Top > Search of Japanese Patents > VOICE VOLUME DISPLAY TERMINAL AND VOICE VOLUME DISPLAY PROGRAM

VOICE VOLUME DISPLAY TERMINAL AND VOICE VOLUME DISPLAY PROGRAM achieved

Patent code P120007456
File No. S2011-1018-N0
Posted date May 1, 2012
Application number P2011-194463
Publication number P2013-058820A
Patent number P5871256
Date of filing Sep 7, 2011
Date of publication of application Mar 28, 2013
Date of registration Jan 22, 2016
Inventor
  • (In Japanese)苅田 知則
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人愛媛大学
Title VOICE VOLUME DISPLAY TERMINAL AND VOICE VOLUME DISPLAY PROGRAM achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an inexpensive voice volume display terminal with excellent measurement accuracy, capable of presenting whether voice volume is appropriate or not in a comprehensible way.
SOLUTION: A voice volume display terminal 10 includes: a microphone 15; a display 17; a noise removal part 22 for removing a predetermined frequency component from a voice signal input from the microphone 15; and a voice volume level calculation part 23 for calculating the voice volume level of a voice signal from which the noise has been removed, and displaying the level on the display 17. The voice volume display terminal 10 also includes an observance ratio calculation part 25 for calculating an observance ratio being the rate of a time when the voice volume calculated by the voice volume level calculation part 23 satisfies a predetermined target voice volume level, and displaying the ratio on the display 17.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、発達障害児の存在が顕在化してきているが、発達障害児の中には状況に応じた声の大きさ(声量)の調節が難しい者も多く、例えば、授業中や全校集会等の静かにするべき状況において、無意識のうちに大きな声を出してしまうことがある。

このため、従来の教育現場では、声の大きさを指導するための紙媒体の教材である「声のものさし」が使用されている。この教材は、日常生活で用いる声量の目安を3~5段階に分類して表示する紙媒体の掲示物である。例えば、1:内緒話の声、2:二人で話すときの声、3:グループで話すときの声、4:クラスみんなに話すときの声、5:運動場で遊ぶときの声、といった目安が記載される。

現場では、この「声のものさし」を黒板の上等に掲示したうえで、児童に教科書を音読する課題を与え、大声を出して読む児童がいた場合には、「4の声で読んでいます。もう少し小さい3の声で読みましょう」と教員が指導することで、発達障害児に声量コントロールの感覚をつかんでもらうようにしている。

しかし、この「声のものさし」を使った指導では、教員が主観的に児童の声量を評価するしかなく、声の大きさを示す基準が曖昧であった。また、発達障害児自身が自らの声量を評価・判断することもできなかった。

一方、騒音等の音量を測定して音量をデシベル(dB)単位で表示する音量測定器(騒音計)が従来から広く提供されており、例えば、下記特許文献1に開示されている音量測定器を使えば、声量を定量的に測定することが可能である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、発話者の声の大きさのレベルを定量的に表示するための声量表示端末に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
声量レベルを表示するための声量表示端末において、
マイクロフォンと、
スピーカーと、
ディスプレイと、
前記マイクロフォンから入力された音声信号から所定の周波数成分を除去するノイズ除去部と、
このノイズ除去された音声信号の音量から各声量レベルの算出基準に基づいて声量レベルを算出して前記ディスプレイ上に表示する声量レベル演算部と、
前記声量レベル演算部により算出された声量レベルが、所定の目標声量レベルを満たしている時間的な割合である遵守率を算出して前記ディスプレイ上に表示する遵守率演算部と、
前記音声信号を録音データとして記録する記憶装置と、
前記録音データから音声信号を再生して前記スピーカーから出力する再生部と、を備え、
前記声量レベル演算部は、前記再生部が再生する音声信号の声量レベルを算出して前記ディスプレイ上に表示することを特徴とする声量表示端末。

【請求項2】
 
前記声量レベル演算部は、前記声量レベルを算出後、所定のタイマー設定時間だけ前記声量レベルを表示することを特徴とする請求項1記載の声量表示端末。

【請求項3】
 
声量レベルの表示をコンピュータに行わせるための声量表示プログラムにおいて、
マイクロフォンから入力された音声信号から所定の周波数を除去するノイズ除去ステップと、
このノイズ除去された音声信号の声量レベルを算出するステップと、
この算出された声量レベルをディスプレイに表示するステップと、
算出された声量レベルが、所定の目標声量レベルを満たしている時間的な割合である遵守率を算出して前記ディスプレイ上に表示するステップと、
前記音声信号を録音データとして記憶装置に記録するステップと、
前記録音データから音声信号を再生してスピーカーから出力する再生ステップと、
再生される音声信号の声量レベルを算出して前記ディスプレイ上に表示するステップと、
を前記コンピュータに実行させることを特徴とする声量表示プログラム。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011194463thum.jpg
State of application right Registered
Shikoku TLO is introducing the seeds of 4 inside 20 university and a technical college. Please ask to the following about the detailed contents of seeds. I am waiting for an inquiry.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close