1記載の知覚刺激情報生成システム。

【請求項5】
 
前記2次元画像を撮影する撮影手段と、
前記ユーザの位置を指示する部分に取り付けられ、前記指定位置を求めるための前記部分の空間データを測定するセンサと、
を更に備える請求項1記載の知覚刺激情報生成システム。

【請求項6】
 
2次元画像を取得して前記2次元画像の種類を判定するステップと、
前記2次元画像に含まれるテキスト画像データをぼかす処理及び前記2次元画像に含まれる特定の色領域の拡張処理の少なくとも一方を含む画像変換処理であって、前記2次元画像の種類に応じた前記2次元画像に対する画像変換処理によって、前記2次元画像の指定位置に対応する単位領域における特徴を表す特徴情報を生成するステップと、
前記特徴情報に応じた知覚刺激が前記2次元画像のユーザに付与されるように知覚刺激装置を制御するステップと、
を有する知覚刺激情報生成方法。

【請求項7】
 
コンピュータを、
2次元画像を取得して前記2次元画像の種類を判定する種類判定手段、
前記2次元画像に含まれるテキスト画像データをぼかす処理及び前記2次元画像に含まれる特定の色領域の拡張処理の少なくとも一方を含む画像変換処理であって、前記2次元画像の種類に応じた前記2次元画像に対する画像変換処理によって、前記2次元画像の指定位置に対応する単位領域における特徴を表す特徴情報を生成する情報変換手段、及び
前記特徴情報に応じた知覚刺激が前記2次元画像のユーザに付与されるように知覚刺激装置を制御する制御手段、
として機能させる知覚刺激情報生成プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010232035thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close