Top > Search of Japanese Patents > SEPARATION APPARATUS AND METHOD

SEPARATION APPARATUS AND METHOD

Patent code P120007960
Posted date Sep 28, 2012
Application number P2003-410262
Publication number P2005-168347A
Patent number P3840543
Date of filing Dec 9, 2003
Date of publication of application Jun 30, 2005
Date of registration Aug 18, 2006
Inventor
  • (In Japanese)矢田 貞美
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京海洋大学
Title SEPARATION APPARATUS AND METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a separation apparatus with which small and large targets having easily damaged surfaces, such as live squids, can be separated from each other in an approximately non-damaged state.
SOLUTION: This separation apparatus is characterized by rotating rolls 2, 3 each having a water supply hole and water-spraying holes in the same rotation direction at a peripheral velocity of about 1.6 m/s at an inclination angle of 6 degree and inclining the water-spraying holes each having a diameter of about 2 mm at an inclination angle of about 30 to 50 degree. Thereby, a water film on the surface of each roll can well be controlled in a uniform thickness, which has been thought to be impossible. Consequently, small and large targets having easily damaged surfaces, such as live squids, can be separated from each other in an approximately non-damaged state.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

かかる選別装置及び方法としては、回転ロール式のもの(例えば、特許文献1)、ベルト式のもの(例えば、非特許文献1)、重量式のもの(例えば、特許文献2)、画像解析式のもの(例えば、特許文献3)等が従来提案されているが、ロールの真上から散水することによってロールによる円滑な選別(仕分け)を行っているので、いずれの場合にも対象(例えば、生鮮魚)の表面の損傷を軽減するのが困難である。

選別における対象表面の損傷を軽減するために、噴水ロール式の選別装置及び方法(例えば、非特許文献2)が提案されており、この場合、噴水孔を有する中空ロールを回転させ、重力と遠心力によって中空ロール内の水を噴出し、ロール面の水膜中で対象を滑降させているので、ロールと対象との間の摩擦が低減し、その結果、対象表面の損傷が軽減される。
【特許文献1】
特開平13-239,214号(請求項1)
【特許文献2】
特開平12-337,949号(請求項1)
【特許文献3】
特開平8-50,052号(請求項1)
【非特許文献1】
矢田(2003):海洋生産機械概論.成山堂,東京,22p
【非特許文献2】
陳など(1996):種苗幼魚の噴水ロール式大小仕分け機構.日水誌,62,772-779

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、生鮮魚類(例えば、活イカ)などの対象を大小に応じて選別する選別装置及び方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
給水口及び噴水孔を有する複数のロールを具え、
これらロールの各々について、回転方向を同一にし、周速度を1.6m/sとし、傾斜角度をとし、
前記噴水孔の各々について、前記ロールの軸線に対する傾斜角度を30~50°とし、孔径2mmとしたことを特徴とする選別装置。

【請求項2】
 
前記ロールとそれに隣接するロールとの間の高低差を0.75cmとしたことを特徴とする請求項1記載の選別装置。

【請求項3】
 
給水口及び噴水孔を有する複数のロールを用いて対象を大小に応じて選別するに際し、
これらロールの各々について、回転方向を同一にし、周速度を1.6m/sとし、傾斜角度をとし、
前記噴水孔の各々について、前記ロールの軸線に対する傾斜角度を30~50°とし、孔径2mmとすることを特徴とする選別方法。

【請求項4】
 
前記ロールとそれに隣接するロールとの間の高低差を0.75cmとすることを特徴とする請求項3記載の選別方法。

【請求項5】
 
活イカの外套膜内包含水を排出する手段と、
給水口及び噴水孔を有し、前記外套膜内包含水が排出された活イカを大小に応じて選別する複数のロールを具え、
これらロールの各々について、回転方向を同一にし、周速度を1.6m/sとし、傾斜角度をとし、
前記噴水孔の各々について、前記ロールの軸線に対する傾斜角度を30~50°とし、孔径2mmとしたことを特徴とする選別装置。

【請求項6】
 
前記外套膜内包含水の排出を、前記活イカの感電、感熱又は光照射によって行うことを特徴とする請求項5記載の選別装置。

【請求項7】
 
前記ロールとそれに隣接するロールとの間の高低差を0.75cmとしたことを特徴とする請求項5又は6記載の選別装置。

【請求項8】
 
活イカの外套膜内包含水を排出し、
給水口及び噴水孔を有する複数のロールを用いて、前記外套膜内包含水が排出された活イカを大小に応じて選別し、
これらロールの各々について、回転方向を同一にし、周速度を1.6m/sとし、傾斜角度をとし、
前記噴水孔の各々について、前記ロールの軸線に対する傾斜角度を30~50°とし、孔径2mmとすることを特徴とする選別方法。

【請求項9】
 
前記外套膜内包含水の排出を、前記活イカの感電、感熱又は光照射によって行うことを特徴とする請求項8記載の選別方法。

【請求項10】
 
前記ロールとそれに隣接するロールとの間の高低差を0.75cmとすることを特徴とする請求項8又は9記載の選別方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003410262thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close