Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)RNPモチーフを利用した、蛋白質応答型shRNA/RNAi制御システムの構築

(In Japanese)RNPモチーフを利用した、蛋白質応答型shRNA/RNAi制御システムの構築

Patent code P120007598
File No. I029P008JP
Posted date May 28, 2012
Application number P2010-542114
Patent number P5405489
Date of filing Dec 9, 2009
Date of registration Nov 8, 2013
International application number JP2009070580
International publication number WO2010067811
Date of international filing Dec 9, 2009
Date of international publication Jun 17, 2010
Priority data
  • P2008-312951 (Dec 9, 2008) JP
Inventor
  • (In Japanese)井上 丹
  • (In Japanese)齊藤 博英
  • (In Japanese)樫田 俊一
  • (In Japanese)林 香倫
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title (In Japanese)RNPモチーフを利用した、蛋白質応答型shRNA/RNAi制御システムの構築
Abstract (In Japanese)RNA-蛋白質相互作用モチーフを利用した利用したRNAi制御システムを提供することを目的とする。標的配列に対して相補的な配列を有するガイド鎖と、該ガイド鎖と二本鎖を形成するパッセンジャー鎖と、該ガイド鎖とパッセンジャー鎖とをつなぐリンカー鎖とを備えるshRNAであって、該リンカー鎖が、RNP由来の蛋白質結合モチーフ配列を備えるshRNA、及びかかるshRNAと、該shRNAの蛋白質結合モチーフ配列に特異的に結合するRNP由来の蛋白質とを含んでなるRNAi制御システム。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

RNA干渉(以下、RNAiと記載する)はmRNAを配列特異的に切断することで翻訳を一過的に抑制する現象で、short hairpin RNA(以下、shRNAと記載する)などの二重鎖RNAを導入することでこのRNAiを引き起こす、ノックダウンという手法が様々な生物種で確立されている。RNAiは、発見から10年という短期間で、遺伝子発現を一過的に抑制する簡便、かつ強力な手法として、治療法への検討を含め、広く普及してきている。しかし、そのメカニズムや導入技術については、現在も発展途上である。また、現時点では、ノックダウンを強く効かせるための研究や、目的の部位へRNAを運ぶデリバリー技術の開発が中心である。

Chung等は、shRNAのループ部分に、カフェイン様の低分子化合物として知られているtheophyllineの結合部位を導入した人工RNAを作製し、theophyllineの濃度依存的にRNAiが阻害されることを示した(非特許文献1を参照。)。
【非特許文献1】
Chung-Il An,Vu B.Trinh,and Yohei Yokobayashi,RNA,May 2006;12:710-716

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、RNPモチーフを利用した、蛋白質応答型shRNA/RNAi制御システムの構築に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
細胞内で発現する蛋白質に応答するRNAi制御システムであって、
標的配列のmRNAに対して相補的な配列を有するガイド鎖と、該ガイド鎖と二本鎖を形成するパッセンジャー鎖と、該ガイド鎖とパッセンジャー鎖とをつなぐリンカー鎖であって、BoxCD配列を備えるリンカー鎖とを備えるshRNAを発現するベクターを含み、
前記細胞内で発現するL7Ae蛋白質もしくはL7Ae蛋白質を含む融合蛋白質が、前記shRNAに結合することによりDicerによる前記shRNAの切断を阻害する、システム。

【請求項2】
 
細胞内で発現する蛋白質に応答するRNAi制御方法(人の細胞に対するin vivoでの方法を除く)であって、
細胞内に、標的配列のmRNAに対して相補的な配列を有するガイド鎖と、該ガイド鎖と二本鎖を形成するパッセンジャー鎖と、該ガイド鎖とパッセンジャー鎖とをつなぐリンカー鎖であって、BoxCD配列を備えるリンカー鎖とを備えるshRNAを発現するベクターを導入する工程を含み、
前記細胞内で発現するL7Ae蛋白質もしくはL7Ae蛋白質を含む融合蛋白質が、前記shRNAに結合することによりDicerによる前記shRNAの切断を阻害する、方法。

【請求項3】
 
前記shRNAの標的配列が、Bcl-xLのmRNAである、請求項1に記載のRNAi制御システムであって、アポトーシス制御蛋白質を発現制御するRNAi制御システム。

【請求項4】
 
標的配列のmRNAに対して相補的な配列を有するガイド鎖と、該ガイド鎖と二本鎖を形成するパッセンジャー鎖と、該ガイド鎖とパッセンジャー鎖とをつなぐリンカー鎖であって、BoxCD配列を備えるリンカー鎖とを備えるshRNAであって、
細胞内で発現するL7Ae蛋白質もしくはL7Ae蛋白質を含む融合蛋白質に応答して、Dicerによる前記shRNAの切断を阻害し、前記標的配列のmRNAによりコードされる蛋白質の発現を制御するshRNA。

【請求項5】
 
前記L7Ae蛋白質もしくはL7Ae蛋白質を含む融合蛋白質を細胞内で発現するベクターをさらに含む、請求項1に記載のRNAi制御システム。

【請求項6】
 
前記shRNAの標的配列が、GFPのmRNAである、請求項1に記載のRNAi制御システム。

【請求項7】
 
前記shRNAの標的配列が、Bcl-xLのmRNAである、請求項2に記載のRNAi制御方法であって、アポトーシス制御蛋白質を発現制御するRNAi制御方法。

【請求項8】
 
前記細胞内に、前記L7Ae蛋白質もしくはL7Ae蛋白質を含む融合蛋白質を該細胞内で発現するベクターを導入する工程をさらに含む、請求項2に記載のRNAi制御方法。

【請求項9】
 
細胞を破壊することなく、細胞内マーカー蛋白質の発現を定量する方法であって、
GFPのmRNAに対して相補的な配列を有するガイド鎖と、該ガイド鎖と二本鎖を形成するパッセンジャー鎖と、該ガイド鎖とパッセンジャー鎖とをつなぐリンカー鎖であって、BoxCD配列を備えるリンカー鎖とを備えるshRNAが導入された細胞の、GFPの蛍光強度を観測する工程を含む方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010542114thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close