Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND APPARATUS FOR MEASURING AMOUNT OF RADIOACTIVITY

METHOD AND APPARATUS FOR MEASURING AMOUNT OF RADIOACTIVITY

Patent code P120007540
File No. 13513
Posted date May 15, 2012
Application number P2010-149120
Publication number P2012-013498A
Patent number P5499384
Date of filing Jun 30, 2010
Date of publication of application Jan 19, 2012
Date of registration Mar 20, 2014
Inventor
  • (In Japanese)高崎 浩司
  • (In Japanese)佐川 直貴
  • (In Japanese)黒澤 重行
  • (In Japanese)水庭 春美
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title METHOD AND APPARATUS FOR MEASURING AMOUNT OF RADIOACTIVITY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method and a radiation amount measurement apparatus for determining an existence area of a radioactive substance to be measured while considering the influence of a radiation amount (background radiation amount) from the natural world in radiation amount measurement utilizing an imaging plate, and quantitatively calculating a radiation amount of the determined area.
SOLUTION: A threshold is set in the predetermined number of pixels of background radiation amount image data, and an area in which pixels of the radiation amount image data exceeding the threshold are continued over the predetermined number of pixels and more is determined as an existence position of the radioactive substance. The threshold is set as a value including 99% (to 99.9%) of pixels in the background radiation amount image data, and the area determined as the existence position of the radioactive substance is an area in which 40 pixels and more are continued. The radiation amount of the radioactive substance is calculated from a relational expression obtained by using a representative one-spot sample. Consequently, the area and the radiation amount of the radioactive substance can be quantitatively calculated.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

輝尽性蛍光体粉末をフィルムに塗布して構成したイメージングプレートは、放射線を照射すると、照射された放射線情報(放射線量)を蛍光体に蓄積(放射線量潜像を形成)する。そして、放射線情報を蓄積した蛍光体は、刺激光を照射すると放射線蓄積量に応じて発光することから、この発光を光電変換して電気的信号(画素データ)にすることにより、イメージングプレートに照射された放射線量を電気的信号(放射線量画像データ)として検出することができる。

このようなイメージングプレートを利用して、プルトニウム等の超ウラン元素からの放射線量を測定する放射能測定方法及び装置が提案されている。

従来の放射能測定方法及び装置において、イメージングプレートを使用して得られる放射線量画像データ(PSL(Photo-Stimulated Luminesence)画像データ)には、自然界に存在する自然放射線に由来する放射線量(バックグラウンド放射線量)も含まれることから、測定目的の放射性物質の存在領域を判定する方法がなく、このため放射能量の算出も範囲を確定して行うことが困難であった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、放射能量測定方法及び装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
放射性物質を付着させた試料をイメージングプレートに接触させて放射線を照射することにより該イメージングプレートに照射放射線量に応じた潜像を記録し、イメージングプレートに記録された潜像を読み取ることによってバックグラウンドと放射性物質の放射線量に比例した濃淡の放射線量画像データを作成する放射能量測定方法において、
イメージングプレートにおける試料接触領域以外の領域から読み取ったバックグラウンドの放射線量画像データの99%の画素がその値以下となる値を閾値として設定し、イメージングプレートにおける試料接触領域から読み取った放射線量画像データにおいて前記閾値以上の放射線量画像データの画素が40画素以上に亘って連続する領域を測定目的の放射性物質の存在位置として判定することを特徴とする放射能量測定方法。

【請求項2】
 
請求項1において、測定目的の放射性物質の放射能量は、代表的な複数個の1スポット試料に最小二乗法を適用して求めた(数1)式によって算出し、その相対誤差は、(数2)式によって算出することを特徴とする放射能量測定方法。
【数1】
 
(省略)
【数2】
 
(省略)

【請求項3】
 
放射性物質を付着させた試料を接触させて放射線を照射することにより照射放射線量に応じた潜像を記録するイメージングプレートと、前記イメージングプレートに記録された潜像を読み取ることによってバックグラウンドと放射性物質の放射線量に比例した濃淡の放射線量画像データを作成する読み取り器と、前記放射線量画像データを処理する画像データ処理装置を備えた放射能量測定装置において、
前記画像データ処理装置は、イメージングプレートにおける試料接触領域以外の領域から読み取ったバックグラウンドの放射線量画像データの99%の画素がその値以下となる値を閾値として設定し、イメージングプレートにおける試料接触領域から読み取った放射線量画像データにおいて前記閾値以上の放射線量画像データの画素が40画素以上に亘って連続する領域を測定目的の放射性物質の存在位置として判定することを特徴とする放射能量測定装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010149120thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close