Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR CLEANING MEDIUM CONTAMINATED BY RAIDOACTIVE CESIUM

METHOD FOR CLEANING MEDIUM CONTAMINATED BY RAIDOACTIVE CESIUM

Patent code P120007457
File No. S2011-1003-N0
Posted date May 1, 2012
Application number P2011-246987
Publication number P2013-104696A
Patent number P5843101
Date of filing Nov 11, 2011
Date of publication of application May 30, 2013
Date of registration Nov 27, 2015
Inventor
  • (In Japanese)榊原 正幸
  • (In Japanese)佐野 栄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人愛媛大学
Title METHOD FOR CLEANING MEDIUM CONTAMINATED BY RAIDOACTIVE CESIUM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for cleaning a medium contaminated by radioactive cesium by causing a plant body to adsorb the contaminated medium.
SOLUTION: The method for cleaning the medium contaminated by the radioactive cesium according to the present invention includes: cultivating Eleocharis acicularis of Cyperaceae Eleocharis in the medium contaminated by the radioactive cesium and; causing the Eleocharis acicularis to adsorb the radioactive cesium in the medium.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


重金属によって汚染された媒体を浄化する方法としては、植物による重金属の吸収・蓄積能力を利用したファイトレメディエーション(Phytoremediation)技術が検討されている。ファイトレメディエーションは、環境要因の影響が大きく、すなわち植物の生育が気候に左右されやすく、浄化に長い時間を要するため即効性が低いなどの問題はあるが、低コストでしかも殆ど労力がかからず、環境調和型の技術であるといった点で、注目されている。例えば、特許文献1、特許文献2、特許文献3などには、ファイトレメディエーションによる浄化方法が記載されている。特に、特許文献2や特許文献3には、カヤツリグサ科ハリイ属(Cyperaceae Eleocharis)の植物により、重金属で汚染された媒体を浄化する方法が記載されている。



環境汚染としては、放射性物質による汚染が問題になっている。福島第一原子力発電所の事故により、広範な領域に放射性物質が飛散し、住民の被爆や農業への影響が懸念されている。また、チェルノブイリ原発の事故により、ウクライナやベラルーシでも放射性物質による汚染は残っており、多くの村が閉鎖されたままになっている。



放射性物質により汚染された環境における除染として、表土の削り取りが試みられている。たとえば、農業機械を用いて約4cmの表土を削り取る手法や、マグネシウム系固化剤により土壌表層を固化させて削り取る手法が試みられている。また、ヒマワリを栽培し、植物体に放射性物質を吸収させることも試みられている(たとえば、非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、放射性セシウムに汚染された媒体、例えば土壌、堆積物、廃棄物、水等の媒体を、植物を用いて浄化する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
放射性セシウムに汚染された媒体でカヤツリグサ科ハリイ属(Cyperaceae Eleocharis)のマツバイ(Eleocharis acicularis)を栽培し、媒体中の放射性セシウムをマツバイに吸収させることを特徴とする放射性セシウムに汚染された媒体の浄化方法。

【請求項2】
 
放射性セシウムに汚染された土壌にマツバイを直に植え付けて土壌中の放射性セシウムをマツバイに吸収させることを特徴とする請求項1に記載の放射性セシウムに汚染された媒体の浄化方法。

【請求項3】
 
透水性の容器に入れられたマツバイの苗を放射性セシウムに汚染された土壌のある環境に設置し、土壌の放射性セシウムをマツバイに吸収させることを特徴とする請求項1に記載の放射性セシウムに汚染された媒体の浄化方法。

【請求項4】
 
透水性の容器に入れられたマツバイの苗を放射性セシウムに汚染された水のある環境に設置し、水中の放射性セシウムをマツバイに吸収させることを特徴とする請求項1に記載の放射性セシウムに汚染された媒体の浄化方法。

【請求項5】
 
透水性の容器を水に浮いた状態で設置する請求項4に記載の放射性セシウムに汚染された媒体の浄化方法。
Industrial division
  • Radioactive waste treatment
IPC(International Patent Classification)
State of application right Registered
Shikoku TLO is introducing the seeds of 4 inside 20 university and a technical college. Please ask to the following about the detailed contents of seeds. I am waiting for an inquiry.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close