Top > Search of Japanese Patents > ILEUS TUBE TYPE SMALL INTESTINE INTERNAL PRESSURE MEASUREMENT AND SMALL INTESTINE ENDOSCOPIC SYSTEM

ILEUS TUBE TYPE SMALL INTESTINE INTERNAL PRESSURE MEASUREMENT AND SMALL INTESTINE ENDOSCOPIC SYSTEM

Patent code P120007631
Posted date Jun 4, 2012
Application number P2007-026407
Publication number P2008-188265A
Patent number P4934847
Date of filing Feb 6, 2007
Date of publication of application Aug 21, 2008
Date of registration Mar 2, 2012
Inventor
  • (In Japanese)岡 潔
  • (In Japanese)長縄 明大
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人秋田大学
  • (In Japanese)国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
Title ILEUS TUBE TYPE SMALL INTESTINE INTERNAL PRESSURE MEASUREMENT AND SMALL INTESTINE ENDOSCOPIC SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a system smoothly examining the whole area of the small intestine using a novel small intestine endoscope constituted by combining an ileus tube with an optical fiber scope.
SOLUTION: This system is so constituted as to, in a process where balloons of the ileus tube 1 which has the balloons 1a and 1b at its distal end are inflated and the ileus tube is entered in the depth of the small intestine by the peristaltic movement of the small intestine, measure the internal pressure of the balloons and record them associated with the entry position of the ileus tube into the small intestine and, in a process of endoscopically observing the small intestine while pulling out the ileus tube from the depth of the small intestine, control the internal pressures of the balloons according to the internal pressure of the small intestine recorded according to the pull-out position of the ileus tube.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

小腸は、胃や大腸などの他の消化器官と比べ、口側、肛門側のどちらからも遠く、全長6~7mで伸縮性があり、体内で固定されておらず、曲がりくねって詰め込まれているような状態のため、従来の、口や肛門から押し込んでいくプッシュ式内視鏡では挿入が困難であり、患者の負担が大きかった。そのため、造影検査など、低い精度の検査しか行うことができなかったが、近年、カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡の開発により、患者の負担は軽減され、小腸内視はより容易になってきている。

カプセル内視鏡とは、CCDセンサ、超小型レンズ、発信機、電池を内蔵した、直径φ11mm×26mmの大きさのカプセルで、患者がこれを飲み込むと、カプセルが小腸の蠕動運動によって運ばれていく間に自動で連続撮影を行い、その画像を体表に装着した記録装置に送信し、後にPC(パーソナルコンピュータ)で解析を行う。患者にとって非常に低侵襲な小腸検査を行うことが可能であるが、現状では間欠的にしか撮影できないため、小腸の全域を連続して撮影することは不可能である。また、リアルタイムに観察ができないため、病変を発見できても、その正確な位置を特定できない、患者に腸閉塞及び癒着がある場合には、体内に滞留してしまうため使用できない、といった問題がある。

ダブルバルーン内視鏡は、有効長2000mmの内視鏡の先端及び、その内視鏡に被せて使用する軟性のチューブの先端にバルーンを取り付けた内視鏡で、それぞれのバルーンを交互に膨らませることによりバルーンを小腸内に固定し、小腸を手繰り寄せつつ挿入していく。小腸の形状を単純化することで従来の内視鏡に比べ、挿入が容易になり、より低侵襲、短時間に検査を終了できるが、内視鏡の操作に熟練を要し、バルーンの膨らませ過ぎによって腸を痛めてしまう場合もある。また、カプセル内視鏡と同様、患者に腸閉塞及び癒着がある場合には適用できない。

【特許文献1】
特開2006-223710号公報
【特許文献2】
特開2006-288808号公報
【特許文献3】
特開2002-126087号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、イレウスチューブ型小腸内圧計測及び小腸内視システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
先端部分にバルーンを備え、光ファイバースコープを内包したイレウスチューブと、前記イレウスチューブの前記バルーンに流体を供給して該バルーンを膨らませる流体供給手段と、前記イレウスチューブを小腸の深部に進入させる過程において前記バルーンの内圧を計測してイレウスチューブの小腸への進入位置と対応させて記録手段に記録する小腸内圧計測手段と、前記イレウスチューブを小腸の深部から引き抜きながら前記光ファイバースコープによって小腸内を検査する過程において、イレウスチューブの引き抜き位置に応じて記録手段に記録された該部分の小腸内圧に応じて前記バルーンの内圧を制御するバルーン内圧制御手段を備えたことを特徴とするイレウスチューブ型小腸内視システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007026407thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close