Top > Search of Japanese Patents > TOUCH SWITCH DEVICE

TOUCH SWITCH DEVICE meetings

Patent code P120007459
File No. S2011-1008-N0
Posted date May 1, 2012
Application number P2011-206957
Publication number P2013-069522A
Patent number P5737759
Date of filing Sep 22, 2011
Date of publication of application Apr 18, 2013
Date of registration May 1, 2015
Inventor
  • (In Japanese)芹川 聖一
  • (In Japanese)張 力峰
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title TOUCH SWITCH DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To enable specification of a plurality of touch switches by only two signal lines (doubling as power lines) from a panel on which a plurality of touch switches are arranged and provided to a control device.
SOLUTION: One of input terminals of a touch switch is connected to one of output terminals via a resistor, and the other of the input terminals is connected to the other of the output terminals, and a touch electrode is connected to any one side of the resistor. A plurality of touch switches are electrically connected in series, and output terminals of the touch switch connected at the final stage are short-circuited. The same voltage is applied to a pair of input terminals of the touch switch connected at the first stage, a ratio of two current values respectively flowing into the pair of input terminals is detected to determine to which touch switch a finger touches.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、携帯電話、携帯音響機器、携帯ゲーム機器等の各種電子機器の入力装置として、静電容量の変化により、タッチされたか否かを判別するタッチスイッチ(タッチセンサ)が知られている。タッチスイッチは、例えば、絶縁物の裏面にスイッチ電極を貼り付けて構成される。指をタッチスイッチに近づけると、絶縁物を指とスイッチ電極で挟んだ平行板コンデンサが形成され、静電容量が増加する。この増加した静電容量を検知することにより、タッチスイッチに指が近づいたか離れているかを判定することができる。

このようなタッチスイッチを複数個組み合わせて、タッチスイッチパネルを構成したとき、個々のタッチスイッチそれぞれに対して、電源供給及び信号取り出しのための配線が必要となる。この配線数は、タッチスイッチの数に比例して増加する。

特許文献1は、複数に分割したスイッチ電極を用いることにより、配線数の増加を避けることのできるスイッチパネルを開示する。例えば、3分割したスイッチ電極を用いることにより、27個のスイッチに対して検出信号ラインの数を合計9本にすることができる。しかし、検出信号ラインの数は、さらに減少させることが望ましい。

また、従来のタッチスイッチパネルは、サイズがあらかじめ決まっていて、変更できず、スイッチを追加して接続すること、或いは一部のスイッチを取り外すことが出来ない。さらに、ほとんどのタッチスイッチパネルは、フラット(平板)な形状であり、一部、若干曲げる程度のものもあるが、任意の形状に曲げることはできないという問題がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、併置した複数個のタッチスイッチの内のいずれのタッチスイッチに指が触れたのかを識別してスイッチ特定信号を出力するタッチスイッチ装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
併置した複数個のタッチスイッチの内のいずれのタッチスイッチに指が触れたのかを識別してスイッチ特定信号を出力するタッチスイッチ装置において、
前記タッチスイッチのそれぞれは、一対の入力端子と、一対の出力端子と、抵抗と、タッチ電極とを備えて、前記入力端子の一方は、前記抵抗を介して前記出力端子の一方に接続する一方、前記入力端子の他方は、前記出力端子の他方に接続し、かつ、前記タッチ電極を前記抵抗のいずれかの側に接続し、
前記タッチスイッチの複数個を、それぞれの入力端子及び出力端子を介して電気的には直列に接続し、かつ、最終段に接続されたタッチスイッチの出力端子を短絡し、
初段に接続されたタッチスイッチの一対の入力端子に同電圧を給電して、この一対の入力端子のそれぞれに流入する2つの電流値の比率を検出していずれのタッチスイッチに指が触れたのかを判別する制御装置を備えたことから成るタッチスイッチ装置。

【請求項2】
 
前記タッチ電極は、絶縁体の上に電極固定治具を用いて固定し、かつ、この電極固定治具を介して絶縁体の裏側に配置された抵抗側の導線と電気的に接続した請求項1に記載のタッチスイッチ装置。

【請求項3】
 
絶縁体の上面に前記タッチ電極に一致する形状の凹部を設け、前記タッチ電極をこの凹部内に嵌合して、電極固定治具を用いて固定し、かつ、電気的に接続した請求項1に記載のタッチスイッチ装置。

【請求項4】
 
絶縁体を、その内周側に嵌合凹部を有するリング形状に構成し、この凹部内にタッチ電極を嵌合して、絶縁体の側面で電極固定治具を用いて固定し、かつ電気的に接続した請求項1に記載のタッチスイッチ装置。

【請求項5】
 
前記タッチ電極は、その周囲において、それを挟むクリップ形状の電極固定治具を用いて、電気的に接続した請求項1に記載のタッチスイッチ装置。

【請求項6】
 
前記タッチ電極を、前記抵抗、前記一対の入力端子、及び前記一対の出力端子とは分離して配置し、1本の導線で前記抵抗側に接続した請求項1に記載のタッチスイッチ装置。

【請求項7】
 
前記一対の入力端子及び前記一対の出力端子はそれぞれ、矩形状タッチスイッチの4周辺のいずれか2つの側に配置されたコネクターの端子である請求項1に記載のタッチスイッチ装置。

【請求項8】
 
前記矩形状タッチスイッチの4周辺の全ての側にコネクター端子を配置し、かつ、隣接する矩形状タッチスイッチに接続しないコネクター端子を短絡した請求項7に記載のタッチスイッチ装置。

【請求項9】
 
併置した複数個のタッチスイッチの内のいずれのタッチスイッチに指が触れたのかを識別してスイッチ特定信号を出力するタッチスイッチ装置において、
前記タッチスイッチのそれぞれは、一対の入力端子と、一対の出力端子と、2つの直列接続の抵抗と、タッチ電極とを備えて、前記入力端子の一方は、前記直列接続の抵抗の一端及び前記出力端子の一方に接続する一方、前記入力端子の他方は、前記直列接続の抵抗の他端及び前記出力端子の他方に接続し、かつ、前記タッチ電極を前記直列接続の抵抗の中間点に接続し、
前記タッチスイッチの複数個を、それぞれの入力端子及び出力端子を介して並列に接続し、かつ、前記2つの直列接続の抵抗の比率をタッチスイッチ毎に異ならせ、
並列に接続されたタッチスイッチの一対の入力端子のそれぞれに同電圧を給電して、この一対の入力端子のそれぞれに流入する2つの電流値の比率を検出していずれのタッチスイッチに指が触れたのかを判別する制御装置を備えたことから成るタッチスイッチ装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011206957thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close