Top > Search of Japanese Patents > ARTIFICIAL BONE MATERIAL, AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME

ARTIFICIAL BONE MATERIAL, AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME meetings

Patent code P120007821
File No. 270
Posted date Jul 26, 2012
Application number P2010-258765
Publication number P2012-105915A
Patent number P5785705
Date of filing Nov 19, 2010
Date of publication of application Jun 7, 2012
Date of registration Jul 31, 2015
Inventor
  • (In Japanese)上田 正人
  • (In Japanese)池田 勝彦
Applicant
  • (In Japanese)学校法人関西大学
Title ARTIFICIAL BONE MATERIAL, AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an artificial bone material superior in performance of forming a bone tissue component, and a method for manufacturing the artificial bone material.
SOLUTION: The method for manufacturing the artificial bone material includes applying hydrothermal treatment of heating a metal base material containing titanium while pressurizing it in the presence of a calcium-containing compound, alkali metal carbonate and water, thereby allowing the metal base material containing titanium, to carry calcium titanate and calcium carbonate. The metal base material containing titanium carries calcium titanate and calcium carbonate to form the artificial bone material.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、この種の人工骨材としては、チタンを含む金属基材のみでなるものが知られている。斯かる人工骨材は、金属基材がチタンを含むことから、優れた力学的強度を有し、しかも生体適合性に優れている。

ところが、斯かる人工骨材は、例えば、生体内に入れられても、骨材の表面に生体骨の骨組織が生成されやすいものではなく、生体骨の代替になり得るものとして満足できるものではない。

これに対して、チタンを含む金属基材の表面にチタン酸金属塩が担持されてなる人工骨材が知られている。斯かる人工骨材としては、具体的には、例えば、純チタンからなる金属基材の表面にチタン酸ナトリウム(Na2TiO3)が担持されてなるもの(非特許文献1)、また、純チタンからなる金属基材の表面にチタン酸カルシウム(CaTiO3)が担持されてなるもの(非特許文献2)が提案されている。

しかしながら、チタンを含む金属基材の表面にチタン酸金属塩が担持されてなる非特許文献1や非特許文献2に記載のごとき人工骨材は、骨組織が生成され得る生体内などの環境下において、骨組織の生成を誘導する性能を有するものの該性能に必ずしも優れるものではないという問題がある。具体的には、ヒドロキシアパタイトなどの骨組織成分を人工骨材の表面に形成できる性能が十分なものではないという問題がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は人工骨材の製造方法に関するものであり、具体的には例えば、事故等により失われた生体骨の代替となり得る人工骨材製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
チタンを含む金属基材の表面を無機酸及び過酸化水素を含む水溶液によって酸化させる酸化処理工程と、該酸化工程後の金属基材をカルシウム含有化合物と炭酸アルカリ金属塩と水との存在下で加圧しつつ加熱する水熱処理工程と、を実施することにより、チタンを含む金属基材にチタン酸カルシウムと炭酸カルシウムとを担持させて人工骨材を製造する人工骨材の製造方法であって、
前記水熱処理工程では、前記カルシウム含有化合物のカルシウムのモル数が、前記炭酸アルカリ金属塩の炭酸イオンのモル数より多くなるようにカルシウム含有化合物と炭酸アルカリ金属塩とを用いる、人工骨材の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010258765thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close