Top > Search of Japanese Patents > MAGNETO-OPTICAL RECORDING MEDIUM AND MAGNETO-OPTICAL RECORDING METHOD

MAGNETO-OPTICAL RECORDING MEDIUM AND MAGNETO-OPTICAL RECORDING METHOD

Patent code P120007615
File No. K030P27
Posted date May 28, 2012
Application number P2010-247562
Publication number P2012-099190A
Patent number P5574294
Date of filing Nov 4, 2010
Date of publication of application May 24, 2012
Date of registration Jul 11, 2014
Inventor
  • (In Japanese)大越 慎一
  • (In Japanese)所 裕子
  • (In Japanese)尾崎 仁亮
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)国立大学法人東京大学
Title MAGNETO-OPTICAL RECORDING MEDIUM AND MAGNETO-OPTICAL RECORDING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a magneto-optical recording medium and a magneto-optical recording method which enable magnetic recording even in a non-magnetic field.
SOLUTION: In a temperature range less than 40K, light irradiation generates magnetization at a light irradiation portion 4 of a recording layer 3, and the light irradiation portion 4 (ferromagnetic state portion), having different magnetization from the portions therearound (paramagnetic state), is set as a recording mark, which allows information to be recorded on the recording layer 3. Thus, the invention can provide a magneto-optical recording medium and a magneto-optical recording method that, without using an external magnetic field, can generate magnetization at the light irradiation portion 4 of the recording layer 3 by irradiating the recording layer 3 with recording light hν and enable magnetic recording even in a non-magnetic field.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、光磁気記録媒体としては、磁化の方向が一方向に予め揃えられ、初期化された記録層に記録用の記録光を照射しながら、外部磁場発生手段により外部磁場を一定方向に印加し、記録層の光照射箇所のみ磁化を反転させて磁気記録を行い、情報が記録される光磁気記録媒体が知られている(例えば、特許文献1参照)。

このようにして記録層に記録された情報を再生する際には、再生用の再生光を記録層に照射して得られた反射光の偏光面の方向変化を検出したり、或いは記録層からの漏れ磁界を磁気ヘッドにより検出したりする等、信号レベルが変化する再生信号を得、この再生信号を所定の信号処理回路で処理させることにより所望の情報を再生させ得るようになされている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、光磁気記録媒体及び光磁気記録方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
記録用の記録光が記録層に集光されることで、前記記録層に情報が記録される光磁気記録媒体において、
前記記録層は、コバルトイオンとタングステンイオンとがシアノ基で架橋され、ピリミジンを含むCoWオクタシアノピリミジン系金属錯体により形成され、前記記録光により光照射箇所が常磁性状態から強磁性状態に相転移する
ことを特徴とする光磁気記録媒体。

【請求項2】
 
前記CoWオクタシアノピリミジン系金属錯体は、Co3[W(CN)8]2(ピリミジン)2(4-メチルピリジン)2・6H2Oで表される
ことを特徴とする請求項1記載の光磁気記録媒体。

【請求項3】
 
前記CoWオクタシアノピリミジン系金属錯体は、前記強磁性状態のとき、CoII3[WV(CN)8]2(ピリミジン)2(4-メチルピリジン)2・6H2Oで表され、保磁力Hcが1.2Tを超える
ことを特徴とする請求項1又は2記載の光磁気記録媒体。

【請求項4】
 
昇温処理により、前記強磁性状態から前記常磁性状態に転移する
ことを特徴とする請求項1~3のうちいずれか1項記載の光磁気記録媒体。

【請求項5】
 
前記CoWオクタシアノピリミジン系金属錯体は、Co3[W(CN)8]2(ピリミジン)4・6H2Oで表される
ことを特徴とする請求項1記載の光磁気記録媒体。

【請求項6】
 
前記CoWオクタシアノピリミジン系金属錯体は、前記強磁性状態のとき、CoII3[WV(CN)8]2(ピリミジン)4・6H2Oで表され、保磁力Hcが1.2Tに達する
ことを特徴とする請求項1又は5記載の光磁気記録媒体。

【請求項7】
 
前記記録光の波長と異なる光が前記記録層に照射されると、前記強磁性状態から前記常磁性状態に相転移する
ことを特徴とする請求項1、5及び6のうちいずれか1項記載の光磁気記録媒体。

【請求項8】
 
光磁気記録媒体の磁化を変化させ情報を記録する光磁気記録方法において、
コバルトイオンとタングステンイオンとがシアノ基で架橋され、ピリミジンを含むCoWオクタシアノピリミジン系金属錯体により形成された記録層に、記録用の記録光を集光させることで、前記記録層の光照射箇所を常磁性状態から強磁性状態に相転移させ、該光照射箇所の磁化を変化させる
ことを特徴とする光磁気記録方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010247562thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) PRESTO Photons on soft materials AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close