Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR ADJUSTING COLORING OF FRUIT

METHOD FOR ADJUSTING COLORING OF FRUIT

Patent code P120007829
Posted date Aug 1, 2012
Application number P2010-289738
Publication number P2012-135253A
Patent number P5682870
Date of filing Dec 27, 2010
Date of publication of application Jul 19, 2012
Date of registration Jan 23, 2015
Inventor
  • (In Japanese)國賀 武
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title METHOD FOR ADJUSTING COLORING OF FRUIT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for adjusting coloring which reduces costs and labor relating to spraying an adjuster or installation of a machine for covering a tree or the like with a colored film, and can perform adjusting colors of fruit skin (delaying of a coloring timing) of citrus fruits such as a "Citrus sudachi" and a "lemon" without depending on drugs.
SOLUTION: The method for adjusting coloring of fruits includes laying a fruit skin color adjusting sheet on a ground G where a fruit tree F is planted and irradiating the fruits with a reflecting light having a wavelength of 460 or 490 nm maximum, and in the range of 350-600 nm.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

日本の果実栽培においては、市場において果皮色が価格に及ぼす影響が大きいため、生産者が果実の着色を促進し、あるいは抑制する技術を用いて出荷時期の調整を図ることがある。

従来より、果実の品質を改良する技術として、以下の非特許文献1~9が知られている。
非特許文献1~3では、「温州みかん」の果実の生育と糖分向上とのバランスをとるために点滴かん水を行う技術、また、透湿性マルチシートの下で点滴かん水を行う技術が示されている。非特許文献4では、「柿」の着色を促進させて収穫時期を早めるために樹冠下へ反射マルチシートを敷設する技術が示されている。

ところで、上記非特許文献1~4は、「温州みかん」又は「柿」のような着色によって商品価値が上がる果実に適用されるものであり、「温州みかん」と同じ柑橘系ではあっても、表皮が着色することで商品価値が下がる「すだち」「レモン」に対してそのまま適用することができない
このため、研究者らは、「すだち」「レモン」にも適用可能なものとして、非特許文献5~7に示されるように市販のジベレリン水溶剤などの植物生長調整剤を散布することで、表皮の着色調整を行う技術、及び非特許文献8及び9に示されるように、施設栽培においてハウスや果実を光透過性の色付きフィルムで覆うことで、果実表皮の着色調整を行う技術を提供している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、果皮色調整シートを敷設することにより「すだち」「レモン」といった果実表皮の着色を調整する着色調整方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
果樹が植えられている周囲の地表に果皮色調整シートを敷設して、460から490nmまでの間に最大となる波長を有し、かつ350~600nmの範囲の波長の反射光を果実に照射することを特徴とする果実の着色調整方法。

【請求項2】
 
シート材に所定ピッチで多数の貫通孔を形成したことを特徴とする請求項1に記載の果実の着色調整方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010289738thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close