Top > Search of Japanese Patents > MAGNETIC PARTICLE-CONTAINING COMPOSITE VISCOELASTIC BODY, AND VARIABLE RIGIDITY TYPE DYNAMIC VIBRATION ABSORBER USING THE VISCOELASTIC BODY

MAGNETIC PARTICLE-CONTAINING COMPOSITE VISCOELASTIC BODY, AND VARIABLE RIGIDITY TYPE DYNAMIC VIBRATION ABSORBER USING THE VISCOELASTIC BODY meetings achieved

Patent code P120007794
File No. 2011-055
Posted date Jul 17, 2012
Application number P2012-045308
Publication number P2013-181090A
Patent number P6032727
Date of filing Mar 1, 2012
Date of publication of application Sep 12, 2013
Date of registration Nov 4, 2016
Inventor
  • (In Japanese)小松▲崎▼ 俊彦
  • (In Japanese)岩田 佳雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title MAGNETIC PARTICLE-CONTAINING COMPOSITE VISCOELASTIC BODY, AND VARIABLE RIGIDITY TYPE DYNAMIC VIBRATION ABSORBER USING THE VISCOELASTIC BODY meetings achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a magnetic particle-containing composite viscoelastic body excellent in changeability of viscoelasticity, and also to provide a variable rigidity type dynamic vibration absorber using the viscoelastic body.
SOLUTION: A magnetic particle-containing composite viscoelastic body is formed by dispersing a magnetic particle having an average grain size of <50 μm in a viscoelastic material so as to become 20-70 vol% with respect to a composite elastic body, wherein after mixing the magnetic particle with the viscoelastic material, a magnetic flux having the intensity of a magnetic flux density of 50 mT or higher is applied to cure the mixture.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

構造物の制振対策はパッシブ制振、セミアクティブ制振及びアクティブ制振の3つの方策に分類されている。
パッシブ制振は電力等のエネルギーの入力を一切必要としないものをいう。
セミアクティブ制振は構造物の振動を状態方程式で表したときに係数を動的に変化させるものをいう。
アクティブ制振は構造物の振動を状態方程式で表したときに新たな項を追加するものをいう。
このうち、セミアクティブ制振に分類される制振方法に磁性流体(Magneto Rheological Fluid)が知られている。
磁性流体はオイル等の分散媒中に磁性粒子を分散せるものである。
磁性粒子が凝集しないようにこの磁性粒子の表面を界面活性剤にて特殊処理することが行われているものの、やはり分散媒が流体であることから、磁性粒子が流体中に沈殿したり、二次凝集する問題があり、また所定の形状体に保持する際にその流体のシール性が問題となる。
特許文献1は平均粒子径約400nm以下の磁性粒子を鎖状に繋ぐことで二次凝集を防止した磁性流体を開示するが、分散媒が流体であることから生じる上記問題が充分に解決されたとは言えない。
特許文献2は磁性流体が特定の形状を持たないことを改善し賦形性を有するように、可撓性を有する高分子材料に磁場の作用により磁気分極する粒子を分散させた弾性率可変材料を開示する。
しかし、同公報に開示する弾性率可変材料は、粒径50μm,150μmの大きさの鉄粉を可撓性高分子材料に分散させたものである。
特許文献3は粘弾性材料に非球状の磁性粒子を分散させることで、外部磁場を印加すると弾性率が低く可変する磁気応答性材料を開示する。
しかし、同公報に開示する磁性粒子は針状、柱状、棒状、繊維状、長方形状、ウィスカー状でなければならず、外部磁場により弾性率が低下するものである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は外部磁場により粘弾性特性が可変する磁性粒子複合粘弾性体及びこの粘弾性体を用いた可変剛性型の動吸振器に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
粘弾性材料に平均粒子径が50μm未満の磁性粒子を複合弾性体に対して20~70体積%になるように、磁性粒子を粘弾性原材料に混合したものを成形容器に封し、
前記成形容器に、磁力線が通過するように磁束密度50mT以上の強さの磁場(永久磁石を除く。)を印加した状態で硬化させて製作することで前記複数の磁性粒子が鎖状にクラスタを形成した磁性粒子複合粘弾性体と、
前記磁性粒子複合粘弾性体の鎖状のクラスタ方向と平行に磁力線を印加し、前記磁性粒子複合粘弾性体の剛性を可変調整するための磁場発生手段とを有し、
主系構造物の振動を低減するための動吸振器を有し、
前記動吸振器は前記磁性粒子複合粘弾性体と前記磁場発生手段を有していることを特徴とする、可変剛性型動吸振器の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012045308thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close