Top > Search of Japanese Patents > PRODUCTION TECHNIQUE OF FRUITING BODY BY INOCULATION OF TRUFFLE CULTURED MYCELIUM

PRODUCTION TECHNIQUE OF FRUITING BODY BY INOCULATION OF TRUFFLE CULTURED MYCELIUM meetings

Patent code P120007620
File No. H22-019
Posted date May 29, 2012
Application number P2010-228793
Publication number P2012-080811A
Patent number P5754684
Date of filing Oct 8, 2010
Date of publication of application Apr 26, 2012
Date of registration Jun 5, 2015
Inventor
  • (In Japanese)霜村 典宏
  • (In Japanese)有吉 邦夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鳥取大学
  • (In Japanese)鳥取県
Title PRODUCTION TECHNIQUE OF FRUITING BODY BY INOCULATION OF TRUFFLE CULTURED MYCELIUM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for easily producing a truffle fruiting body.
SOLUTION: The truffle fruiting body increases the number of truffle mycorrhizas by: planting a Pinus thunbergii seedling forming the truffle mycorrhizas, as a mother tree, in soil having the environment where the Pinus thunbergii seedling is grown; and inoculating a root of the Pinus thunbergii seedling forming the truffle mycorrhizas or the seedling not inoculated with the truffle fungus, or the soil where the seedling is grown, with a ground product of the truffle mycelium, or a mixture of the ground product of the truffle mycelium and minerals, or a mixture of the ground product of the truffle mycelium, the minerals and a surfactant.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ショウロは海岸クロマツ林で発生する食用のきのこである。ショウロはクロマツの根に感染して共生する外生菌根菌である。ショウロはクロマツ林の分布に伴って広く分布しているが、その子実体の生産量は年々減少し、最近ではごく僅かしか子実体が得られない。その一方で、ショウロには高級食材としての需要がある。

ショウロ子実体を生産するために、クロマツ根へのショウロの菌人工感染に関する研究が今日まで行われきたが、その方法は主に、1)無菌条件下でショウロ菌糸体を接種する方法(非特許文献1)、2)自然条件下でショウロの胞子懸濁液や子実体粉砕液を接種する方法(非特許文献2)であった。従来の無菌条件下で接種する方法においては、無菌条件を形成・維持するための設備や技術を必要とし、多大な経費を伴うこと、また、自然条件下での胞子接種においては、自然界で生産される子実体を集めなければならないなどの制約がある。したがって、簡便にショウロ子実体を製造する方法は確立されていなかった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、キノコの子実体の生産技術に関する。詳細には、本発明は、食用キノコであるショウロの子実体の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(a)ショウロ菌根を形成したクロマツ実生を、クロマツ実生を育成させた環境に母樹として定植し、次いで、
(b)母樹を定植した該環境にショウロ菌糸体粉砕物、ミネラル水溶液および界面活性剤を含む混合物を接種し、ショウロ子実体を形成させる
を特徴とする、ショウロ子実体の製造方法であって、ショウロ菌株が独立行政法人製品評価技術基盤機構 特許微生物寄託センターに寄託され受領番号NITE AP-979を付与されたものである、方法

【請求項2】
 
工程(a)における母樹の菌根が、ショウロ菌糸体粉砕物、ミネラルおよび界面活性剤を含む混合物を、クロマツ実生に接種することにより形成されたものである、請求項1記載の方法。

【請求項3】
 
工程(b)におけるショウロ菌糸体粉砕物、ミネラル水溶液および界面活性剤を含む混合物の接種が、母樹の定植後、1~2ヶ月おきに2~3回行われる、請求項1または2記載の方法。

【請求項4】
 
独立行政法人製品評価技術基盤機構 特許微生物寄託センターに寄託され受領番号NITE AP-979を付与されたショウロ菌株。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010228793thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close