Top > Search of Japanese Patents > CaMKII INHIBITORY PEPTIDE AND CaMKII INHIBITOR CONTAINING THE SAME

CaMKII INHIBITORY PEPTIDE AND CaMKII INHIBITOR CONTAINING THE SAME

Patent code P120007892
File No. S2011-0336
Posted date Sep 5, 2012
Application number P2011-017295
Publication number P2012-158525A
Patent number P5754008
Date of filing Jan 28, 2011
Date of publication of application Aug 23, 2012
Date of registration Jun 5, 2015
Inventor
  • (In Japanese)西川 喜代孝
  • (In Japanese)高橋 美帆
  • (In Japanese)西村 浩輝
  • (In Japanese)高柳 広
  • (In Japanese)尾藤 晴彦
Applicant
  • (In Japanese)学校法人同志社
  • (In Japanese)国立大学法人東京医科歯科大学
Title CaMKII INHIBITORY PEPTIDE AND CaMKII INHIBITOR CONTAINING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a CaMKII inhibitory peptide having a new amino acid sequence different from AIP, and to provide a CaMKII inhibitor containing the CaMKII inhibitory peptide.
SOLUTION: A CaMKII inhibitory peptide having a specified amino acid sequence is obtained. The peptide having the amino acid sequence enables addition of various functions matched with purposes. A CaMKII inhibitor containing the CaMKII inhibitory peptide can be used for treatment of diseases caused by abnormal activation of CaMKII.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

Ca2+/カルモデュリン依存性プロテインキナーゼ(Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase; CaMK)は、Ca2+結合性蛋白質であるカルモデュリンにCa2+が結合したCa2+/カルモデュリンによって活性化されるセリン/スレオニンキナーゼの総称である。CaMKには3種のファミリー(CaMKI, CaMKII, CaMKIV)が存在し、各々が生体内で異なった役割を果たしている。なかでもCaMKIIは脳に豊富に存在し、神経伝達物質の合成や分泌、神経伝達の長期増強の誘導など、高次神経機能の制御に重要な役割を果たすことが知られている。その一方で、CaMKIIの異常な活性化がパーキンソン病や認知障害、痙攣などの神経疾患の発症と密接に関連していることが示されている。さらに神経疾患に限らず、心不全の誘発、骨粗鬆症の発症、アポトーシスの誘導阻害を介した発癌促進など、ヒトの様々な疾患発症に関与していることが知られている。

そして、CaMKII阻害剤としては、その制御ドメインに存在している自己リン酸化部位の配列に由来するペプチドAIP:Autocamtide 2 Related Inhibitory Peptide、配列番号15:Lys-Lys-Ala-Leu-Arg-Arg-Gln-Glu-Ala-Val-Asp-Ala-Leu(KKALRRQEAVDAL)が知られている(非特許文献1)。また、例えば、特許文献1~3には、CaMKII阻害剤として、前記AIPのアミノ酸配列と類似するアミノ酸配列からなるペプチドが提案されている。

一方、近年CaMKIIの構造解析が行われ、その極めてユニークな高次構造が明らかになっている。CaMKIIはアソシエーションドメインとよばれる領域を中心にして12分子が円盤状に会合し、この円盤状の核構造の周りに各々のCaMKIIのキナーゼドメイン(触媒ドメイン)がリング状にパッキングされた状態で配置している。Ca2+非存在下ではこの状態で安定に存在しているが、種々の刺激によって細胞内Ca2+濃度が上昇し、Ca2+が結合したカルモデュリンが供給されるとパッキングがほどけ、12量体の各々のキナーゼが協調的に順次活性化すると考えられている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、Ca2+/カルモデュリン依存性プロテインキナーゼ(CaMKII)の活性を阻害するペプチドおよびこれを含有するCaMKII阻害剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
配列番号1~6のうちのいずれかのアミノ酸配列を含むペプチドであることを特徴とするCaMKII阻害ペプチド。

【請求項2】
 
前記ペプチドは、配列番号1~6のうちのいずれかのアミノ酸配列を複数有する多価ペプチドであることを特徴とする請求項1のCaMKII阻害ペプチド。

【請求項3】
 
リジンが3つ結合した以下の分子核部、
【化1】
 
(省略)
を有し、この分子核部の端部の各々の-NHに、直接またはスペーサーを介して、配列番号1~6のうちのいずれかのアミノ酸配列を含むペプチドが結合した4価ペプチドであることを特徴とする請求項2のCaMKII阻害ペプチド。

【請求項4】
 
請求項1から3のいずれかのCaMKII阻害ペプチドを含有することを特徴とするCaMKII阻害剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011017295thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close