Top > Search of Japanese Patents > IONIC CONDUCTIVE GLASS CERAMICS, MANUFACTURING METHOD THEREFOR AND ALL-SOLID-STATE SECONDARY BATTERY CONTAINING THE SAME

IONIC CONDUCTIVE GLASS CERAMICS, MANUFACTURING METHOD THEREFOR AND ALL-SOLID-STATE SECONDARY BATTERY CONTAINING THE SAME meetings

Patent code P120007761
File No. J1021-02-2
Posted date Jul 4, 2012
Application number P2011-236060
Publication number P2012-121789A
Patent number P5737627
Date of filing Oct 27, 2011
Date of publication of application Jun 28, 2012
Date of registration May 1, 2015
Priority data
  • P2010-256966 (Nov 17, 2010) JP
Inventor
  • (In Japanese)林 晃敏
  • (In Japanese)辰巳砂 昌弘
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title IONIC CONDUCTIVE GLASS CERAMICS, MANUFACTURING METHOD THEREFOR AND ALL-SOLID-STATE SECONDARY BATTERY CONTAINING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an ionic conductive glass ceramics at low cost against the backdrop of abundant sodium resources.
SOLUTION: The ionic conductive glass ceramics is represented by general formula (I): Na2S-MxSy (M is selected from P, Si, Ge, B and Al, x and y are integers providing stoichiometric ratio corresponding to the kinds of M, and Na2S is contained at more than 67 mol% and less than 80 mol%).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

リチウム二次電池は、高電圧、高容量を有するため、携帯電話、デジタルカメラ、ビデオカメラ、ノートパソコン、電気自動車等の電源として多用されている。一般に流通しているリチウム二次電池は、電解質として、電解塩を非水系溶媒に溶解した液状電解質を使用している。非水系溶媒には、可燃性の溶媒が多く含まれているため、安全性の確保が望まれている。
安全性を確保するために、非水系溶媒を使用せずに、電解質を固体材料であるLi2S-P2S5から形成する、いわゆる固体電解質を使用した全固体二次電池が提案されている(非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、イオン伝導性ガラスセラミックス、その製造方法及びそれを含む全固体二次電池に関する。更に詳しくは、本発明は、豊富なナトリウム資源を背景に低コストで提供可能なイオン伝導性ガラスセラミックス、その製造方法及びそれを含む全固体二次電池に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一般式(I):Na2S-P2S5(Na2Sが67モル%より大きく、80モル%未満含まれる)で示されるイオン伝導性ガラスセラミックス。

【請求項2】
 
請求項1に記載のイオン伝導性ガラスセラミックスの製造方法であって、
前記一般式(I):Na2S-P2S5を与えるNa2SとP2S5とを所定割合で含む原料混合物をメカニカルミリング処理に付してガラスを得る工程と、前記ガラスをそのガラス転移点以上の温度で熱処理することでイオン伝導性ガラスセラミックスに変換する工程とを含むことを特徴とするイオン伝導性ガラスセラミックスの製造方法。

【請求項3】
 
前記メカニカルミリング処理が、遊星型ボールミルを用いて、50~600回転/分、0.1~50時間、1~100kWh/原料混合物1kgの条件下で行われる請求項2に記載のイオン伝導性ガラスセラミックスの製造方法。

【請求項4】
 
正極、負極、及び前記正極と前記負極間に位置する固体電解質層とを少なくとも備え、前記固体電解質層が、請求項1に記載のイオン伝導性ガラスセラミックスを含むことを特徴とする全固体二次電池。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011236060thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close