Top > Search of Japanese Patents > SODIUM BATTERY AND CATHODE MEMBER FOR THE SAME

SODIUM BATTERY AND CATHODE MEMBER FOR THE SAME meetings

Patent code P120007939
File No. S2012-0344-N0
Posted date Sep 27, 2012
Application number P2012-013469
Publication number P2013-152869A
Patent number P5900918
Date of filing Jan 25, 2012
Date of publication of application Aug 8, 2013
Date of registration Mar 18, 2016
Inventor
  • (In Japanese)守友 浩
  • (In Japanese)松田 智行
  • (In Japanese)高地 雅光
  • (In Japanese)栗原 佑太朗
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title SODIUM BATTERY AND CATHODE MEMBER FOR THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a battery which is inexpensive and has high battery characteristics.
SOLUTION: A sodium battery (1) includes: a cathode member (11) in which an active material part (22) containing a Prussian blue type cyano crosslinked metal complex as an active material is formed on a surface of a conductive member (21); an anode member (12) containing metal sodium and paired with the cathode member (11); and an electrolyte (13) which allows sodium ions to move therein and come into contact with the cathode member and the anode member.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

充放電可能な二次電池において、負電極として金属ナトリウム(Na)を使用したナトリウム電池が知られている。このようなナトリウム電池として、下記の特許文献1~3および非特許文献1に記載の発明が公知である。
特許文献1(特開2001-223021号公報)や特許文献2(特開2003-282137号公報)には、正極材として硫黄(S)を使用し、負極材として金属ナトリウム(Na)を使用したナトリウム電池(いわゆる「NaS」電池)が記載されている。
特許文献3(国際公開第2010/109889号)には、ナトリウムを吸蔵および放出可能なハードカーボンと結着剤、導電助剤等により構成された負極と、NaMn2O4やNaFePO4、NaCoO2等、NaNi0.5Mn0.5O2のナトリウム-遷移金属複合酸化物(酸化物系の活物質)と結着剤等により構成された正極と、を使用するナトリウム電池が記載されている。また、非特許文献1にも、酸化物系の活物質を使用するナトリウム電池が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、負極にナトリウムを使用するナトリウム電池およびナトリウム電池用の正極部材に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
導電部材の表面に、活物質としてのプルシャンブルー型のシアノ架橋金属錯体を含む活物質部が形成された正極部材と、
金属ナトリウムを有し、前記正極部材と対を成す負極部材と、
ナトリウムイオンが移動可能且つ前記正極部材及び負極部材に接触する電解質と、
Aをアルカリ金属の少なくとも一種、xを0より大きく2以下の数、yを0より大きく1以下の数、zを0より大きく14以下の数とした場合に、化学式AxMn[Fe(CN)6yzH2Oで表される前記シアノ架橋金属錯体、
を備えたことを特徴とするナトリウム電池。

【請求項2】
 
バインダーおよび導電材を含有しない薄膜により構成された前記活物質部、
を備えたことを特徴とする請求項1に記載のナトリウム電池。

【請求項3】
 
酸化インジウム錫により構成された前記導電部材と、前記導電部材の表面に形成され且つ前記シアノ架橋金属錯体を含む薄膜により構成された前記活物質部と、を有する前記正極部材、
を備えたことを特徴とする請求項2に記載のナトリウム電池。

【請求項4】
 
透明材料により構成された前記導電部材と、
前記正極部材と前記負極部材との間に配置されて前記正極部材と前記負極部材とを隔離し且つ固体電解質としての白色のセパレータと、
前記正極部材、前記負極部材、前記セパレータを内部に収容すると共に、内部の正極部材を視認可能な透明な透明部を有するケースと、
を備えたことを特徴とする請求項1ないし3のいずれかに記載のナトリウム電池。

【請求項5】
 
金属ナトリウムを有する負極部材を使用するナトリウム電池用の正極部材であって、導電部材の表面に、活物質としてのプルシャンブルー型のシアノ架橋金属錯体を含む活物質部が形成され、前記シアノ架橋金属錯体は、Aをアルカリ金属の少なくとも一種、xを0より大きく2以下の数、yを0より大きく1以下の数、zを0より大きく14以下の数とした場合に、化学式AxMn[Fe(CN)6yzH2Oで表されることを特徴とするナトリウム電池用の正極部材。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012013469thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close